Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
describe('sakuraCrowd.jsonId.refToObj', function() {
it("参照オブジェクトを参照先オブジェクトに変換する", function() {
var target = [
{"id":"id1", "value":10},
{"$ref":"id1"}
];
sakuraCrowd.jsonId.refToObj(target);
expect(target.length).toEqual(2);
expect(target[0]).toBe(target[1]);
});
it("循環参照を検出したら該当する JsonPath を返して警告する", function() {
var target = [
{"id":"id1", "value":10, "other":{"$ref":"id2"}},
{"id":"id2", "other":{"$ref":"id1"}}
];
var path = "$[0].other.other";
expect(sakuraCrowd.jsonId.refToObj.bind(null, target)).toThrow("循環参照です。" + path);
});
it("指定したオブジェクトの下位の場所から変換する", function() {
var target = [
{"id":"id1", "value":10, "other":{"$ref":"id2"}},
{"id":"id2",
"other":[
{"id":"id3", "value":30},
{"$ref":"id3"}
]
},
];
var target2 = [
{"id":"id1", "value":10, "other":{"$ref":"id2"}},
{"id":"id2",
"other":[
{"id":"id3", "value":30},
{"$ref":"id3"}
]
},
];
target2[1].other[1] = target2[1].other[0];
expect(sakuraCrowd.jsonId.refToObj.bind(null, target, "$[1]")).toEqual(target2);
});
it("指定したオブジェクトの下位の場所から変換する。それより上位のオブジェクトの循環参照を検知する", function() {
var target = [
{"id":"id1", "value":10},
{"id":"id2",
"other":[
{"id":"id3", "value":30},
{"$ref":"id2"}
]
},
];
path = "$[1].other[1]";
expect(sakuraCrowd.jsonId.refToObj.bind(null, target, "$[1].other")).toThrow("循環参照です。" + path);
});
it("指定したオブジェクトの下位の場所から変換する。 info に設定した外部の参照にも対応する。", function() {
var target = [
{"id":"id1", "value":10},
{"id":"id2",
"other":[
{"id":"id3", "value":30},
{"$ref":"id1"}
]
},
];
var target2 = [
{"id":"id1", "value":10},
{"id":"id2",
"other":[
{"id":"id3", "value":30},
{"$ref":"id1"}
]
},
];
target2[1].other[1] = target[0];
expect(sakuraCrowd.jsonId.refToObj.bind(null, target, "$[1].other")).toEqual(target2);
});
});
@sakura-crowd

This comment has been minimized.

Show comment
Hide comment
@sakura-crowd

sakura-crowd Jul 12, 2014

refToObj は指定したオブジェクトをルートにして参照を参照先に置換していましたが、利用する際に、子要素を継ぎ足していく必要がでたので機能拡張しました。
指定したオブジェクトがルートなのですが、処理対象はルートからではなく指定した JSONPath の要素から処理するようにします。
また、 info を渡すことで今回の処理では得られない ID の参照先についても置換を可能にします。

Owner

sakura-crowd commented Jul 12, 2014

refToObj は指定したオブジェクトをルートにして参照を参照先に置換していましたが、利用する際に、子要素を継ぎ足していく必要がでたので機能拡張しました。
指定したオブジェクトがルートなのですが、処理対象はルートからではなく指定した JSONPath の要素から処理するようにします。
また、 info を渡すことで今回の処理では得られない ID の参照先についても置換を可能にします。

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment