Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

What would you like to do?
Scala環境構築

Scala 開発環境構築手順

前提条件

  • JDKがinstall済みであること
  • java コマンドに環境変数Pathが通っていること

sbt インストール

http://www.scala-sbt.org/

Mac
MacPorts だとバージョンが古いので homebrew を使用 brew install sbt
Windows
http://www.scala-sbt.org/download.html から msi をDLして実行
Linux

http://www.scala-sbt.org/download.html`

からsbt-0.13.5.tgz をダウンロードして、適当な場所(hoge)に配置。hoge/sbt/binにPATHを通しておく。

chmod u+x hoge/bin/sbt を実行

IntelliJ IDEA インストール

http://www.jetbrains.com/idea/download/index.html

公式からインストーラをDLして実行

IntelliJ IDEA に Scala Plugin をインストール

  1. メニューの「File」 -> 「Settings」を選択
  2. 「Plugins」 -> 「Browse Repositories」ボタンを押下して 「Browse Repositories」ダイアログを開く
  3. 右上の検索フォームに「scala」と入力して検索
  4. 「Scala」と「SBT」をし、コンテキストメニューから「Download and Install」を実行
  5. 「OK」を押下のち再び「OK」を押下
  6. 再起動を要求されるので再起動

IntelliJ IDEA に JavaSDKのパスを指定

  1. メニューの「File」->「Other Settings」-> 「Template Project Structure...」 を選択
  2. 「Project Settings」 -> 「Project」 -> 「Project SDK」 の 「New」ボタンを押下
  3. インストール済みJDKのパスを選択
  4. 「OK」を押下

conscript インストール

Windows

  1. https://github.com/n8han/conscript から conscript runnable jar を DL
  2. java -jar コマンドで DL した jar を実行
  3. splash screen 下部のメッセージ部に 「Installed: ${インストールされたPath}」が表示されるまで待つ
  4. splash screen を閉じる
  5. ${インストールされたPath} に環境変数Pathを通す

Linux, Mac

  1. Terminal で curl https://raw.github.com/n8han/conscript/master/setup.sh | sh を実行
  2. $HOME/bin に環境変数Pathを通す

giter8 インストール

  1. Terminal(コマンドプロンプト)で cs n8han/giter8 を実行

giter8 にてプロジェクトテンプレートを導入

  1. Terminal(コマンドプロンプト)でプロジェクトフォルダを作成したいパスに移動

  2. g8コマンドで任意のテンプレートを取得 (handsonでは chrislewis/basic-project を使用)

    g8 chrislewis/basic-project
    
  3. テンプレートに設定されているパラメータを入力

プロジェクトの plugins.sbt に sbt-idea plugin の設定を記述

  1. プロジェクトフォルダ/project/plugins.sbt というファイルを作成し、下記の内容を記述

    resolvers += "sbt-idea-repo" at "http://mpeltonen.github.com/maven/"
    
    addSbtPlugin("com.github.mpeltonen" % "sbt-idea" % "1.0.0")
    
  2. (Optional) プロジェクトフォルダ/.gitignore というファイルを作成し、下記の内容を記述

    .DS_Store
    Thumnail.db
    target/
    lib_managed/
    src_managed/
    project/boot/
    
  3. Terminal(コマンドプロンプト)でカレントディレクトリをプロジェクトフォルダに移動

  4. sbt 実行

  5. gen-idea 実行

IntelliJ IDEA でプロジェクトを開く

  1. メニューの「File」 -> 「Open Project...」を選択
  2. プロジェクトフォルダを選択

IntelliJ IDEA の SBT Plugin に sbt のパスを設定

  1. メニューの「File」 -> 「Settings」を選択
  2. 「SBT」 -> 「SBT Launcher JAR file」でインストール済みの sbt-launch.jar を指定
  • brew で sbt をインストールした場合 /usr/local/Cellar/sbt/0.11.2/libexec/sbt-launch.jar にインストールされる
  1. 「OK」を押下

IntelliJ IDEA に Scala Compiler を指定

  1. メニューの「File」-> 「Settings」を選択
  2. 「Project Settings」 -> 「Compiler」 -> 「Scala Compiler」を選択
  3. 「Compiler library」に sscala-2.9.1 を指定
  4. 「OK」を押下

sbt-idea プラグインの不具合?対応

  1. メニューの「File」 -> 「Project Structure...」を選択
  2. 「Project Settings」 -> 「Modules」 -> 「default-XXXXXX」 -> 「Dependencies」タブ選択
  3. org.scala-lang_scala-library_2.9.1 の Scope が 「Test」 になっているのを 「Compile」 に変更
  4. 「OK」を押下

(o.o)| 除了片假名,平假名,大部分我居然都看懂了=.=

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment