Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?

db.lodosaka.jp から db.lodc.jp への移行方法

大阪市オープンデータを格納するSPARQLエンドポイント「http://db.lodosaka.jp/sparql」が2014年9月末で利用できなくなります。大阪市オープンデータは、LODチャレンジが運用する「LODチャレンジ応募作品のSPARQLエンドポイント(試行版)」でも提供していますので、10月以降そちらを利用してください。

LODチャレンジ応募作品のSPARQLエンドポイント(試行版)への移行方法

1. SPARQLエンドポイントURLの変更

現状の

http://db.lodosaka.jp/sparql

http://db.lodc.jp/sparql

に変更してください。

2. SPARQLクエリの変更

LODチャレンジ応募作品のSPARQLエンドポイント(試行版)には、大阪市オープンデータ以外にもさまざまなデータセットが格納されています。大阪市オープンデータのみを検索するためには、SELECT文 と WHERE文 の間にFROM <GRAPH URI>文を追加する必要があります。

GRAPH URIは、使用するデータセットにより指定が異なります。

データセット別の指定は以下のようになります。

大阪市の施設情報・防災情報のLOD

SELECT *
FROM <http://lod.sfc.keio.ac.jp/challenge2013/show_status.php?id=d030>
WHERE {
    ?s ?p ?o.
}

大阪市の工業推移(統計データ)のLOD

SELECT * 
FROM <http://lod.sfc.keio.ac.jp/challenge2013/show_status.php?id=d014>
WHERE{
    ?s ?p ?o.
}

大阪市の統計情報一覧のLOD

SELECT * 
FROM <http://lod.sfc.keio.ac.jp/challenge2013/show_status.php?id=d037>
WHERE{
    ?s ?p ?o.
}

SELECT文、WHERE文やLIMITORDER BYなど今まで利用しているクエリは全て利用できます。適宜置き換えてください。

上記以外のhttp://db.lodosaka.jp/sparqlで提供されていたデータセットの利用やSPARQLクエリに関する質問については、LODチャレンジ実行委員会 関西支部(info@lodc.jp)までお問い合わせください。

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.