Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
クリアコード Before/After

祝クリアコード10周年

👏 👏 👏 👏 👏👏 👏 👏 👏 👏
(10周年イベント、日程がすべてNGでした。。参加できなくて本当にスイマセン 🙇🙇 )
(これをもって、せめて感謝の意を)

私とクリアコードさん

私(toshiyahirose)

  • :octocat: @sezemiadmin
  • 株式会社SEプラス 取締役 // SEプラスは翔泳社のグループ
  • SEゼミという学生向けの勉強会や開発イベントを2013年からやっていました
    • 2015年9月に残念ながら休止
    • 今はもともとやっていたSI企業さん向けの研修サービスの企画や営業などをやってます
    • エンジニアではなく、営業のキャリアしかありません

クリアコードさんとの関わり

  • 2014年にSEゼミでリーダブルコード勉強会のプログラム開発と当日の進行・サポートをお願いし、実施してもらったのが最初のお付き合い
  • 2015年にOSS Hack Weekendという開発イベントと一連の勉強会のプログラム開発や進行・サポートを 全部お任せ // 私は主に集客とかスポンサー様とのやり取り、運営雑用
    • OSS開発にコミットしたい学生と、そんな学生を採用したいスポンサー企業さんのエンジニアがメンターになって、就職/採用に繋がればという趣旨のイベント
    • 関連勉強会
  • SEゼミ休止後も OSS Gate というOSS開発に参加したいけど不安がある人を後押しするワークショップを開催するコミュニティの立ち上げに参加

クリアコード Before/After

Before クリアコード

2013年のSEゼミ

  • LeapMotionを使ったハッカソンを開催
  • 結果 参加8名...
  • スポンサー 2社
    • 実は8月にやろうとして1名も集まらなかった
    • 10月に延期して、ようやく開催できた
  • 胃が軋む。。

After クリアコード

2014年のSEゼミ

  • チームで開発する術を学ぶ勉強会を重ねながら、開発イベントをする形式に変更
  • リーダブルコード勉強会をクリアコードさんにお願いする!!
  • 結果 リーダブルコード勉強会には 57名 が参加!!
  • 勉強会のスポンサーは3社になって、メンターが7名も参加!! // 2社は須藤さんのご紹介
  • ただクリアコードさんが携わっていない以降の勉強会やイベントは7名、12名の参加と低調
  • やっぱり胃が痛い。。

2015年のSEゼミ

  • OSSをテーマに開発イベントをしたいとクリアコードさんに相談し、快諾!!
    • 実は最初RubyとかRailsにコミットするのはどう? と無謀にも持ちかけていた。。
    • ハードル高いので、やんわりとOSSにしたほうが良いと諭されました
  • 結果 勉強会も含め、98名 が参加!!
  • スポンサーは 15社!!
    • クリアコードさんから10社も(!!) ご紹介頂き、クリアコードさんにご紹介頂いたクラウドーワクス・大場さんから、さらに3社(!!) を紹介いただいた
  • メンターはトータル 45名 の方々が参加!!
  • 結局、胃は痛かったけどサイコーの夏になりました 😇

OSS Gate

  • SEゼミの休止で残念会をしたときに、須藤さん南さんから 引き続き、やりましょう! というお声掛けをいただき、立ち上げイベントを一緒にやる(2015年12月)
  • 今ではメンバー169名
  • 次回7/30 のワークショップは満員キャンセル待ち14名
  • 次々回9/24 のワークショップも20名の申込!

まとめ

クリアコードさんに携わってもらって、最終的には、参加者13倍増 、スポンサー7倍増(いずれも当社比) になりました!! 🙏 🙏  あと、何度もククログで紹介して頂けました!!
とても胃が痛い3年でしたが、とても楽しい後半2年間が過ごせました。
ありがとうございました!!!!

おかげさまで、OSSなにそれ美味しいの? という蒙昧なところ (今思うと、怒られるような発言をした記憶が...) から、❤️ OSS というまでになりました!!

ということで、これをご覧になった皆さま、OSS開発に関することなら、このように学生向けのイベントでも快くご協力いただけるクリアコードさんに相談すると、とても良いと思います!!

では、次の10年で益々ご発展されることを願ってます!
また、一緒できる機会を作れるよう、がんばります!! (もちろんOSS Gateも引き続き!!)

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.