Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?

https://access.redhat.com/ja/node/1362753

5/25版

2 つ目の回避方法では、以前のバージョンの ntp ではうるう秒は無視されますが、ntp-4.2.6p5 以降を実行しているシステムではうるう秒が挿入されます。ただし、これは、カーネルではなく ntpd によって行われます。これらのバージョンの ntpd は、真夜中に settimeofday() または clock_settime() を呼び出して、自動的に時間を戻します。

6/26版 (Englishは6/18)

2 つ目の回避方法 (slew モード '-x' ) ではうるう秒はカーネルで無視されます (代わりに NTPd は時間を徐々に調整します)。ntp-4.2.6p5-1.el6、ntp-4.2.6p5-2.el6_6、および ntp-4.2.6p5-18.el7 以下を実行しているシステムではうるう秒が挿入されますが (slew モードで実行している場合でも一度に変更します)、これは、カーネルではなく ntpd によって行われます。この問題は、RHEL 6 bug 1199978 および RHEL 7 bug 1191122 により発生します。これらのバージョンの ntpd は、真夜中に settimeofday() または clock_settime() を呼び出して、自動的に時間を戻します。

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment