View a.md
console.log('a')
View simple.md

Sample document

&* Structure

& Element 1
& Element 2

& Element 1

View embed-pre.md
# Sample document

## [[Structure]]

```javascript
[Element 1]
[Element 2]
```
View embed.md
# Sample document

## <<Structure>>

```javascript
<Element 1>
<Element 2>
View a.ts
import * as React from 'react';
// Type utilities
type DiffKey<T extends string, U extends string> = (
& {[P in T]: P } // (1)
& {[P in U]: never } // (2)
& { [x: string]: never } // (3)
)[T]; // (4)
type Omit<T, K extends keyof T> = Pick<T, DiffKey<keyof T, K>>;
View webpacker-migration.md
View webpacker-3-0.md

原文: http://weblog.rubyonrails.org/2017/8/30/webpacker-3-0/

Webpacker 3.0: 別プロセス不要になり、生成される設定ファイルは減った

RailsとWebpackをいっしょに使うのを、この3つ目のWebpackerリリースで、さらに簡単にした。2つの大きな変更は、開発中に別のプロセスがもはや不要なことと、大部分の設定は、いまやWebpacker npm package内に置かれていることだ。だから、あなたのconfig/ディレクトリはきれいなままで、アップデートもより簡単だ。

開発およびテスト中、Webpackerにオンデマンドでコンパイルさせることで、別プロセスの必要性を排除した。このプロセスを高速化するためにいろいろやった結果、多くのアプリで、パフォーマンスは良好以上になることだろう。しかし、巨大なアプリの場合、もしくは、ライブリローディングやhot module replacementが好みならば、 bin/webpack-dev-serverを使い続けることができる。Webpackerは、このプロセスが走っていることを自動的に検出して、packをオンデマンドではなくそこから供給する。賢いね。

それから、Railsのconfig/ディレクトリに生成される設定ボイラープレートの総量を劇的に減らした。標準的はものはすべて、いまではWebpack npmモジュール内に置かれている。これは、アップグレードをとても簡単にする。さらに、デフォルトを好みに応じて上書きすることも依然として可能だ。だから、これはあらゆる面での大勝利なのだ。

View tslint.json
{
"defaultSeverity": "error",
"extends": ["tslint:latest", "tslint-react", "tslint-eslint-rules"],
"rules": {
"quotemark": [true, "single", "jsx-double"],
"semicolon": [true, "never"],
"interface-name": [true, "never-prefix"],
"object-literal-sort-keys": false,
"no-submodule-imports": false,
"member-access": [true, "no-public"],
View tslint.json
{
"defaultSeverity": "error",
"extends": ["tslint:latest", "tslint-react", "tslint-eslint-rules"],
"rules": {
"quotemark": [true, "single", "jsx-double"],
"semicolon": [true, "never"]
}
}
View kondate.md

買うもの

  • だいこん
  • きゅうり
  • もやし
  • 小松菜
  • キャベツ
  • ピーマン
  • なす
  • ブロッコリー