Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

What would you like to do?
RabbitMQ の HA ポリシーパターンを Google 翻訳して頂いた

Queue is mirrored across all nodes in the cluster. When a new node is added to the cluster, the queue will be mirrored to that node.

キューは、クラスタ内のすべてのノード間でミラーリングされます。新しいノードがクラスタに追加されると、キューはそのノードにミラーリングされます。

Queue is mirrored to count nodes in the cluster. If there are less than count nodes in the cluster, the queue is mirrored to all nodes. If there are more than count nodes in the cluster, and a node containing a mirror goes down, then a new mirror will not be created on another node. (This is to prevent queues migrating across a cluster as it is brought down.)

キューは、クラスタ内のノードをカウントするためにミラーリングされています。 クラスタ内のノードを数えるよりも少ないがある場合は、キューは、すべてのノードにミラーリングされます。そこに、クラスタ内のノードを数えるよりもあり、ミラーを含むノードがダウンした場合、新しいミラーは、別のノード上に作成されることはありません。 (これは、ダウンしているように、クラスタ全体の移行のキューを防ぐためです。)

Queue is mirrored to the nodes listed in node names. If any of those node names are not a part of the cluster, this does not constitute an error. If none of the nodes in the list are online at the time when the queue is declared then the queue will be created on the node that the declaring client is connected to.

キューは、ノード名に記載されているノードにミラーリングされます。これらのノード名のいずれかがクラスタの一部ではない場合は、エラーとはならない。リスト内のノードのどれもキューは、キューが宣言し、クライアントが接続しているノード上に作成された後に宣言された時点でオンラインになっていない場合。...

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment