Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
分かった気になる DCI 、ロミオとジュリエット編 Romeo & Juliette with DCI
# 役者クラス
#
# say: 役者は声を発する事ができる。
class Actor
def say(words)
puts words
end
end
# ロミオ役
#
# ロミオはジュリエットの問いかけに当惑する
# "もっと聞こうか、それとも返事をしようか?"
module Romeo
def hesitate
say "Shall I hear more, or shall I speak at this?"
end
end
# ジュリエット役
#
# ジュリエットはロミオに問いかけ、名を捨てるように請う
# 1.
# あぁロミオ、ロミオ! どうして貴方は<わが一族の敵である>ロミオなの?
# 貴方の父を否定し、名前を拒否してくださいな。
# お嫌ならば、私への愛を誓ってくだされば、
# 私はもうキャピュレットではありませんわ
# 2.
# 私の敵なのは、貴方の名前だけ。
# 貴方は貴方、モンタギューではなくても。
# モンタギューって何? 手ではないし、足でもないし、
# 腕でも、顔でも、その他の体の部分でもない。
# あぁ、他の名前になって!
# 名前には、何があるというの? 私たちがバラと呼ぶものは、
# 他のどんな名前で呼んでも、同じように甘く香るわ
module Juliette
def ask
say <<-EOS
O Romeo, Romeo! wherefore art thou Romeo?
Deny thy father and refuse thy name;
Or, if thou wilt not, be but sworn my love,
And I'll no longer be a Capulet.
EOS
end
def beg
say <<-EOS
Tis but thy name that is my enemy;
Thou art thyself, though not a Montague.
What's Montague? it is nor hand, nor foot,
Nor arm, nor face, nor any other part
Belonging to a man. O, be some other name!
What's in a name? that which we call a rose
By any other name would smell as sweet.
EOS
end
end
# シーンコンテキスト
#
# 場面3 ジュリエットの部屋のバルコニーにて
# 1. ジュリエットが問いかける
# 2. 当惑するロミオ
# 3. 名を捨てることを請うジュリエット
class Scene03
def initialize(romeo, juliette)
@romeo = romeo.extend(Romeo)
@juliette = juliette.extend(Juliette)
end
def execute
@juliette.ask
@romeo.hesitate
@juliette.beg
end
end
# 役者を2人用意する
rosie = Actor.new
lilly = Actor.new
# 今回行うシーンはシーン3、配役は rosie がロミオで lilly がジュリエット
scene = Scene03.new(rosie, lilly)
# 演目を行う
scene.execute
# 今回は役を module で実装しているが、この場合シーン終了後に取り外せないので、
# 現実的には wrapper class の方が良い。 unextend などを使う場合はこの限りではない。
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment