Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
親愛なるOFユーザーの皆様
元気ですか?
僕は元気です。
日曜日、僕の住む西永福の公園をジョギングしていると、太極拳のような謎の体操をしているおじさん、おばさんを見かけます。そのゆっくりな、スムーズな、同じ方向へ向かう動きや目線、腰のオリエンテーションを見て、心が新たな発見をしたりします。
これを書いている今は24:47, 京王井の頭線、三鷹台、只今八王子へ向かっております。何を言いたいのかは未だ決まっておりません。
ただ、伝えたいというか、皆様と一緒に確認したい事が有ります。
通らなかったビルドの数
使い方がわからず諦めたアドオンの数
憧れたあのプロジェクトのvimeoアカウント
有料アカウントに切り替えたけど大した情報が入ってこなかったcreativeapplications.net
繰り返し見たeyeo festival のプレゼンテーション
ヨッパオルグを開いた数
Beyond Interactionについた汚れやメモ
HDDから外付けHDDに移されて行ったプロジェクト達
彼女対応で潰れた土日
慣れなかった職場の仲間
思い浮かんだ後に実現出来ず消えていったアイディア
一人篭った自宅やラボでの時間
勇気を出して飛び込んだ新しい環境
果てに出会った新しい高揚感
初期衝動の話をしております。皆様は覚えていますでしょうか?
僕の話を少しします。
2010年、11月 オーストリア リンツ アルスエレクトロニカセンター futurelabに学生として訪れました。夕方5:55に用事が終わり、僕達はドナウ川の側で他愛も無い会話をしておりました。その時、18:00、アルスセンターが歌い出した!と、人々が驚いた顔で振り返りました。ザッカリーリバーマンと仲間たちが手掛けたアルスセンターリニューアルのプログラムが、定期ショーとして毎日流れている、という現場に偶然立ち会いました。
私はアーティスト、ただあなたを驚かせたいアーティスト、と名乗るザックのオジキのYouTubeで見た例のアレ(追記: YouTubeではなく https://vimeo.com/4706049)に興味を持ってこの世界に入門し、それに出会い、雪の降る寒空の下、光りながら歌うアルスエレクトロニカセンターに驚かされた心境や光景を、僕はスタート地点としております。
皆様はどうでしょうか?
2013年10月、ザックのオジキが退路を絶って新たに作った学校 School for Poetic Computation 一期生 日本人代表として、皆様に伝言があります。
デモンストレーションではなく、あなたのポエムを。
デモ、それはテクノロジーの未来を見せるもの
ポエム、それはあなたの思想・アイディア・トライアンドエラーの未来を見せるもの
デモ、それは機械の強さを見せること
ポエム、それは機械の弱さも見せても良いこと
こんな大層な事を言えるほど経験値が豊かな僕ではありませんが、ポエトリー・コンピューテーションの交差点がどんなものなのかを確認するべく、精進の日々であります。
2014/10/12
Motoi Shimizu
OF Seminarに向かう中央線終電の車内にて
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.