Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
Rubyの特殊変数一覧
$! raise された例外オブジェクト
$" require で読み込まれたファイルの配列
$#
$$ 現在のプロセス ID
$%
$& 正規表現にマッチした箇所の文字列
$' 正規表現にマッチした箇所より後ろの文字列
$(
$)
$* Ruby スクリプトに指定された引数。ARGV と同じ
$+ 正規表現のパターンマッチにおいて最後の括弧に対応する文字列
$, 出力フィールドの区切り文字
$-0 $/ と同じ
$-a -a が指定されているか
$-d $DEBUG と同じ
$-F $; と同じ
$-i -i で指定された拡張子 (文字列)
$-I $LOAD_PATH と同じ
$-K 漢字コード。$KCODE と同じ
$-l -l が指定されているか
$-p -p が指定されているか
$-v $VERBOSE と同じ
$-w $VERBOSE と同じ
$-W -W で指定した値
$. IO オブジェクトが最後に読み込んだ行の行番号
$/ 入力レコードの区切り文字
$: require が検索するディレクトリの配列。$LOAD_PATH と同じ
$; String#split() の区切り文字
$< ARGFと同じ
$= パターンマッチで大文字小文字を区別する・しないのフラグ
$> 標準出力
$? 子プロセスの終了ステータス
$@ 例外のバックトレース
$[
$\ 出力レコードの区切り
$]
$^
$_ gets() または readline() で最後に読み込んだ行
$` 正規表現にマッチした箇所より前の文字列
${
$|
$}
$~ 正規表現にマッチしたときの MatchData オブジェクト
$0 現在の Ruby スクリプト名。$PROGRAM_NAME と同じ
$1 正規表現中の 1 番目の括弧にマッチした文字列
$2 正規表現中の 2 番目の括弧にマッチした文字列
...
$9 正規表現中の 9 番目の括弧にマッチした文字列
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment