Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
ESP32からビットコインの価格(日本円)を取得して表示するプログラム
#include <WiFi.h>
#include "ArduinoJson.h"
#include <HTTPClient.h>
//WIFIのID
const char* ssid = "";
//WIFIのパースワード、パスワードのないWIFIはこここのままでも良い
const char* password = "";
//今回ビットコインの値段を取得するためのAPIのURL
const char* apiServer = "https://api.coindesk.com/v1/bpi/currentprice/JPY.json";
//デフォルトのセットアップ処理、初期化をここに描こう
void setup()
{
//
Serial.begin(115200);
// WiFiに接続することを試みる
Serial.printf("%s に接続してみます", ssid);
//
WiFi.begin(ssid, password);
//接続済 ではない場合
while (WiFi.status() != WL_CONNECTED) {
delay(500);
//点を表示する
Serial.print(".");
}
//接続できた場合
Serial.println("接続できた!");
}
//メインのループです
void loop()
{
//WIFIの接続状態を確認する
//WIFI接続している場合
if ((WiFi.status() == WL_CONNECTED)) {
HTTPClient http;
//APIサーバに接続開始
http.begin(apiServer);
//HTTP Requestを作成する
int httpCode = http.GET();
//返り値を確認する
if (httpCode > 0) {
//レスポンスを文字列として取得する
String payload = http.getString();
//正常の場合は200
//Serial.println(httpCode);
//一回レスポンスを表示する
Serial.println(payload);
//jsonに変換するためにメモリを確保
DynamicJsonDocument doc(1024);
//payloadをjson objectに変換する
deserializeJson(doc, payload);
JsonObject obj = doc.as<JsonObject>();
//その中のbpi.JPYを取り出す
JsonObject result=obj[String("bpi")][String("JPY")];
//ビットコインの価格を取り出す、同時に文字列に変換しておく
String rate=result[String("rate")];
//表示する
Serial.println(rate);
}
else {
Serial.println("HTTP request エラー");
return;
}
//リソースを解放する
http.end();
delay(3000);
}
}
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.