Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

@mattn
Last active Dec 14, 2015
Embed
What would you like to do?
ついに顕在化しはじめた「フリスク」

ついに顕在化しはじめた「フリスク」

英語圏ではかなり前から仕事中にフリスクを服用する是非について語られていたが、いよいよ具体的な弊害が出て来ているようなので、かいつまんでメモ。日本でもそう遠くない未来だと思う。

ガムクチャ族の増加

近年、勤務中にガムを食べる若者が増加し、人前わきまえずにクッチャクッチャと音を立てて周りの集中力を阻害する若者が増えた。

とても優秀な若者であろうとも仕事中にガムを食べるのは如何なものか。採用担当者はこう尋ねる。「フリスクは知っていますか?」「もちろんです。ハイチュウも持ってます」「もう一度伺いますがフリスクは持っていますか?」「申し訳ございません 未所持です」

悲劇だ。

羞恥心の枯渇

もう何年もフリスカー界隈で新しい食べ方が生まれたと言う話を聞かない。こんな事を言えばflickrと誤解されるかもしれないが、しかし現実にフリスクだけでは飽きてしまう。時にはガムも食べたい。しかしだ、音を立てて食べる事に何の意味があるのだろうか。

もはや彼らがフリスクを選ぶ理由はただ一つ「SHARPENS YOU UP」

最低の理由ではないだろうか。

直訳すると「あなたを鋭くする何か」である。

10年前にフリスクは最先端を走っていた。本当にスキっとした。仕事中の眠気を取るツールとしてフリスクは最適だった。 それが今やどうだろう。免疫が付いてしまったせいでいくらフリスクを食べてもスキっとせず、ただただフリスクを食べ続けている。 他に理由など無い。フリスクを食べる理由は「スキっとするかもしれない」という妄想と「仕事中に寝てしまったらどう」という脅迫観念から逃れる理由のみだ。

元ネタ

ついに顕在化しはじめた「vimリスク」

ついに顕在化しはじめた「Perlリスク」

ついに顕在化し始めてもいない「D言語リスク」

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment