Instantly share code, notes, and snippets.

@koyhoge /report.md
Last active Oct 18, 2018

Embed
What would you like to do?
エンジニアのための法律勉強会 #8『盗用と著作権の基礎知識と注意点&エンジニアのための?!結婚と離婚の基本のキ(番外編)』  参加メモ

エンジニアのための法律勉強会 #8『盗用と著作権の基礎知識と注意点&エンジニアのための?!結婚と離婚の基本のキ(番外編)』 参加メモ

イベントURL: https://coedo-dev.doorkeeper.jp/events/31461

最初のテーマは盗用について

  • 盗用について、昨今話題になっている
    • オリンピックエンブレム事件
    • 大宮のコワーキングスペース
  • 著作権,商標権が侵害されたら何が起きるのか
  • よく相談を受ける案件
    • ブログの文章
    • ロゴ
    • 店の看板、字体

安川さんの Rails チュートリアルパクリ事件

  • Rails チュートリアルという700Pくらいの本がある
  • ライセンス
    • ソースコード: MIT ライセンス
    • 教材: CC BY-SA 3.0
  • 日本語訳も同様
  • 有名で全国いろいろ使われている

事件発覚

  • 突然のタレコミが(複数)
    • Railsチュートリアルと全く同じ内容をさも独自の教材と称して販売している
    • 「Railsチュートリアル」という文章は巧妙に消されている
    • 受講料は10〜60万円
  • 「改変再配布可能だから問題ない」という主張をしている
  • 完全クローズドなサービスで課金している
    • 課金しないとそこを見れない
  • 安川さんが捨て垢で登録してみた
    • 質問掲示板だけは見れた
    • どうやら同一のものらしい

野島弁護士に相談

  • 内容証明郵便を送ってもらった(でも先方は受領しない)
  • 最終的になんとかコンタクトに成功
  • いきなり白旗w

勝負が決まった後

  • 管理アカウントを発行させた
  • ライセンスの表記を命じた
    • 次の第3版からはオープンライセンスは廃止される
  • 「教材はオリジナルなものを使用し」という文章がまだある

おわりに

  • 訴訟/損害賠償する時間が惜しい
    • 第3版からはライセンス提供が無くなるので、次やったら容赦しない
  • 思っていたよりも対応時間がかかって、精神的に辛かった
  • 弁護士費用くらいは請求したほうが良かったかも
  • 広く一般に態度を示す必要がある
    • 今回の発表につながる

野島さんの解説

  • 損害は、実際の被害額を元に算定する
    • ライセンス違反は「損害」を感念できるのか?
    • 得た利益を損害とみなす、みなし規定もある
  • 仮に内容証明を受領しないままだったら、仮処分手続きをするなど考えていた
  • 相手の公開メールアドレスに「なぜ内容証明を受領しないのか。そのままだと法的手段に出るぞ」とメールしたところ、あっさりと謝罪してきた。
  • 一般的には弁護士費用、調査の費用は損害賠償として認められる

著作権における引用

  • 公表された著作物は引用して利用することができる
    • 引用部分が区別できていること
    • 引用な目的が正当な範囲内
      • 主従関係が明確

江差追分事件

  • 原告: 江差追分についての本を書いた著者
  • 被告: 江差追分についての番組を作ったNHK
    • 番組内で書籍内容が無断転載されている
    • 書籍独自の創作性はあった
  • 最高裁で逆転判決が出て、原告の敗訴が決定
    • 量が問題で、主従関係が成立していると判断された

法的な判断基準

  • 一般人が感得しえるかどうか?
    • でも裁判官によってぜんぜん違う
  • 合理的に収斂していくものは表現ではない
  • 著作物は、感情/思想の表現でなければならない

Q&A

  • Q: Railsチュートリアルの話であった「ライセンスが撤廃」とはどういうこと?
    • A: CC BY-SA は無くして、通常の著作物になったということ。
      • いかなる条件でも無許可でコピーや配布はできなくなった。
  • Q: 配達証明の拒否ってできるの?
    • A: よくある。相手のポストに直接入れた写真を撮影して、それで到達とみなすとした判例もある

ここから離婚の話

結婚と離婚

  • 圧倒的に離婚に関わる法律問題のほうが多い
  • 交際中、婚約していない状況で妊娠した。中絶したら男性側は慰謝料を支払う必要があるか?
    • ない。
  • 離婚した時の慰謝料
    • 高くて500万、通常2〜300万円。
    • 婚約破棄の慰謝料はそれより低いので、訴訟の労力に見合わない
  • 親が止めろと言った等は、不当な破棄と判断される可能性が高い
    • 部落問題、同和問題

離婚調停

  • 離婚訴訟はいきなりは出来ない
  • 家庭裁判所で調停を起こす
  • 円満調停
    • 別居している夫婦が円満に戻したいから裁判所に間に入って欲しい
    • 男性がよく起こす
    • 野島さんの案件では、うまく行ったことは1回しかない

離婚式

  • 最近増えてきているらしい
    • 一緒になにかやろうという意思がまだある
    • 訴訟になる離婚はそんな

離婚で分割されるもの

  • 子供がいる場合は親権、養育費
  • 財産分与
    • 専業主婦の場合でも旦那の退職金もすっぱり半分
    • 結婚した後で増えた/減った金
    • 結婚前の財産はそれぞれ個人のもの
  • 宝くじはが当たった場合、半分のケースとそうでないケースと両方ある
  • 熟年離婚は大きな金が動く

不貞行為とは

  • 配偶者以外の異性と性行為を持つこと
    • 配偶者以外の同性と…の場合もある
  • 証明するには、一番確かなのは探偵を入れること
  • 不貞行為の悪質性によって慰謝料が高く認められる可能性がある

離婚環境あれこれ

  • 最近の夫婦の4割は離婚する
  • 給料天引きで養育費を女性側に振り込んでくれる企業もある

最後に

  • 離婚案件で「あの人はなんでああなんでしょう?」とよく聞かれる
  • 「あなたが選んだからでしょう」と答えているw
@piwikjapan

This comment has been minimized.

Show comment
Hide comment
@piwikjapan

piwikjapan Sep 26, 2015

社名公開のトリガーになったページ http://peeep.us/801166f3 下のほうの Q&A の一番目です。

Q.追加でかかる教材費等はありますか?
ありません。教材はオリジナルのものを使用し、
ソフトは無料で高品質なものをご紹介いたします。

piwikjapan commented Sep 26, 2015

社名公開のトリガーになったページ http://peeep.us/801166f3 下のほうの Q&A の一番目です。

Q.追加でかかる教材費等はありますか?
ありません。教材はオリジナルのものを使用し、
ソフトは無料で高品質なものをご紹介いたします。

@yasulab

This comment has been minimized.

Show comment
Hide comment
@yasulab

yasulab Sep 26, 2015

少し補足させていただくと、ライセンスの変更はこの事件がキッカケではなく、
もともと原著のRails Tutorialが第3版からライセンスを変更しています。

このため、第2版は今まで通りのライセンスですが、 近日公開する (追記: 2015年10月1日に公開しました!) 日本語の第3版からは、原著に従って原著と同じライセンス (下記) に変更します。

ライセンス (第2版)
 ソースコード: MIT ライセンス
 教材: CC BY-SA 3.0, Michael Hartl 著
 日本語: CC BY-SA 3.0, Michael Hartl 著, 翻訳協力者

ライセンス (第3版)
 ソースコード: MIT ライセンス
 教材: Michael Hartl 著 (一般的な著作物になりました)
 日本語: Michael Hartl 著, 翻訳協力者

なお、第3版になってもWeb版は無料で閲覧できます。
したがって、一般の読者にとっては、特に何も影響はありません。

一方で、商用で利用する方々にとっては、
(一般の著作物/翻訳物同様) 適切な人/組織に許可を得る必要が発生します。
とはいえ、(少なくとも僕としては) あまり厳しくつもりはないので、何か聞きたいこと/確認したいことがあればお気軽に @yasulab までご連絡して頂けたらと考えています :)

yasulab commented Sep 26, 2015

少し補足させていただくと、ライセンスの変更はこの事件がキッカケではなく、
もともと原著のRails Tutorialが第3版からライセンスを変更しています。

このため、第2版は今まで通りのライセンスですが、 近日公開する (追記: 2015年10月1日に公開しました!) 日本語の第3版からは、原著に従って原著と同じライセンス (下記) に変更します。

ライセンス (第2版)
 ソースコード: MIT ライセンス
 教材: CC BY-SA 3.0, Michael Hartl 著
 日本語: CC BY-SA 3.0, Michael Hartl 著, 翻訳協力者

ライセンス (第3版)
 ソースコード: MIT ライセンス
 教材: Michael Hartl 著 (一般的な著作物になりました)
 日本語: Michael Hartl 著, 翻訳協力者

なお、第3版になってもWeb版は無料で閲覧できます。
したがって、一般の読者にとっては、特に何も影響はありません。

一方で、商用で利用する方々にとっては、
(一般の著作物/翻訳物同様) 適切な人/組織に許可を得る必要が発生します。
とはいえ、(少なくとも僕としては) あまり厳しくつもりはないので、何か聞きたいこと/確認したいことがあればお気軽に @yasulab までご連絡して頂けたらと考えています :)

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment