Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

@syou007 /Capfile
Last active Oct 19, 2015

What would you like to do?
require 'capistrano3/unicorn'
ENV['BUNDLE_GEMFILE'] = rails_root + "/Gemfile"
$ bundle exec unicorn_rails -c config/unicorn.rb
$ bundle exec unicorn -c config/unicorn.rb
$ bundle exec unicorn_rails -c config/unicorn.rb -D -E $RAILS_ENV
$ kill -QUIT `cat /path/to/unicorn.pid`
http://localhost:8080
$ kill -QUIT `cat /path/to/unicorn.pid`
$ kill -HUP `cat /path/to/unicorn.pid`
$ kill -USR2 `cat /path/to/unicorn.pid`
gem 'capistrano3-unicorn'
# Railsのルートパスを求める。(RAILS_ROOT/config/unicorn.rbに配置している場合。)
rails_root = File.expand_path('../../', __FILE__)
# RAILS_ENVを求める。(RAILS_ENV毎に挙動を変更したい場合に使用。今回は使用しません。)
# rails_env = ENV['RAILS_ENV'] || "development"
# 追記に記載してます。入れた方がいいです。
ENV['BUNDLE_GEMFILE'] = rails_root + "/Gemfile"
# Unicornは複数のワーカーで起動するのでワーカー数を定義
# サーバーのメモリなどによって変更すること。
worker_processes 2
# 指定しなくても良い。
# Unicornの起動コマンドを実行するディレクトリを指定します。
# (記載しておけば他のディレクトリでこのファイルを叩けなくなる。)
working_directory rails_root
# 接続タイムアウト時間
timeout 30
# Unicornのエラーログと通常ログの位置を指定。
stderr_path File.expand_path('../../log/unicorn_stderr.log', __FILE__)
stdout_path File.expand_path('../../log/unicorn_stdout.log', __FILE__)
# Nginxで使用する場合は以下の設定を行う。
# listen File.expand_path('../../tmp/sockets/unicorn.sock', __FILE__)
# とりあえず起動して動作確認をしたい場合は以下の設定を行う。
listen 8080
# ※「backlog」や「tcp_nopush」の設定もあるけど、よくわかって無い。
# プロセスの停止などに必要なPIDファイルの保存先を指定。
pid File.expand_path('../../tmp/pids/unicorn.pid', __FILE__)
# 基本的には`true`を指定する。Unicornの再起動時にダウンタイムなしで再起動が行われる。
preload_app true
# 効果なしとの記事を見たので、コメントアウト。
# GC.respond_to?(:copy_on_write_friendly=) and GC.copy_on_write_friendly = true
# USR2シグナルを受けると古いプロセスを止める。
# 後述するが、記述しておくとNginxと連携する時に良いことがある。
before_fork do |server, worker|
defined?(ActiveRecord::Base) and
ActiveRecord::Base.connection.disconnect!
old_pid = "#{server.config[:pid]}.oldbin"
if old_pid != server.pid
begin
sig = (worker.nr + 1) >= server.worker_processes ? :QUIT : :TTOU
Process.kill(sig, File.read(old_pid).to_i)
rescue Errno::ENOENT, Errno::ESRCH
end
end
end
after_fork do |server, worker|
defined?(ActiveRecord::Base) and ActiveRecord::Base.establish_connection
end
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment