Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
gvimrc
scriptencoding utf-8
" vim:set ts=8 sts=2 sw=2 tw=0: (この行に関しては:help modelineを参照)
"
" An example for a Japanese version gvimrc file.
" 日本語版のデフォルトGUI設定ファイル(gvimrc) - Vim7用試作
"
" Last Change: 07-May-2013.
" Maintainer: MURAOKA Taro <koron.kaoriya@gmail.com>
"
" 解説:
" このファイルにはVimの起動時に必ず設定される、GUI関連の設定が書かれていま
" す。編集時の挙動に関する設定はvimrcに書かかれています。
"
" 個人用設定は_gvimrcというファイルを作成しそこで行ないます。_gvimrcはこの
" ファイルの後に読込まれるため、ここに書かれた内容を上書きして設定することが
" 出来ます。_gvimrcは$HOMEまたは$VIMに置いておく必要があります。$HOMEは$VIM
" よりも優先され、$HOMEでみつかった場合$VIMは読込まれません。
"
" 管理者向けに本設定ファイルを直接書き換えずに済ませることを目的として、サイ
" トローカルな設定を別ファイルで行なえるように配慮してあります。Vim起動時に
" サイトローカルな設定ファイル($VIM/gvimrc_local.vim)が存在するならば、本設
" 定ファイルの主要部分が読み込まれる前に自動的に読み込みます。
"
" 読み込み後、変数g:gvimrc_local_finishが非0の値に設定されていた場合には本設
" 定ファイルに書かれた内容は一切実行されません。デフォルト動作を全て差し替え
" たい場合に利用して下さい。
"
" 参考:
" :help gvimrc
" :echo $HOME
" :echo $VIM
" :version
"---------------------------------------------------------------------------
" サイトローカルな設定($VIM/gvimrc_local.vim)があれば読み込む。読み込んだ後
" に変数g:gvimrc_local_finishに非0な値が設定されていた場合には、それ以上の設
" 定ファイルの読込を中止する。
if 1 && filereadable($VIM . '/gvimrc_local.vim')
source $VIM/gvimrc_local.vim
if exists('g:gvimrc_local_finish') && g:gvimrc_local_finish != 0
finish
endif
endif
"---------------------------------------------------------------------------
" ユーザ優先設定($HOME/.gvimrc_first.vim)があれば読み込む。読み込んだ後に変
" 数g:gvimrc_first_finishに非0な値が設定されていた場合には、それ以上の設定
" ファイルの読込を中止する。
if 0 && exists('$HOME') && filereadable($HOME . '/.gvimrc_first.vim')
unlet! g:gvimrc_first_finish
source $HOME/.gvimrc_first.vim
if exists('g:gvimrc_first_finish') && g:gvimrc_first_finish != 0
finish
endif
endif
"---------------------------------------------------------------------------
" Bram氏の提供する設定例をインクルード (別ファイル:vimrc_example.vim)。これ
" 以前にg:no_gvimrc_exampleに非0な値を設定しておけばインクルードしない。
if 1 && (!exists('g:no_gvimrc_example') || g:no_gvimrc_example == 0)
source $VIMRUNTIME/gvimrc_example.vim
endif
"---------------------------------------------------------------------------
" カラー設定:
colorscheme torte
"---------------------------------------------------------------------------
" フォント設定:
"
if has('win32')
" Windows用
set guifont=MS_Gothic:h9:cSHIFTJIS
"set guifont=MS_Mincho:h12:cSHIFTJIS
" 行間隔の設定
set linespace=1
" 一部のUCS文字の幅を自動計測して決める
if has('kaoriya')
set ambiwidth=auto
endif
elseif has('mac')
set guifont=Osaka-等幅:h14
elseif has('xfontset')
" UNIX用 (xfontsetを使用)
set guifontset=a14,r14,k14
endif
"---------------------------------------------------------------------------
" ウインドウに関する設定:
"
" ウインドウの幅
set columns=80
" ウインドウの高さ
"set lines=25
set lines=50
" コマンドラインの高さ(GUI使用時)
set cmdheight=2
" 画面を黒地に白にする (次行の先頭の " を削除すれば有効になる)
"colorscheme evening " (GUI使用時)
"---------------------------------------------------------------------------
" 日本語入力に関する設定:
"
if has('multi_byte_ime') || has('xim')
" IME ON時のカーソルの色を設定(設定例:紫)
highlight CursorIM guibg=Purple guifg=NONE
" 挿入モード・検索モードでのデフォルトのIME状態設定
set iminsert=0 imsearch=0
if has('xim') && has('GUI_GTK')
" XIMの入力開始キーを設定:
" 下記の s-space はShift+Spaceの意味でkinput2+canna用設定
"set imactivatekey=s-space
endif
" 挿入モードでのIME状態を記憶させない場合、次行のコメントを解除
"inoremap <silent> <ESC> <ESC>:set iminsert=0<CR>
endif
"---------------------------------------------------------------------------
" マウスに関する設定:
"
" 解説:
" mousefocusは幾つか問題(一例:ウィンドウを分割しているラインにカーソルがあっ
" ている時の挙動)があるのでデフォルトでは設定しない。Windowsではmousehide
" が、マウスカーソルをVimのタイトルバーに置き日本語を入力するとチラチラする
" という問題を引き起す。
"
" どのモードでもマウスを使えるようにする
set mouse=a
" マウスの移動でフォーカスを自動的に切替えない (mousefocus:切替る)
set nomousefocus
" 入力時にマウスポインタを隠す (nomousehide:隠さない)
set mousehide
" ビジュアル選択(D&D他)を自動的にクリップボードへ (:help guioptions_a)
"set guioptions+=a
"---------------------------------------------------------------------------
" メニューに関する設定:
"
" 解説:
" "M"オプションが指定されたときはメニュー("m")・ツールバー("T")供に登録され
" ないので、自動的にそれらの領域を削除するようにした。よって、デフォルトのそ
" れらを無視してユーザが独自の一式を登録した場合には、それらが表示されないと
" いう問題が生じ得る。しかしあまりにレアなケースであると考えられるので無視す
" る。
"
if &guioptions =~# 'M'
let &guioptions = substitute(&guioptions, '[mT]', '', 'g')
endif
"---------------------------------------------------------------------------
" その他、見栄えに関する設定:
"
" 検索文字列をハイライトしない(_vimrcではなく_gvimrcで設定する必要がある)
"set nohlsearch
"---------------------------------------------------------------------------
" 印刷に関する設定:
"
" 注釈:
" 印刷はGUIでなくてもできるのでvimrcで設定したほうが良いかもしれない。この辺
" りはWindowsではかなり曖昧。一般的に印刷には明朝、と言われることがあるらし
" いのでデフォルトフォントは明朝にしておく。ゴシックを使いたい場合はコメント
" アウトしてあるprintfontを参考に。
"
" 参考:
" :hardcopy
" :help 'printfont'
" :help printing
"
" 印刷用フォント
if has('printer')
if has('win32')
set printfont=MS_Mincho:h12:cSHIFTJIS
"set printfont=MS_Gothic:h12:cSHIFTJIS
endif
endif
"ここから追加
"---------------------------------------------------------------------------
" 検索の挙動に関する設定:
"
" 検索時に大文字小文字を無視 (noignorecase:無視しない)
set ignorecase
" 大文字小文字の両方が含まれている場合は大文字小文字を区別
set smartcase
" インクリメンタルサーチ
set incsearch
" 検索ハイライト
set hlsearch
"---------------------------------------------------------------------------
" 編集に関する設定:
"
" タブの画面上での幅
set tabstop=4
" 連続した空白に対してタブキーやバックスペースキーでカーソルが動く幅
set softtabstop=4
" 自動インデントでずれる幅
set shiftwidth=4
" タブをスペースに展開する/ しない (expandtab:展開する)
set expandtab
" 自動的にインデントする (noautoindent:インデントしない)
set autoindent
" バックスペースでインデントや改行を削除できるようにする
set backspace=indent,eol,start
" 検索時にファイルの最後まで行ったら最初に戻る (nowrapscan:戻らない)
set wrapscan
" 括弧入力時に対応する括弧を表示 (noshowmatch:表示しない)
set showmatch
" コマンドライン補完するときに強化されたものを使う(参照 :help wildmenu)
set wildmenu
" テキスト挿入中の自動折り返しを日本語に対応させる
set formatoptions+=mM
"---------------------------------------------------------------------------
" GUI固有ではない画面表示の設定:
"
" タイトルを表示する
set title
" 行番号を表示 (nonumber:非表示)
set number
" ルーラーを表示 (noruler:非表示)
set ruler
" タブや改行を表示 (list:表示)
set nolist
" どの文字でタブや改行を表示するかを設定
"set listchars=tab:>-,extends:<,trail:-,eol:<
" 長い行を折り返して表示 (nowrap:折り返さない)
set wrap
" 常にステータス行を表示 (詳細は:he laststatus)
set laststatus=2
" コマンドラインの高さ (Windows用gvim使用時はgvimrcを編集すること)
set cmdheight=2
" コマンドをステータス行に表示
set showcmd
" モードを表示する
set showmode
" タイトルを表示
set title
" 画面のカラースキーマCygwinでみやすい色使い
colorscheme torte
"---------------------------------------------------------------------------
" ファイル操作に関する設定:
"
" バックアップファイルを作成しない (次行の先頭の " を削除すれば有効になる)
set nobackup
" スワップファイルを作成しない (次行の先頭の " を削除すれば有効になる)
set noswapfile
" シンタックスハイライト
syntax on
"ここまで追加
" Copyright (C) 2009-2013 KaoriYa/MURAOKA Taro
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment