Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

RubyKaigi must die (for at least once).
NOTE: This is English translation of "http://shyouhei.tumblr.com/post/145555071/ruby".
The theme of Ruby Kaigi 2011 is "The last RubyKaigi" and the chariman Takahashi apparently got the
inspiration from this blog which Urabe san wrote a year ago. I translated this so that non Japanese
speaker also understand the context of post RubyKaigi discussions going on in Japanese Ruby community.
あえて言うがRuby会議はそろそろ一回終わってみるべき。
RubyKaigi must die (for at least once).
Original title: Let me say that Ruby Kaigi should end for now.
表題のようなことを実は2007年のやつの後くらいから思ってて、今年はほとんど確信に近くなっている。Ruby会議2009最終日にうっかり角
谷さんの電波(自称)を浴びてしまったせいで、当日は「あー、俺より角谷さんのほうがちゃんと考えてて、でも逃げてないんだなあ」とか
思った。思ったが、一日たって冷静に考えてみたら、やっぱ逃げてもいいと思うよ。なので当初考えていたとおりに書くことにする。
I've been thinking about this topic since the end of 2007 and it's getting more certain this year. Talk from
Kakutani san at Ruby Kaigi 2009 (Take the red pill) was so inspiring that I almost decided not to write
about this, but I will. Here are the 3 reasons.
(1) おまえらの仕事は品質過剰です。
Ruby会議は世間のカンファレンスの相場から考えると、クオリティに比して参加費が異常に安い。
クオリティの高さに関しては素晴らしいとは思うが、それの費用は安すぎだと思う。
なぜRuby会議はあのクオリティで開催できるのか、
一回きちんと考察してみるべきだ。俺には参加費の代わりにおまえらのモチベーションを削ぎ落としながら燃料にしてオペレーション回して
るようにしか見えない。横から見ていてメチャ辛そうなんだよ。そのまま行くとみんな燃え尽きて終了する、
よくある「燃え尽きたプロジェクト」の光景が広がっているのではないか。俺はモチベーションを金で買うのはそんなに悪いことだとは思わ
ないというか、何かを継続的にやっていこうとするなら不可避なのではないかとすら思う。
Ruby会議にはそもそも継続して開催するスキーマ
のようなものがない(あるのだとしたら公開されてない)。なんでないかというと、最初のときにとりあえず続くか分からなかったからだ。
なんでもいいから一回やってみよう、が、意外に好評だからなんとなく続いている状態。そりゃ破綻するってば。
1: The quality of RubyKaigi is unnecessarily high.
The fee of Ruby Kaigi (JPY 6000 for 3 days) is way too low considering average conference fees,
yet the quality is too high. We should think about how come this is possible. It looks to me that it is
relying too much on volunteers. It is as if we are burning the motivation of these volunteers as fuel.
I am worried that people get burnt out, and nothing is going to be left in the end.
I don't think buying someone's motivation by money (= paying money to stuff, or hiring professional event
company) is necessarily bad, especially if it helps to sustain the community.
To be frank, there is no structure for RubyKaigi to continue. This is because we were not sure if the Kaigi
will continue when we first started. We thought "just give a try". We continued because its continuous good
response, but this is not sustainable.
(2) おまえらはRuby会議で燃え尽きてる場合じゃないはずです。
個人的にRuby会議というものを今の段階で勝手に総括すると、そのもっと
も有益だったと思える成果は「たくさんの人達を掘り出してきてスポットを当てたこと」だと思うね。Ruby会議に参加しなかったら知らない
ままだった人がたくさんいる。
でさあ、それは大変素晴らしいことなんだけど、そこで終わってちゃだめだろ。Ruby会議みたいな言ってしま
えばゆりかごみたいな世界でずっといつづけるのはおまえらのためにならない。Ruby会議は故意にか偶然にか知らないがとても効果的におま
えらを発掘してしまったので、もうそろそろおまえら全員を面倒見切れなくなってきている。このまま行くとRuby会議が足枷になってさらに
成長できるはずの人が無駄にスポイルされるようになってしまうのではないかと危惧する。
それを回避する方法は、手段を選ばないのなら、
たとえば「規模を大きくする」とか「回数を増やす」とか「法人化して事業として回す」とかあると思うんだが、どれもどうやら中の人はや
りたくないらしいんだよな。で、俺の考えつく方法で消去法で残るのは「もうやめちまえ」しかない、という。
2: RubyKaigi should be starting point, not the goal.
The initial purpose of Ruby Kaigi was to find people (who have contributed to Ruby , or use Ruby for
interesting ways) and put spotlight on them. There must be so many Rubyists who kept low profile unless
attended Ruby Kaigi.
I do agree that it's a great thing, but that should not be the start point. RubyKaigi is almost like a cradle
for Rubyist, but that's not the end goal. I feel that the number and quality of theses people start
outweighing RubyKaigi and RubyKaigi will become constraints to people as it grows.
How can we avoid this? We need some sort of scale up/out strategy such as increasing the capacity of the
Kaigi, do it more frequently, or incorporate RubyKaigi as sustainable organisation, but not sure if there
are anyone who want to do that. Then the alternative goes to "Stop it!!".
(3) Ruby会議ってキモくない?
そろそろこれ、言い出す人いてもいいと思うんだけど。「きもちいい」とか「愛」とかさ。それ聞いて感動し
てるおまえらとドン引きしてる俺なわけよ。冷静になれよ。普通に考えておかしいだろ。耳触りの良い言葉ばかりが並んでたら警戒しろよ。
裏があるとか疑えよ。
まあようするに思いっきり穿った見方をするとRuby会議ってのは一部の自覚的な指導者層が多くの無自覚な信徒を煽動
する装置であって、有り体に言ってカルトに近い方向性を備えている。似てるってだけでそこまで危険とは思わないが、俺は当事者だから
客観的な評価ができないから甘めになってる可能性も捨てきれない。
そんでRubyの中の人でもある俺から言わせてもらうと、そういう状況
って危険でさあ、なんでかっていうと熱しやすいやつらって冷めやすいんだよ。俺としては(他の人もそうだと思うが)一気に流行って一気
に廃れるのは困るわけ。今はとりあえず流行るところまでは来たのはいいが、ここからどう落ちつかせるかってのが今後十年のRubyには重
要で、だからそろそろこれ以上加熱するのはやめるべき。冷却すべき。信者のおまえらは目を覚ますべき。
まあそういうわけでまとめると、毎年「しんどい」とか「薄氷を踏み抜くような」とか言いながらRuby会議続けるのもうやめようよ。
一回は終わってみようぜ。なにもRuby会議だけがおまえらの人生じゃないだろ。
3: Isn't RubyKaigi creepy?
I was expecting that someone is going to say this at some point. Why you guys always mentions "Love" or
"Feels" good, and everybody gets so moved? That's so creepy. You need to calm down a bit. Isn't it abnormal?
If you start hearing something sounds smooth, that means there are something else behind.
To say brutally frank, RubyKaigi is an instrument for a few leading people to agitate other people,
and this is so called "cult". It may not be that bad. Having said that, I am insider of the community
(NOTE: The author is one of the Ruby core committers), so even I may underestimate this phenomenon.
This is dangerous, because it is a sign of temporarily fever and people soon go away when the hype goes.
It's nice that Ruby becomes so popular, but we have to think about how to have sustainable community,
so the further fever should stop. It's now time to cool down a bit.
That's all. If you keep saying "It is too hard (to organise)" or "(RubyKaigi organisation) is so fragile",
then you should stop now. RubyKaigi is not all of your life, isn't it?
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment