Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Satoru Ishikawa satour

Block or report user

Report or block satour

Hide content and notifications from this user.

Learn more about blocking users

Contact Support about this user’s behavior.

Learn more about reporting abuse

Report abuse
View GitHub Profile
View get_td_wf_list.js
/*
https://console.treasuredata.com/app/workflows
上記に表示されているワークフローの情報をcsv形式で出力するスクリプトです。
開発者ツールのコンソールにコピー&ペーストして実行してください。
Treasure Data の仕様上、画面に表示されていないワークフローの情報が取得できない為、すべてのワークフローの行が画面に表示されるように、ブラウザのサイズを調整してから実行してください。
※Webブラウザの開発者ツールを表示→画面サイズで縦を 5000 などの大きな数値に設定するとすべてのワークフローの行が画面に表示されると思われます。
*/
var wfcsv = '\"workflow_name\", \"project_name\", \"last_attempt\", \"schedule\", \"next_attempt\"\n';
document.querySelectorAll('.ReactVirtualized__Table__row').forEach(function(element) {
View samle.csv
cid family_name first_name family_name_kana first_name_kana email phone address
000001 山田 太郎 やまだ たろう yamada@example.com 09012345678 東京都千代田区1-1-1
000002 岩鬼 正美 いわき まさみ iwaki@example.com 09012345634 東京都千代田区1-1-1
000003 殿馬 一人 とのま かずと tonoma@example.com 09012345604 東京都千代田区1-1-1
000004 里中 さとなか さとる satonaka@example.com 09012345612 東京都千代田区1-1-1
View add_table_of_contents.rb
#requires ruby 2.4.0p0
require 'find'
require 'fileutils'
require 'tempfile'
require 'uri'
=begin
1. なにをするスクリプトか?
- Markdown ファイルの中を読み取り、その中に記述されているH行を表として Markdown ファイルの先頭に追記します。
View EventListener.js
import React from 'react';
import PropTypes from 'prop-types';
export default class EventListener extends React.Component {
componentDidMount() {
this.getListeners().forEach( ( [ type, listener ] ) => {
this.props.eventTarget.addEventListener( type, listener );
} );
}
View Hugo コンテンツ追加c⌒っ゚д゚)っφ メモメモ...md
  • package.json にコマンド追加
  • site/config.toml に追加
  • gulpfile.babel.js にtask追加
  • npm run build 実行

データ側はこれでたぶんふ大丈夫。 あとは対応するビューを site/layouts に盛っていく。

  • site/archetypes に型ファイル(mdファイル)を追加する。
View search_image_tag_in_md.rb
#!/usr/bin/ruby
require 'find'
@image = /^[!][\[]*/
i = 1
Find.find('.') {|fname|
if ( File.extname(fname) == '.md' || File.extname(fname) == '.markdown' )
View add_anchor.rb
#!/usr/bin/ruby
require 'fileutils'
require 'find'
require 'uri'
@level1 = /^[#][^#]*[^}]$/
@level2 = /^[#][#][^#]*[^}]$/
@level3 = /^[#][#][#][^#]*[^}]$/
@anchorString = /[{][#].*/
View gitbook_add_anchors_to_headlines.rb
#!/usr/bin/ruby
require 'fileutils'
# 引数の有無を検証
unless ARGV[0]
puts "Please specify file(s)."
exit
end
View kakisute.rb
unless ARGV[0]
puts "Please specify file(s)."
exit
end
ARGV.each{|f|
unless f.index("md") || f.index("markdown")
puts "ERR: Bad file extention: #{f}"
puts "Only *.md or *.markdown will be accepted."
exit
View netlify.example.toml
#全体的な設定です。
[Settings]
ID = "Your_Site_ID"
#ビルドに関する設定。アプリ全体に反映されます。
[build]
# base: ビルドを開始する場所です。package.json や .nvmrc などがここに配置されている必要があります。あなたのプロジェクトのルートディレクトリをここに指定するというわけではありません。
base = "project/"
# publish: 公開対象のディレクトリ
publish = "project/build-output/"
You can’t perform that action at this time.