Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?

このドキュメントについて

PyCon JP 2015 チュートリアル『Python x Edison x AWSではじめる IoT』に参加する方向けのドキュメントです。

当日の持ち物

Mac OS または Windows(64bit)のインストールされたノートPCをお持ち下さい。Mac と Windows PCの両方をお持ちの方は Mac の持参をお薦めいたします。PC は、USBポートを最低1つ備えている必要があります。

事前準備

共通

Intel Edison 及び Intel Edison Kit for Arduino は当日お貸し出しいたします。お持ち込みいただく必要はありません。

ご自由にお使いいただける MQTT の Broker を用意しますので、ノートPCから Broker へアクセスしたい方は Python 及び MQTT クライアント paho-mqtt をインストールしておくとよいかも知れません。

Mac の方向け

標準のターミナルが動作すれば問題ありません。

Windows の方向け

あらかじめ、以下の2点の準備をお願いいたします。当日もできるだけフォローは行いますが、準備のための時間は設けない予定です。

  1. ドライバのインストール
  2. ターミナルソフトのインストール

1. ドライバのインストール

事前にドライバのインストールをお願いいたします。

TBD

  1. ターミナルソフトのインストール

シリアル接続ができるターミナルソフトをインストールしてください。 Tera Term または Putty を推奨します。

参考ドキュメント

その他

Intel Edison は以下の状態でお貸し出しいたします。

  • ファームウェアバージョン 2.1 Yocto アップデート済み
  • Python 2.7.10 インストール済み
  • 導入済みパッケージは次のとおりです(ネットワークの問題がなければ 各自でパッケージを追加可能です)
    • mraa
    • pyupm_i2clcd
    • requests
    • paho-mqtt

当日向けの情報

** 掲載を終了しました**

サンプルコード集

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment