Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

What would you like to do?
# root へswitch
sudo su -
Password: (パスワード入力)
# ソース置き場へ移動
cd /usr/local/src
# Pythonのソース圧縮ファイルをダウンロード
# -O はサーバからのレスポンスを標準出力に出力するのではなく、リモートファイルと同じ名前のファイルに保存します。
curl -O https://www.python.org/ftp/python/2.7.6/Python-2.7.6.tgz
# 解凍
tar zxf Python-2.7.6.tgz
cd Python-2.7.6
# コンパイル前に機能/情報をチェックし、チェック状況を記述したMakefile作成
./configure
# コンパイル
make && make altinstall
# 以上で以下にpythonファイルができていることが確認できます。
ls -al /usr/local/src/Python-2.7.6/python
# pythonのバージョン確認
/usr/local/src/Python-2.7.6/python -V
Python 2.7.6
# 現在のPythonコマンドの実行パス確認
which python
/usr/bin/python
# 現状のPythonバージョン確認
python -V
Python 2.6.6
# シンボリックリンクがないかなど念のため確認。依存関係を調査しておく。
ls -al /usr/bin/python
-rwxr-xr-x 2 root root 8304 2月 23 2012 /usr/bin/python
# シンボリックリンクがある場合、以下のように表示される。
# -rwxr-xr-x 2 root root 8304 2月 23 2012 /usr/bin/python <--- /usr/local/bin/python
/usr/bin/python
# 現在実行のpythonファイルをリネーム
mv /usr/bin/python /usr/bin/python2.6.6
# コマンド検索すると 「no python」となることを確認。
which python
#/usr/bin/which: no python in (/usr/kerberos/sbin:/usr/kerberos/bin:/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/opt/dell/srvadmin/bin:/opt/dell/srvadmin/sbin:/root/bin)
# python2.7.6 を新たに標準実行pythonにする。
cp /usr/local/src/Python-2.7.6/python /usr/bin/python
# pythonコマンド検索するとヒットすることを確認
which python
/usr/bin/python
# 標準実行python バージョン確認
python -V
Python 2.7.6
# 以上で古いpythonはpython.oldでバックアップし
# 新しいpythonに置き換え完了です。
# pip インストール実行ファイル取得
wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py
# pip インストール
python get-pip.py
# yumが以前のPythonで動作していた場合、動かなくなる可能性があるので対策
vi `which yum`
# 1行目を修正
```
#!/usr/bin/python
#!/usr/bin/python2.6.6
```
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment