Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

@mtfrctl mtfrctl/resume.md Secret
Last active Jul 1, 2020

Embed
What would you like to do?

CV/Resume

自己紹介

macOS/iOS開発歴10年、デザイン歴11年、web開発歴18年。アプリ、デバイス、メディア装置の制作や研究が得意。 かたちのあるモノをつくることと、くるまが好き。

経歴

  • [現] 株式会社WUUZY(CTO/CXO): 2019-現在
  • [現] HYPE株式会社(デザイナ/事業技術顧問): 2019-現在
  • [現] 株式会社Eidea(リードエンジニア・デザイナ): 2018-現在
  • 株式会社Eidea(顧問): 2018-2019
  • [現] 株式会社Adelie(CXO): 2018-現在
  • [現] sigboost株式会社(CXO): 2017-現在
  • [現] 株式会社リクルート(エンジニア・デザイナ): 2017-現在
  • 学振特別研究員 DC1 面接免除採用内定 (就職のため辞退): 2016
  • 合同会社ノクチュアラント: 2016
  • 産業技術総合研究所: 2016
  • 筑波大学シス情CS専攻(工学・修士): 2015-2016
  • IPA未踏クリエータ: 2012
  • [現] jiseCHI株式会社(CEO): 2011-現在
  • 筑波大学メ創(工学・学士): 2011-2014

得意技・趣味

  • Web/ネイティブ/ハードウェア開発
  • UI/UX/インタラクション/プロダクトデザイン
  • HCI
  • 信号処理
  • 静電容量
  • 超音波
  • 機械学習
  • 音楽
  • 自動車
  • 船舶
  • 航空機

職務

[現] 株式会社WUUZY(CTO/CXO): 2019-現在

  • ハイレイヤーのエキスパートマッチング事業・アプリケーションの開発/デザイン

[現] HYPE株式会社(顧問): 2019-現在

  • スマートライブハウスの開発/デザイン

[現] 株式会社Eidea(リードエンジニア・デザイナ): 2019-現在

  • AI光学機器の開発/デザイン

株式会社Eidea(顧問): 2018-2019

  • R&D/サービス開発

[現] 株式会社Adelie(CXO): 2018-現在

  • ブロックチェーンアプリケーションの開発/デザイン

[現] 株式会社リクルート(エンジニア・デザイナ): 2017-現在

[現] sigboost株式会社(CXO): 2017-現在

産業技術総合研究所 (AIST): 2016

  • 機械学習・神経生物学の応用研究にかかる技術職員

NVIDIA Japan: 2016

リクルートメディアテクノロジーラボ: 2016

  • AWSセキュリティ設定監査ツール

合同会社ノクチュアラント: 2016

初期企画・制作

独立行政法人情報処理推進機構 (IPA): 2012

  • 未踏事業クリエイター

[現] jiseCHI株式会社(CEO): 2011-現在

部分企画・制作

主企画・制作

資格等

  • TOEIC SCORE 855 (2014年10月26日)
  • 普通自動車 (2012年7月取得)
  • 実用英語技能検定(英検) 2級 (2006年取得)
  • 実用英語技能検定(英検) 3級 (2002年取得)

学業実績

https://www.iplab.cs.tsukuba.ac.jp/~tsuruta/ (2016年度より更新停止中)

研究概要

人とコンピュータが溶け合う社会を見据え,ソフトウェア,ハードウェアの双方から,これらの相互インタラクション方法や,デバイス,インタフェースデザインを研究しています. また,旧来よりデザインとエンジニアリングの境界をつけない活動を積極的に行っており,これを推進しています.

文献情報

国際会議 (査読あり)

  • Let Your World Open: CAVE-based Visualization Methods of Public Virtual Reality Towards a Shareable VR Experience.
    • The 10th Augmented Human International Conference (AH '19), ACM. 2019-03-11. (1ST BEST PAPER AWARD)
    • Masaya Tsuruta, Akira Ishii, Ippei Suzuki, Shuta Nakamae, Junichi Suzuki, Yoichi Ochiai.
  • RootCap: Touch Detection on Multi-electrodes using Single-line Connected Capacitive Sensing
    • In Proceedings of 11th ACM International Conference on Interactive Surfaces and Spaces (ISS 2016). (full paper).
    • Masaya Tsuruta, Shuta Nakamae, Buntarou Shizuki
  • Lightweight Capacitance-based Block System for 3D Space Interaction
    • In Proceedings of 11th ACM International Conference on Interactive Surfaces and Spaces (ISS 2016). (poster).
    • Koshi Ikegawa, Masaya Tsuruta, Tetsuya Abe, Arika Yoshida, Buntarou Shizuki, Shin Takahashi
  • Hover Detection using Active Acoustic Sensing
    • In Proceedings of 18th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2016), Springer International Publishing, 2016. (full paper)
    • Masaya Tsuruta, Shuhei Aoyama, Arika Yoshida, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka

国内論文誌

国内会議 (査読なし)

  • PoiPet: ペットボトルゴミの分別を促進するインタラクティブなゴミ箱
    • 情報処理学会, インタラクション2016, Mar 4, pp.850-854, B21.
    • 高田 崚介,奥村 彩水,木邑 和馬,神武 里奈,夛田 一貴,山路 大樹,鶴田 真也
  • PINCH: ハンガー型屋外干し支援システム
    • 情報処理学会, インタラクション2016, Mar 4, pp.855-858, B22.
    • 高田 崚介,山路 大樹,夛田 一貴,早川 悠,鶴田 真也,志築 文太郎,田中 二郎

学位論文

修士論文

  • 多電極中の被タッチ電極ならびにタッチジェスチャ入力を検出可能な単一結線タッチセンサ
    • 筑波大学 修士論文 2017年1月提出 111ページ.
    • 鶴田真也
    • 指導教員: 志築文太郎

卒業論文

  • ハイライトの画像的特徴に依存する質感知覚 -光沢質感を促進する物体表面ハイライト分布特徴-
    • 筑波大学 卒業論文 2015年1月提出 57ページ.
    • 鶴田真也
    • 指導教員: 酒井宏

発表・講演 (学外)

登壇 (国際査読あり)

  • Let Your World Open: CAVE-based Visualization Methods of Public Virtual Reality Towards a Shareable VR Experience.
    • The 10th Augmented Human International Conference (AH '19), ACM. 2019-03-11. 1ST BEST PAPER AWARD
    • Masaya Tsuruta, Akira Ishii, Ippei Suzuki, Shuta Nakamae, Junichi Suzuki, Yoichi Ochiai.
  • RootCap: Touch Detection on Multi-electrodes using Single-line Connected Capacitive Sensing
    • In Proceedings of 11th ACM International Conference on Interactive Surfaces and Spaces (ISS 2016). (full paper).
    • Masaya Tsuruta, Shuta Nakamae, Buntarou Shizuki
  • Hover Detection using Active Acoustic Sensing
    • In Proceedings of 18th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2016), Springer International Publishing, 2016. (full paper)
    • Masaya Tsuruta, Shuhei Aoyama, Arika Yoshida, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka

ポスター・デモ (国際査読あり)

  • Lightweight Capacitance-based Block System for 3D Space Interaction
    • In Proceedings of 11th ACM International Conference on Interactive Surfaces and Spaces (ISS 2016). (poster).
    • Koshi Ikegawa, Masaya Tsuruta, Tetsuya Abe, Arika Yoshida, Buntarou Shizuki, Shin Takahashi

ポスター・デモ (国内)

  • PoiPet: ペットボトルゴミの分別を促進するインタラクティブなゴミ箱
    • 情報処理学会, インタラクション2016, Mar 4, pp.850-854, B21.
    • 高田 崚介,奥村 彩水,木邑 和馬,神武 里奈,夛田 一貴,山路 大樹,鶴田 真也
  • PINCH: ハンガー型屋外干し支援システム
    • 情報処理学会, インタラクション2016, Mar 4, pp.855-858, B22.
    • 高田 崚介,山路 大樹,夛田 一貴,早川 悠,鶴田 真也,志築 文太郎,田中 二郎
  • スーパーサイエンスハイスクール(SSH) 全国大会 2010年度
    • 鶴田 真也,岩永 将輝,廣澤 亮太
    • 日本学生科学賞

発表・講演 (学内)

  • タッチ位置検出が可能な単一結線タッチセンサの開発

    • CSセミナー (コンピュータサイエンス専攻中間報告)
    • 鶴田真也
  • 「きちんと」好きを高じさせる「ちゃんとした」デザインと、多方向からの実装のはなし

    • 学類有志が開催するライトニングトークイベントにおける招待講演として行った,新入生に体系的なデザインの歴史と実装について知ってもらうための授業. デザインという事象について,建築,アート,プロダクトの歴史という視点から体系的に解説した上で,デザインとエンジニアリングについて何をどのように勉強し, どのように実装する方法があるのかレクチャーを行った.
    • 鶴田真也

研究助成等 (学外)

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 2012年度 未踏事業 「採択」

  • 縦空間・レイヤー融合構造直感的楽曲ファイルブラウザ
    • チーフクリエータ: 鶴田 真也
    • 担当PM: 越塚 登

海外留学支援事業(はばたけ!筑大生)海外学会等参加支援プログラム平成28年4月期募集 「採択」

  • Hover Detection using Active Acoustic Sensing
    • In Proceedings of 18th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2016), Springer International Publishing, 2016. (full paper)
    • Masaya Tsuruta, Shuhei Aoyama, Arika Yoshida, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka

海外留学支援事業(はばたけ!筑大生)海外学会等参加支援プログラム平成28年度第二次募集 「採択」

  • RootCap: Touch Detection on Multi-electrodes using Single-line Connected Capacitive Sensing
    • In Proceedings of 11th ACM International Conference on Interactive Surfaces and Spaces (ISS 2016). (full paper).
    • Masaya Tsuruta, Shuta Nakamae, Buntarou Shizuki

独立行政法人 日本学術振興会 2017年度 特別研究員 DC1 「面接免除採用内定」

  • 能動的音響計測を用いた物 体表面・周囲におけるインタラクション手法の開発
    • 登録名: 鶴田 真也

奨学金

伊藤謝恩育英財団 (セブンアンドアイホールディングス)

  • 給付型 奨学生
    • 2011年度 ~ 2014年度

日本学生支援機構

  • 貸与型 第1種 第2種 奨学生
    • 2015年度 ~ 2016年度

受賞 (学外)

  • Augmented Human '19 [1ST BEST PAPER AWARD]
    • Akira Ishii, Masaya Tsuruta, Ippei Suzuki, Shuta Nakamae, Junichi Suzuki, Yoichi Ochiai.
    • Let Your World Open: CAVE-based Visualization Methods of Public Virtual Reality Towards a Shareable VR Experience. The 10th Augmented Human International Conference (AH '19), ACM. 2019-03-11.
  • 2017 Asia Digital Art Award FUKUOKA [Studnt/Entertainment Finalists' Awards]
    • Akira Ishii, Masaya Tsuruta, Ippei Suzuki, Shuta Nakamae, Tatsuya Minagawa.
    • (Advisor: Junichi Suzuki / ISI-Dentsu, Ltd., Open Innovation Lab., Yoichi Ochiai / University of Tsukuba, Strategic Research Platform towards Digital Nature Powered by Pixie Dust Technologies, Inc.)
    • ReverseCAVE: CAVE-based Visualization Method of Public Virtual Reality towards Sharing VR Experience. 2017 Asia Digital Art Award FUKUOKA, 2017 Asia Digital Art Awards Executive Committee. 2017-12.
    • https://shiropen.com/2017/06/01/25487/
  • James Dyson Award 2017 [International Top 20 Shortlist] [Japan Division 5th Place]
  • Mashup Awards 13 (2017) [総合優勝]
    • GROOVE: 鶴田真也,小宮慎之介,堀和紀,井手優太,松田暁,猪狩亜門,田中一平,長澤史記
  • Gugen2015 [Vstone賞]
    • PINCH: 高田崚介,山路大樹,夛田一貴,早川悠,鶴田真也
  • Mashup Awards 11 (2015) [学生部門賞]
    • Sukima NEWS: 早川悠,鶴田真也,夛田一貴,山路大樹,高田崚介
  • Mashup Awards 11 (2015) [アシアル賞] [楽天API賞]
    • Pop Pepper: 夛田一貴,山路大樹,高田崚介,早川悠,鶴田真也
  • Mashup Awards 11 (2015) [優秀賞] [SONY MESH賞]
    • PINCH: 高田崚介,山路大樹,夛田一貴,早川悠,鶴田真也
  • スーパーサイエンスハイスクール(SSH) 全国大会 2010年度 [日本学生科学賞]
    • 鶴田 真也,岩永 将輝,廣澤 亮太

受賞 (学内)

  • 筑波大学大学院 平成28年度 コンピュータサイエンス専攻 [CS専攻長表彰]
  • 筑波大学 CS専攻 組込プログラム開発 2015年度 [講義内相互投票1位] [Freescale賞]
    • Chidori: 鶴田真也,高田崚介,川畑裕也

受賞 (古)

  • 徳島県藍青賞 2007年度 [藍青賞]
    • 徳島県の学生等において顕著な業績をあげた者に贈られる賞
  • ものづくり日本 第10回技術教育創造の世界 エネルギー利用技術作品コンテスト 2006年度 [日本産業技術教育学会努力賞]
    • 文部科学省・経済産業省後援 日本産業技術教育学会主催
  • 全国中学生創造ものづくり教育フェア めざせ!! 木工の技チャンピオン 2005年度 [優秀賞] [プレゼンテーション得票1位]
    • 日本産業技術教育学会,木材加工分科会
    • 主催: 全日本中学校技術・家庭科研究会,茨城県,茨城県教育委員会,つくば市,つくば市教育委員会
    • TX記念第6回全国中学生創造ものづくり教育フェア ものづくり競技大会

展示

  • 準備中

メディア

そのほか研究・学業に関わる活動

ティーチングアシスタント

  • プログラミング実習IA 2015年度 情報メディア創成学類
  • プログラミング実習IB 2015年度 情報メディア創成学類
  • プログラミング実習II 2015年度 情報メディア創成学類

その他インディーズ活動

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.