Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
第81回 WordBench神戸(6月25日)メモ

第81回 WordBench神戸(6月25日) 「プラグインの翻訳にトライ!〜オンライン開催」

https://wordbenchkobe.connpass.com/event/92266/

Health Check プラグインをみんなで翻訳してみよう
https://wordpress.org/plugins/health-check/

WordPress の翻訳/WordPress コア・プラグイン・テーマの翻訳手順

今回やった流れ

  • WordPress.org のプラグインページにある「このプラグインはまだ日本語に対応していません。翻訳を手伝いましょう。」をクリックして翻訳開始
  • 翻訳したい言語(今回は日本語)を選択
  • Stable (latest release) に対して翻訳する
  • 作業が完了したら WordSlack の #request チャンネルに報告する

WordSlackへの参加方法

WordPress.org の日本語翻訳向け用語集がるので翻訳の前にこちらを確認する
View Glossary < GlotPress — WordPress

翻訳が利用可能になるタイミングはプラグイン・テーマの場合、95%以上承認された翻訳が追加された後、約30分後にダッシュボードの更新ボタンからダウンロード・利用できるようになる。

「E-mail」という英単語でも日本語の場合、「メール」「メールアドレス」と使われている場面によって訳が異なるので迷う場合はソースを確認する必要がある。

GlotPress-WP の Keyboard shortcuts

翻訳途中の翻訳ファイルをローカル環境で確認してみる方法

今回は /wp-content/languages/plugins/ に Health Check プラグインの翻訳ファイルを置いてみる。

翻訳ファイルの読み込みについては西川さんのブログを見てみる。
WordPressの翻訳用のファイルがどうやって読み込まれているのかを調べてみた - Shinichi Nishikawa's

翻訳途中の .mo ファイルをエクスポートし、ローカルサイトに反映する方法

  1. こちらにアクセス→ https://translate.wordpress.org/projects/wp-plugins/health-check/stable/ja/default
  2. ページ上部の「Filter」 → 「Status: Any」 → 「Filterボタン」をクリック
  3. ページ下部の「only matching the filter」 + 「Machine Object Message Catalog (.mo)」を選択して「Export」をクリック
  4. 翻訳途中の Health Check プラグインの翻訳ファイル名は「wp-plugins-health-check-stable-ja.mo」になるので、「health-check-ja.mo」にリネームし、/wp-content/languages/plugins/に設置

いちいちダウンロードしてリネームするのが面倒なので、以下コマンドでスッとやる。

$ cd /YOUR/WORDPRESS/INSTALL/DIRECTORY/wp-content/languages/plugins/
$ curl -o ./health-check-ja.mo https://translate.wordpress.org/projects/wp-plugins/health-check/stable/ja/default/export-translations\?filters%5Bterm%5D\&filters%5Buser_login%5D\&filters%5Bstatus%5D\=either\&format\=mo

翻訳ファイル名については以下を確認。

load_plugin_textdomain( 'health-check', false, basename( dirname( __FILE__ ) ) . '/languages/' );
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment