Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?

列の幅と行の高さ

これは Excel方眼紙 Advent Calendar 2013 の4/1用記事です。

前提

画面キャプチャはWindowsのExcel 2010を使っていますが、Windows用のExcelなら他のバージョンでも同じことが言えるはずです。

Macintosh用のExcelは多分違ってたはず。

列の幅

標準の列幅は「8.38」です。

列幅

単位は、「いわゆる半角英数字の文字数」とのことです。 MSゴシック11ptで入力すると、たしかに9文字目はちょっとはみ出しますね。

9文字

それにしてもこの「8.38」という中途半端な数字は何なんでしょうか。

やってみるとわかりますが、列幅の小数点以下2桁は、8つの決まった値しか設定できません。 (その他の数値を入力すると、近い数値に寄せられます)

これはどういうことかというと、入力可能な数値が 1/8 = 0.125 刻みになっているのです。 そして、小数点第3位で四捨五入されて表示されています。 標準の列幅は、8.375 (8と3/8) だったんですね。

1/8刻み

それにしたって、列幅8.375って実際にはどのくらいなんでしょうか。 調べてみると、標準の列幅をピクセル換算すると、72pxなんだそうです。

(追記)列見出しの境界をドラッグすればピクセルの数値も出てきますね。

列ドラッグ

行の高さ

標準の行高さは「13.5」です。

行高さ

高さの単位はポイント(pt)です。 こちらをピクセル換算するのは割と簡単です。 まず、1ポイントは1/72インチと決まっています(これがポイントの定義です)。 さらに、Windowsの標準解像度は1インチ当たり96pxです(96dpiと書いたりもします)。 したがって、13.5[pt] * (1/72) [in/pt] * 96 [px/in] = 18[px] ですから、標準の行高さは18pxです。

(追記)こちらも同様に、行見出しの境界をドラッグすればピクセルの数値も出てきます。

行ドラッグ

方眼紙設定

Excel方眼紙にするには、列幅と行高さを同じ長さにするのが理想です。 というわけで、標準の行高さを基準にして、適切な列幅を計算してみます。 列幅 = 8.375 / 72 * 18 = 2.09375 というわけで、列幅を2.09375文字にすれば行高さと列幅が同じになる計算です。

ところが、さっき書きましたが、列幅は0.125刻みでしか設定できないのです。 列幅 2.09375 に近い値は、2 もしくは 2.125(≒2.13) となります。 どちらに設定しても行高さと列幅はぴったり同じになりませんが、そこはあきらめて好みの値を設定してください。

計算

筆者の好みは列幅2です(覚えやすいから)。

おわりに

「ピクセルとか甘え。Excel帳票をミリ単位で合わせてこそ方眼紙。」という意見もあるでしょう。 こんな しゃちくしごとに まじになっちゃって どうするの

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.