Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

💭
ねむい

mike_neck mike-neck

View GitHub Profile
View static-factory-method.md

番号1. コンストラクターより static ファクトリーメソッドを選ぶ

cons

  • コンストラクターとは異なって、名前を持てる
  • コンストラクターとは異なり、インスタンスを生成しなくても良い(同じインスタンスを使いまわしても良い)
  • コンストラクターとは異なり、任意のサブタイプを返せる
  • コンストラクターと異なり、パラメーターの個数等入力値によって実装を切り替えられる
  • コンストラクターとは異なり、ほしいインターフェースの実装がなくてもよい(ServiceLoader パターン)
View method-reference.md

Method Reference の仕様(Java 言語仕様より)に関するメモ

Method Reference の書式

MethodReference:
1.  ExpressionName :: [TypeArguments] Identifier 
2.  ReferenceType :: [TypeArguments] Identifier 
@mike-neck
mike-neck / R2Dbc.kt
Created Mar 4, 2019
r2dbc 完全にマスターした
View R2Dbc.kt
package com.example
import io.r2dbc.h2.H2ConnectionConfiguration
import io.r2dbc.h2.H2ConnectionFactory
import io.r2dbc.spi.Result
import io.r2dbc.spi.Row
import io.r2dbc.spi.RowMetadata
import kotlinx.coroutines.GlobalScope
import kotlinx.coroutines.reactive.awaitLast
import kotlinx.coroutines.reactive.awaitSingle
View Talk.kt
enum class TalkType {
PAIR, GROUP
}
data class Talk(val id: Int, val type: TalkType, val name: String?, val users: List<String>)
sealed class TalkBuilderState
object IdOfTalk: TalkBuilderState()
object TypeOfTalk: TalkBuilderState()
View Java_is_still_free.md

Java Is Still Free

最近 Oracle JDK の配布方法とサポート方法が変更されたので、 Oracle JDK 、 Oracle's OpenJDK builds および他のプロバイダーがビルドした OpenJDK の扱いが分かりづらくなってしまった。 もちろん無償でアップデートするための方法や、複数のベンダーから提供される有償のサポートもある。 このドキュメントには(訳注:要点だけ知りたい人のための)ショートバージョンと詳細を含んだロングバージョンがある。

ショートバージョン

View CExp_include_c_exp.h
#ifndef C_EXP_H
#define C_EXP_H
#include <stdio.h>
void POSIX_print(char *string);
#endif
@mike-neck
mike-neck / gime-ext.groovy
Created Aug 22, 2018
moznion さんの gimei 使いやすくてよいのですが、大量に名前が欲しい場合かつ再現するような値が欲しい場合に、1回だけシードを決定するようなパターンが作りづらいのでラップしてみた
View gime-ext.groovy
@Grab('net.moznion:gimei:1.3.0')
import net.moznion.gimei.*
import net.moznion.gimei.name.*
interface GimeiExt {
Name generateName()
Male generateMale()
Female generateFemale()
}
@mike-neck
mike-neck / elasticsearch-kube.yaml
Created Aug 12, 2018
elasticsearch を minikube で動かしたときの yaml
View elasticsearch-kube.yaml
apiVersion: apps/v1
kind: Deployment
metadata:
name: elasticsearch
labels:
run: elasticsearch
spec:
replicas: 1
selector:
matchLabels:
@mike-neck
mike-neck / translate-bot.js
Created Jul 19, 2018
AWS Translate を使って翻訳
View translate-bot.js
// Description:
// Utility commands surrounding Hubot uptime.
//
// Commands:
// ping - Reply with pong
// echo <text> - Reply back with <text>
// time - Reply with current time
'use strict';
let AWS = require('aws-sdk')
You can’t perform that action at this time.