Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
satysfiadvent2020-satyrographos-package-index

Satyrographos Package Index の紹介

この記事は SATySFi Advent Calendar 2020 2日目の記事です。

はじめに

SATySFi向けパッケージマネージャとして、na4zagin3さんが開発されたSatyrographosがあり、現時点で40パッケージ以上が登録されています。これまで、パッケージを導入する際は手動でファイルをダウンロードし、適切な場所に配置したりフォントハッシュの更新を行う必要がありましたが、Satyrographosを使えばコマンドひとつ叩くだけで自動で行ってくれます。

大変便利なSatyrographosですが、欲しいパッケージを探すのには少々苦労します。検索やパッケージ情報の表示を行うコマンドにopam searchopam showがありますが、もう少し使い勝手の良いものがほしいです。また、SATySFi Wikiにもパッケージ紹介ページは存在しますが、人力での更新なので情報が古くなっています。このような状況のため、SATySFi Conf 2020でもパッケージ一覧サイトがほしいという要望が出ていました。

そこで、Satyrographosパッケージの一覧表示および検索を行えるWebサイト Satyrographos Package Index (GitHub) を作ってみました。なお、本サイトはあくまで非公式のものです。

機能

  • ソート 名前および更新日でソートできます。デフォルトでは更新日の降順で並んでおり、最近更新があったパッケージがすぐわかるようになっています。

  • 検索 パッケージ名、概要に含まれる単語、タグ名で検索できます。フォントパッケージの場合は、含まれるフォントファイル名も検索対象となっています(例えば、"cmunbbx.ttf"からfonts-computer-modern-unicodeを検索できる)。

  • フォント一覧 フォントパッケージの場合、インストールされるフォントファイルの一覧を表示できます。必要なウエイトが含まれているか等の確認に便利だと思います。

  • ドキュメント一覧 ほとんどのパッケージにはドキュメントパッケージ([パッケージ名]-doc)が用意されており、使い方の説明や組版例等が含まれています。通常はドキュメントパッケージをインストールしてはじめて読めるようになるのですが、ほしいパッケージを探す際にいちいちドキュメントパッケージをインストールして確認するのは面倒です。そこで、本サイトではパッケージ付属のドキュメントをあらかじめビルドしておき、閲覧できるようにしています。個人的にはこれが一番便利な機能だと思っています。

  • 情報の更新について 本サイトは1時間おきにパッケージ情報の更新を行っています。この部分はGitHub Actionsで自動化しています。

  • (おまけ)Slackへのパッケージ更新通知 パッケージ情報の更新の際、SATySFi Slackの#satyrographos-package-updatesチャンネルへ通知を行っています。

おわりに

不具合や要望があれば、IssuePull requestで報告していただけると大変ありがたいです。サイトのデザインが現状素っ気ないものなので、新デザインの提案も歓迎です!

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment