Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Avatar

Shota Yamahira seak0503

  • BroadBandTower, Inc.
View GitHub Profile
@seak0503
seak0503 / rails_scss.md
Created Jun 16, 2017
railsでsass(scss)を使えるようにする
View rails_scss.md
  1. Gemfileに gem 'sass-rails'があること
  2. 'application.css'の中にある下記設定を削除する
    - *= require_tree .
    - *= require_self
    
  3. application.cssファイルの拡張子を .css から .scss に変える
@seak0503
seak0503 / css_width_or_max-width.md
Created Apr 5, 2017
widthとmaxーwidthの違い
View css_width_or_max-width.md

はじめに

<li>タグの中に画像を配置します。<li>widthを50%にして、ブラウザの大きさによって幅が変わるようにします。

画像はサイズの異なる3つの画像を、それぞれ<li>の中に配置し、<img>にwidthやmax-widthを利用した場合にどのような挙動をするのか比較します。

imgタグにwidthもmax-widthも適用しないケース

画像サイズはオリジナルの画像サイズであるため、<li>タグの横幅より大きな画像は<li>をはみ出して表示されます。

@seak0503
seak0503 / rails_recursive_relation_table.md
Created Jan 11, 2017
railsで再帰リレーションテーブルを作る例
View rails_recursive_relation_table.md

マイグレーションファイル

class CreateServices < ActiveRecord::Migration
  def change
    create_table :services do |t|
      t.references :parent_service       # 親分類への再帰リレーション
      t.string :service_id, null: false  # サービスID
      t.string :name, null: false        # サービス名
      t.text :note                       # 備考
@seak0503
seak0503 / git-flow_already_initialized.md
Created Jan 11, 2017
git-flowを導入済みの開発環境に参加する
View git-flow_already_initialized.md

はじめに

git-flowを導入されていない環境にgit-flowを導入して 開発フローをつくる方法についての情報は多くありますが すでにgit-flowを導入して開発を進めているリポジトリに、 後から新しいメンバが参加する方法についてはあまり情報が ないようでしたので、投稿します。

ここでは既にgit-flowを導入して開発をすすめているtestsiteというリポジトリのプロジェクトにAさんが参加する場合を想定して 解説しています。

@seak0503
seak0503 / web_site_font_size.md
Created Dec 28, 2016
WEBサイトの一般的な文字サイズ
View web_site_font_size.md

WEBサイトの一般的な文字サイズ

  • 多くのサイトでは文章部分の文字サイズは13〜16px程度
  • 一般的に文字サイズが10px以下だと小さくて見づらいと言われている
@seak0503
seak0503 / jquery_on_method.md
Created Dec 26, 2016
jqueryのonメソッドのいろいろな使い方
View jquery_on_method.md

一つのイベント、一つの処理

$(セレクタ).on('イベント', function() {
  処理
});

複数のイベント、一つの処理

@seak0503
seak0503 / gem_install_fix.md
Created Nov 17, 2016
gemライブラリのバージョン指定、又は特定バージョンの最新をインストールする方法
View gem_install_fix.md

rails をインストールする例で説明

指定バージョンをインストール

$ gem install rails --version="3.2.17"

3.2.X系の最新バージョンをインストール

$ gem install rails --version="~>3.2.0"
View ansible_playbook_task_list.md

構文

ansible-playbook -i イベントリファイル playbookファイル --list-tasks

実行例

@seak0503
seak0503 / ansible_playbook_syntax-check.md
Created Sep 9, 2016
ansible playbookのsyntax check
View ansible_playbook_syntax-check.md

構文

ansible-playbook -i イベントリファイル playbookファイル --syntax-check

実行例

@seak0503
seak0503 / rails_autosave.md
Created Aug 24, 2016
Rails autosaveオプションの検証記録
View rails_autosave.md

はじめに

モデル間をアソシエーションしている際、関連づけられているモデルオブジェクトを自動的に保存したり、保存しないようにするにはautosaveオプションを利用します。

このオプションの挙動について、下記のサンプルを用いて検証をしました。

サンプル

モデル