Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?

背景などはスライドを読んでください https://speakerdeck.com/kwzr/apple-penciltozuo-li-kidui-ying?slide=20

実験

参加者

以下のような10名の右利きの社員が参加

  • iPadとApple Pencilを持っていて日常的に使っている
  • お絵かきする(5名)、お絵かきしない(5名)
  • オンラインでの実験は各自のiPadを使用して行ってもらった

タスク

  • iPadを横向きにして置き、以下の画像の実験用のアプリを起動する
  • 中央に灰色の円、左側または右側にツールバーがあり、ツールバーの上部1/3の位置に鉛筆ボタンを配置した
  • 灰色の円が表示されている間は、灰色の円の上にApple Pencilを置く
  • タスクを開始すると、1〜3秒でランダムに灰色の円が赤い円に変わるので、変わったらすばやく鉛筆ボタンをタップする
  • 数回練習を行ってもらい、本番は上記を10回繰り返す
  • 左側のツールバーで行った後、右側のツールバーでも同様にタスクを行う
  • アプリ内部では、鉛筆ボタンをタップするまでの操作時間と誤操作(誤タップ)回数を記録する

仮説

  • 左側ツールバーで操作したときと右側ツールバーで操作したときの操作時間・誤操作回数に差はない(帰無仮説)
  • 左側ツールバーで操作したときと右側ツールバーで操作したときでは、左側ツールバーの方が操作時間や誤操作回数が多い(対立仮説)

操作時間

  • 左側ツールバーで操作したときと右側のツールバーで操作したときの平均操作時間で対応のあるt検定を行った(片側検定)
  • 平均操作時間は、平均値から3SD離れている値を外れ値として除外して計算した

誤操作回数

  • 左側ツールバーで操作したときと右側のツールバーで操作したときの誤操作回数で対応のあるt検定を行った(片側検定)

結果

操作時間

  • 帰無仮説が棄却され(t(9)=3.6854, p<.01)、右側ツールバーの方が有意に操作時間が早かった

誤操作回数

  • 帰無仮説が採択され(t(9)=0.46726, p=0.3257)、左側ツールバーと右側ツールバーで誤操作回数に有意差は見られなかった
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment