Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
FeedConn TCOM-SC 日本語マニュアル

FeedConn TCOM-SC 日本語マニュアル

0. 訳者まえがき

マニュアルの日本語翻訳がアレなので元の日本語訳をベースに英語マニュアルから訳し直したものです。

  • 本来のマニュアルではディスプレイの表示に画像を使っていますが、ここでは文字で表現しているので、ディスプレイの表示については 英語マニュアル を確認してください。
  • 1.、9.および10.項の内容が英語マニュアルと日本語マニュアルで結構違うのですが、日本語の方が充実しているように感じたので日本語がおかしい部分の修正以外は日本語マニュアルの内容そのままにしています。

1. はじめに

T-COM SCをお買い上げいただき、誠にありがとうございます。 本製品はバイクの運転者や同乗者が乗車時に明瞭で信頼性の高い無線通信ができるように設計されたBluetoothインカムです。 1年間の保証付きですので、商品に何かの不備がございましたら、アフターサービス(service@fdcdz.com)宛にメールにてご連絡ください。 本製品を初めて使用する際には少なくとも2.5時間充電してから使用してください。

1.1 製品特徴

  • バイク間の通信可能距離最大800m
  • 音楽再生中の着信も自動で電話に切り替え
  • 携帯/MP3プレーヤーの音楽再生、GPSからの情報受け取り
  • FMラジオ内臓

2. パッケージ内容

  1. 本体
  2. 取り付けクリップ
  3. マイク&スピーカーセット
  4. スピーカー固定用マジックテープ
  5. 充電用USBケーブル
  6. 六角レンチ

3. ヘルメットへの取り付け

  1. 付属の「六角レンチ」で「取り付けクリップ」裏側のネジを緩めます。
  2. ヘルメットのライナーを開け、「取り付けクリップ」を適切な位置に差し込んで帽体を挟み、しっかりとネジを締め固定します。(締めすぎると「取り付けクリップ」を壊す可能性があります。ご注意ください。)
  3. 「本体」を「取り付けクリップ」のスロットに差し込んでから下方向にスライドさせて取り付けてください。完全に固定されていることを確認してください。
  4. 「スピーカー固定用マジックテープ」をヘルメットの耳ポケットの耳の位置に固定します。位置が決まったら、保護シールを剥がし、取り付けます。
  5. 「マイク&スピーカーセット」のスピーカー部とマイク部をヘルメットのマジックテープに取り付けます。取り付けたら口の位置にマイクアームを動かします。口の前の最適な位置に調整してください。
  6. 「マイク&スピーカーセット」の端子を「本体」の「充電器とヘッドセットのソケット」に差し込んでください。

4. 各部名称

多機能ボタン(MFB)

ジョグホイール

LEDディスプレイ画面

電源/インカムボタン

充電器とヘッドセットのソケット

ヘッドセットプラグ

マイク

スピーカー

5. ボタンの機能と操作

5.1 電源/インカムボタン

5.1.1 電源を入れる

"ピーッ"という高い音が聞こえるまで3秒間「電源/インカムボタン」を長押しします。ディスプレイに FreedConn と表示されます。

5.1.2 電源を落とす

"ピーッ"という高い音が聞こえるまで5秒間「電源/インカムボタン」を長押しします。ディスプレイに Power Off と表示されます。

5.1.3 インカムを開始する

ペアリングしたT-COM SCのいずれか1台の「電源/インカムボタン」を短く押します。インカムの接続が完了すると、音声が聞こえはじめます。ディスプレイに INTERCOM と表示されます。

5.1.4 インカムを終了する

「電源/インカムボタン」を短く押すと"ピーッ"という音がしてインカムが切れます。ディスプレイに FreedConn と表示されます。

5.1.5 インカムと音楽/FMラジオを切り替える

音楽再生中もしくはインカム中に「電源/インカムボタン」を短く押すと"ピーッ"という音が鳴り、切り替わります。

5.2 多機能ボタン(MFB)

5.2.1 通話に応答する

「MFB」を1回押します。押さなくても呼び鈴が15秒鳴ると自動応答します。ディスプレイに 135 **** 685 と電話番号が表示されます。

5.2.2 通話を拒否する

"プッ"という音が聞こえるまで「MFB」を2秒押します。ディスプレイに FreedConn と表示されます。

5.2.3 通話を終了する

「MFB」を1回押します。ディスプレイに FreedConn と表示されます。

5.2.4 最新の発信履歴にリダイヤルする

"プッ"という音が聞こえるまで「MFB」を2秒押します。ディスプレイに CALLING と表示されます。

5.2.5 FMラジオを聴く/止める

通話中もしくはインカム中でなければ、続けて2回「MFB」を押すことでFMラジオのON/OFFを切り替えられます。FMラジオ中はディスプレイに FreedConn FM:90.7MHz と周波数が表示されます。

5.2.6 音楽を再生する/一時停止する

携帯電話の音楽プレーヤー再生中に「MFB」を1回押すと再生/一時停止を切り替えられます。ディスプレイに再生中は Music 、一時停止中は FreedConn と表示されます。

5.2.7 音楽再生とFMラジオを切り替える

FMラジオ中に「MFB」を1回押すと音楽再生に切り替わり、音楽再生中に「MFB」を2回押すとFMラジオに切り替わります。

5.2.8 音楽再生中に電話を受ける

音楽再生中に着信した場合、自動で電話に切り替わり音楽は一時停止します。通話が終了すると自動で音楽再生に戻ります。音楽再生に戻るとディスプレイには Music と表示されます。

5.3 ジョグホイール

5.3.1 FMの放送局を変える

FMラジオ中に、「ジョグホイール」を時計回りに回すと次の放送局に進み、反時計回りに回すと前の放送局に戻ります。ディスプレイには FreedConn FM:90.7MHz と放送局の周波数が表示されます。

5.3.2 音楽プレーヤーをコントロールする

音楽再生中に、「ジョグホイール」を時計回りに回すと次の曲に進み、反時計回りに回すと前の曲に戻ります。ディスプレイには Music と表示されます。

5.3.3 音量を調整する

「ジョグホイール」を時計回りに回しっぱなしにすることで音量が大きくなります。ディスプレイは VOL ... から VOL .......... というように変化します。

「ジョグホイール」を反時計回りに回しっぱなしにすることで音量が小さくなります。ディスプレイは VOL .......... から VOL ... というように変化します。

音量が最大もしくは最小になると警告音が聞こえます。最大もしくは最小に達するとディスプレイには VOL LIMIT と表示されます。

6. ペアリング方法

6.1 携帯/MP3/GPSとペアリング

  1. TCOM-SCの電源をOFFにし、ペアリングさせたい携帯/MP3/GPSを1m以内の見える位置においてください。
  2. ディスプレイに PAIRING と表示されるまで、TCOM-SCの「電源/インカムボタン」を8秒間押してください。
  3. 携帯/MP3/GPSでTCOM-SCの検索と接続をおこなってください。携帯/MP3/GPSには「T-COM」という名称で表示されます。「PINコード」の入力が必要な場合は「0000」と入力してください。ディスプレイに FreedConn と表示されるとペアリング完了です。

6.2 TCOM-SC2台のペアリング

  1. TCOM-SC2台とも電源をOFFにし、お互いが見える1m以内の位置においてください。
  2. TCOM-SC2台とも、ディスプレイに PAIRING と表示されるまで、「電源/インカムボタン」を8秒間押してください。
  3. どちらかの「電源/インカムボタン」を短く1回押すと、もう1台のTCOM-SCの検索がはじまり、ディスプレイに ICOM PARING と表示されます。ディスプレイに INTERCOM と表示されるとペアリングが完了です。

6.3 TCOM-SC3台のペアリング

  1. はじめに上記の方法でAとBの2台のペアリングをおこないます。次にAとBの電源を切り、AとCのペアリングを同様の方法でおこないます。そしてAとCの電源を切り、BとCのペアリングをおこないます。最後にAの電源を入れます。
  2. Aの「電源/インカムボタン」を1回押すとCを呼び出し、2回押すとBを呼び出します。Bの「電源/インカムボタン」を1回押すとCを呼び出し、2回押すとAを呼び出します。Cの「電源/インカムボタン」を1回押すとBを呼び出し、2回押すとAを呼び出します。

7. Bluetoothデバイスの充電

  1. 使用前に「本体」を完全に充電してください。
  2. 「充電用USBケーブル」の小さい方のUSB端子を「本体」の「充電器とヘッドセットのソケット」に差し込んで、ACアダプターやパソコンのUSB口に差し込んでください。
  3. 充電中はディスプレイが ■□□ -> ■■□ -> ■■■ と変化し続けます。充電が完了すると ■■■ と表示されます。

TIPS 1: バッテリーを長持ちさせるために、少なくとも1月に1回充電してください。

TIPS 2: 充電中にLEDが消えた場合、電圧が低い可能性があります。0.5〜1時間程度さらに充電した後、改めて満充電になったか確認してください。

8. 技術仕様

  • 周波数: 2.4GHz
  • 重量: 45g(アクセサリー除く)
  • 寸法: 81mm(L)x31mm(W)x25mm(H)
  • 待機時間: 最長300時間
  • 通話時間:
    • 電話: 最長10時間
    • インカム: 最長5時間
  • 充電時間: 約2.5時間
  • 電源アダプター: DC 5V 500mA

バッテリー情報

  • バッテリータイプ: 充電式リチウムポリマーバッテリー
  • 電池材料: リチウムイオンポリマー
  • バッテリーモデル: 502533
  • 電圧: 3.7v
  • 容量: 400mAh
  • 電力: 1.48WH

9. 保管について

  1. 最適保管温度は-40°から60°になります。高温多湿になる場所、熱器具の近くでの充電、放置は避けてください。発熱、破裂、発火、感電、本体の変形、故障の原因となります。
  2. 分解しないでください。本製品の発熱、破裂、発火、感電、故障の原因となり、ケガをする恐れがあります。
  3. 使用後、保管前には必ず充電し、長期保管する場合は定期的な充電をしてください。
  4. 本製品およびヘルメットの取り扱いは、大切に、そして慎重にやさしく操作してください。
  5. 水がかかる場所への放置、または水没させないでください。異常状態のまま使い続けないでください。

10. こんなときは

問題 解決方法
携帯電話とうまく連動しない - 本機の電源がONになっているかを確認してください。
- バッテリーが十分に充電されているかを確認してください。
- 携帯電話が通話可能かどうかを確認してください。
- 携帯電話のBluetooth機能がONになっているかを確認してください。
- 本機と携帯電話のペアリング(初期登録)が正常に完了しているかを確認してください。
- 本機をリセットしてから携帯電話の再起動をおこない、取扱説明書を参照してペアリングをやり直してください。
通話相手にこちらの声が聞こえない - 本体にマイクパーツが確実に取り付けられているかを確認してください。
- マイクの集音ホールの向きが口の方向を向いているかを確認してください。
通話相手の声が聞こえない - スピーカーボリュームダイヤルで音量を上げてみてください。
- ヘルメットスピーカーと本体が正確に接続されているかを確認してください。
音楽/電話の音が聞こえない 電話もしくはMP3プレーヤーで最大音量を設定してください。
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment