Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Avatar
🤔
にゃーん

@nekoruri nekoruri

🤔
にゃーん
View GitHub Profile
@nekoruri
nekoruri / latency.txt
Created Sep 13, 2018 — forked from eshelman/latency.txt
HPC-oriented Latency Numbers Every Programmer Should Know
View latency.txt
Latency Comparison Numbers
--------------------------
L1 cache reference/hit 1.5 ns 4 cycles
Floating-point add/mult/FMA operation 1.5 ns 4 cycles
L2 cache reference/hit 5 ns 12 ~ 17 cycles
Branch mispredict 6 ns 15 ~ 20 cycles
L3 cache hit (unshared cache line) 16 ns 42 cycles
L3 cache hit (shared line in another core) 25 ns 65 cycles
Mutex lock/unlock 25 ns
L3 cache hit (modified in another core) 29 ns 75 cycles
@nekoruri
nekoruri / Workshop.md
Created Nov 2, 2017 — forked from shundy/Workshop.md
Serverless Workshop
View Workshop.md

Event Gateway

Node のインストール

brew install nodebrew
echo 'export PATH=$PATH:$HOME/.nodebrew/ current/bin' >> ~/.bash_profile
mkdir -p ~/.nodebrew/src
nodebrew install-binary v6.11.5
View vim_risk.md

ついに顕在化しはじめた「vimリスク」

英語圏ではかなり前からvimで開発し続けることのリスクについて語られていたが、いよいよ具体的な弊害が出て来ているようなので、かいつまんでメモ。日本でもそう遠くない未来だと思う。

若手エンジニアの不足

Visual Studioのように需要が逼迫しているのに人材の供給が増えず需給ミスマッチが起っているわけでは無く、需要も供給も減るという状況下でわずかだが需要が上回っているとう性質の悪い状況がvimに起きている。特に深刻なのは安価な若手エンジニアの採用が絶望的に難しいという現実だ。TextMateが台頭して数年経ちXcodeがメインストリームの先頭を突っ走る2013年において新しくvimを勉強しようとする若者はよほどの物好きしかいない。30~40歳のvimエンジニアを雇うのはそれほど難しく無いだろうがコストがかかる。安価な20代前半の若手エンジニアを雇いたいという企業の思いとは裏腹にvimを新たに学ぶ若者は絶滅寸前だ。

とても優秀な若者を雇用できるチャンスが巡って来た。採用担当者はこう尋ねる。「vimは習得していますか?」「もちろんEclipse/NetBeans/Xcodeはお手の物です。IntelliJもある程度可能です」「もう一度伺いますがvimは習得していますか?」「申し訳ございません 未習得です」