Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

@ozzozz
Last active Dec 18, 2018
Embed
What would you like to do?
Cloud Foundry Advent Calendar 2018 day 2 - BOSH 101 winter 2018

BOSH 101 winter 2018

この記事は、Cloud Foundry Advent Calendar 2018の2日目の記事です。

BOSH 101のスライドを最新化しましたよ

slide01 https://speakerdeck.com/ozzozz/bosh101-winter-2018

2017年9月以来のアップデートとなります。

なぜ今ごろBOSH 101の最新化なんて

Cloud Foundryを語るにあたり、その有効性の半分近くの源はBOSHなんじゃないかと思います。

今をときめくKubernetesをCFコミュニティがCloud Foundry Container Runtime(CFCR)として担ごうと決心したのは、k8sのような構築運用が面倒な分散システムを効率的に扱えるBOSHがあったからというのが非常に大きな要因になったはずです。

CFの大きなアドバンテージとして謳われている「マルチクラウド」も、IaaS毎の仕様の差異の大部分をBOSHが吸収しているからこそ為せる業だと言えると思います。

これを捨て置くのは忍びない。幸いなことに、BOSHに関する日本語の解説記事は、まだあまりありません。

というわけで、前回の公開から1年以上過ぎた今、私自身の知識のアップデートも兼ねて、Advent Calendar記事としてお送りすることにしたわけです。

autumn 2017からの修正ポイント

概ね次のような感じです。

  • BOSHのロゴが正式に制定された slide04

  • BOSHの対応IaaSが増えた

    • Alibaba Cloudとか slide06
  • BOSH関連ドキュメントがさらに充実 slide08

  • BOSHは満6歳に

    • 我が息子より1歳年上です slide10
  • bosh.ioのデザインが変わりました slide16 slide18

  • deployment manifestの例を更新しました slide20

  • BOSHが管理する複数deploymentにまたがるconfigがcloud-configだけではなくなったので、Generic Configとしての記載に変えました slide21

  • BOSH用deployment manifestの生成について、温かみあふれる手運用でがんばるかのような記述から、bosh-deploymentリポジトリとBOSH CLI v2をフル活用する方法の記述に変更しました slide31 slide32

  • cf-deploymentやconcourse-bosh-deploymentなどといった今どきのdeployment manifestを活用する場合、もはや手動でbosh releaseのアップロードを行うようなことがなくなっていることから、 bosh upload-release コマンドの実行手順は削除しました。 slide47

BOSHについて、やっぱりまだ語り足りないなあ、と思っているポイント

  • BOSHの設計理念である「モダンな release engineering の実装」について、過去に存在した様々なデプロイツールとの違いなど、もう少しがんばりたい slide12

  • BOSHによってデプロイされる分散システムにおいて課題になりがちな service discovery について、過去におけるBOSH/CF界隈での取り組みや最新の手法について、もう少し解説したい slide62

今回は以上です

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment