Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
HZM_VXAベースショートコマンドさん for RGSS3
# coding: utf-8
#===============================================================================
# ■ HZM_VXAベースショートコマンドさん for RGSS3
# ※ このスクリプトは「HZM_VXAベーススクリプトさん for RGSS3」が必要です
#-------------------------------------------------------------------------------
# 2012/08/01 Ru/むっくRu
#-------------------------------------------------------------------------------
# ベーススクリプトで追加される一部の機能を,
# 短い命令で行えるようにするスクリプトです.
# ※以下のスクリプトと同等の機能を提供します
# ・「iniファイル使用スクリプトさん for RGSS3」
# ・「ウィンドウ拡大さん for RGSS3」
# ・「超簡易ツイート機能さん for RGSS3」
#-------------------------------------------------------------------------------
# 以下のメソッドが追加されます
#
# ・Ini.load("セクション名", "キー名". 読み込む文字数)
# Game.iniの指定したデータを読み込む(読み込む文字数は省略可能)
#
# ・Ini.save("セクション名", "キー名". "保存する文字列")
# Game.iniに指定したデータを保存する
#
# ※セクション名,キー名について
# iniファイル中の[]に囲まれているものがセクション名
# =の前に書かれている文字列がキー名です
#
# ・Twitter.open("ツイートする文字列")
# ツイートする文字列が最初から入力されたツイートページを開きます
# 例)Twitter.open("ハイスコア:#{$game_variables[1]}点")
# ハイスコア[変数1番の数値]点 と入力された状態のツイート画面を開く
#
# ・Graphics.zoom_screen(数値)
# 指定した数値倍にウィンドウを拡大・縮小する
# ※注意:不具合の起きやすい大変危険な機能です.【使わないことを強く推奨します】
# 例)Graphics.zoom_screen(2)
# ウィンドウが2倍に拡大される
#-------------------------------------------------------------------------------
# 【更新履歴】
# 2012/08/01 ベーススクリプト仕様変更に対応
# 2012/01/07 Graphics.zoom_screenを標準で無効に変更
# 2012/01/02 ぶっぱ
#-------------------------------------------------------------------------------
#==============================================================================
# ● 設定項目
#==============================================================================
module HZM_VXA
module BaseShortCommand
# ● Ini.~~系命令を有効にする
# true …… 有効
# false …… 無効
USE_INI = true
# ● Twitter.~~系命令を有効にする
# true …… 有効
# false …… 無効
USE_TWITTER = true
# ● Graphics.zoom_screenを有効にする
# ※ 不具合の起きやすい大変危険な機能です【使わないことを強く推奨します】
# true …… 有効
# false …… 無効
USE_ZOOM = false
end
module Twitter
# ツイートへの付与文字列の設定
# {HEADERの文字}ツイート本文{FOOTERの文字} {URL} になります
# ● ツイート本文の前に付ける文字
HEADER = '◆'
# ● ツイート本文の後に付ける文字
FOOTER = '鳥小屋.txt'
# ● URL
URL = 'http://d.hatena.ne.jp/ru_shalm/'
end
end
#==============================================================================
# ↑   ここまで設定   ↑
# ↓ 以下、スクリプト部 ↓
#==============================================================================
raise '「HZM_VXAベーススクリプトさん for RGSS3」が必要です' unless defined?(HZM_VXA::Base)
raise '「HZM_VXAベーススクリプトさん for RGSS3」のバージョンが異なります' unless HZM_VXA::Base.check_version?('2.0.0')
# Ini命令
if HZM_VXA::BaseShortCommand::USE_INI
module Ini
def self.load(section, key, length = 255)
HZM_VXA::Ini.load(section, key, length)
end
def self.save(section, key, value)
HZM_VXA::Ini.save(section, key, value)
end
end
end
# Graphics.zoom_screen
if HZM_VXA::BaseShortCommand::USE_ZOOM
module Graphics
def self.zoom_screen(n)
HZM_VXA::Base.window_zoom(n.to_f)
end
end
end
# Twitter命令
if HZM_VXA::BaseShortCommand::USE_TWITTER
module Twitter
BASE_URL = 'https://twitter.com/intent/tweet?source=tweetbutton&text=%s&url=%s'
def self.open(str)
text = "#{HZM_VXA::Twitter::HEADER} #{str} #{HZM_VXA::Twitter::FOOTER}"
url = sprintf(BASE_URL, HZM_VXA::Base.url_encode(text), HZM_VXA::Base.url_encode(HZM_VXA::Twitter::URL))
HZM_VXA::Base.open_browser(url)
end
end
end
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment