Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
play! framework releasenotes-1.2.4の翻訳。ロードマップ・ページ は本家のドキュメントでもリンク切れしてます。

Play 1.2.4 — リリースノート

Play! 1.2.4で直されたバグは ロードマップ・ページ で読むことができます。ここでは重要な変更をハイライトします。

Java7サポート

Java7はPlay!で難しい設定などは一切なしでサポートされました。次のコードは問題なく書くことができます。

Map<String, List<String>> map = new HashMap();
String version = "1.2.4";
switch(version) {
	 case "1.2.4":
	    //code
	    break;
	  case "1.2.3":
	    //code
	    break;
	  case "1.2.2":
	    //code
	  default:
	    //code
	    break;
}

新しいバインダーの実装

新しいバインダーの実装はより柔軟になり、jQueryからPlayへのマッピングを簡単にします。さらに、この新しい実装を使って、より多くの複合オブジェクトをマッピングすることができます。

最新のWebsocketのサポート

最新ドラフト(hybi-00 から hybi-10)をサポートしています。 詳しくは websocket specification を参照して下さい。

複合IDのサポート

複合IDはFixturesでサポートされました。モデルとFixtureで次のアノテーションもサポートされました。 @IdClass, @EmbeddedId .
より詳しくは hibernate documentation を参照してください。

IntelliJサポートの改善

play idealize コマンドで完全なIntelliJプロジェクトが作成できるようになりました。IntelliJからPlay!のプロジェクトを直接開くことができます。

そのほかの小さな変更

86のバグ修正 といくつかの小さな改良を行いました。

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment