Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

@uupaa uupaa/fp.now.md
Last active Sep 16, 2019

Embed
What would you like to do?
いまどきのガラケー事情

いまどきのガラケーと Flash Lite 開発事情

いまどきのガラケーコーディングがどうなっているか確認してみました。

ガラケーを取り巻く環境の変化

  • 停波による古い端末の一掃

    • docomo
      • 2006春モデル以前の端末が mova の停波により 2012/03/31 から利用不能に
    • au
      • 2007夏モデル以前の端末が 800MHz帯の再編により 2012/07/24 から利用不能に
    • Softbank
      • Vodafone 時代の端末が PDCの停波により 2010/03 から利用不能に
  • 脆弱性による古い端末の一掃

    • docomo
      • 端末IDによる簡単ログインの利用禁止
        • 2012/04/30 以降, Cookie が利用できない i-mode 1.0端末では Google のサービスが利用不能に
      • 2014/10 SSL 3.0 の脆弱性(POODLE)により TLS 1.0 をサポートしていない i-mode 1.0 端末がログインや課金サイトでは事実上利用不能に
  • Flash Lite の死亡

    • Adobe のロードマップから Flash Lite が消滅(2011年頃)
    • Flash CC からはパブリッシュ不能に。Flash CS6 が消えたら本当におしまい

2008年の環境

Cookie と UTF-8 は使えず, Flash Lite は 1.1 が常識でした。

Cookie UTF-8 TLS Flash
Lite
docomo i-mode 1.0 1.1, 3.0, 3.1
au Browser 6.2 OK OK 2.0
Softbank Browser OK OK OK 1.1, 2.0, 3.0, 3.1

2010年の環境

2年前に比べだいぶ良くなりました。

ただ、古い端末のシェアはそうそう無視できないため、 依然として Cookie と UTF-8 は使えず, Flash Lite は 1.1 で作成することになります。

Cookie UTF-8 TLS Flash
Lite
docomo i-mode 1.0 1.1, 3.0, 3.1
docomo i-mode 2.x OK OK OK 1.1, 3,0, 3.1
au Browser 6.2 OK OK 2.0, 3.0
au Browser 7.2 OK 利用可能(一部制限あり) OK 2.0, 3.0
Softbank Browser OK OK OK 1.1, 2.0, 3.0, 3.1

2012年の環境

Flash Lite のシェア(2012/04/17)

| Flash Lite 3.1 | 47.4% | | Flash Lite 3.0 | 37.6% | | Flash Lite 2.0 | 11.4% | | Flash Lite 1.1 | 3.4% | | Flash なし | 0.2% |

2012年の時点で Flash Lite 3.0/3.1 のシェアが 85% ほどあるようです。

2014年以降の環境

2010年以降に発売された端末に限定することで、 Cookie, UTF-8, Flash Lite 2.0 を前提とした開発が可能です。

Cookie UTF-8 TLS Flash
Lite
docomo i-mode 2.x OK OK OK 3.1
au Browser 7.2 OK 利用可能(一部制限あり) OK 2.0, 3.0
Softbank Browser OK OK OK 2.0, 3.0, 3.1
  • docomo

    • Cookie は全ての端末で利用可能
    • UTF-8 は全ての端末で利用可能
    • TLS を利用不能な端末はサポートしない(できない)
      • TLS を利用不能な端末は、80端末中 9端末 = 11%
    • Flash Lite 3.1 が利用可能な端末は、100%
  • au

    • Cookie は全ての端末で利用可能
    • UTF-8 が利用不能な端末は、51端末中 12端末 = 24%
      • Shift_JIS な Browser 6.2 端末は切り捨てるか、サーバで変換を行う
    • TLS は全ての端末で利用可能
    • Flash Lite 2.0 しか利用できない端末は、51端末中 10端末 = 20%
    • Flash Lite 3.0 が利用可能な端末は、51端末中 41端末 = 80%
      • 2012年以降に発売された端末に限定すれば、100% の端末で Flash Lite 3.0 が利用可能
  • Softbank

    • Cookie は全ての端末で利用可能
    • UTF-8 は全ての端末で利用可能
    • TLS は全ての端末で利用可能
    • Flash Lite 2.0 しか利用できない端末は、43端末中 6端末 = 14%
    • Flash Lite 3.x が利用可能な端末は、43端末中 37端末 = 86%
      • 2012年以降に発売された端末に限定すれば、100% の端末で Flash Lite 3.1 が利用可能

まとめ

FP の技術的な基準は、2008年▶2014年の六年間で大きく変化していました。

Function 2008年の基準 2014年の基準
UTF-8 NG OK (auは△)
Cookie NG OK
inline style NG OK (制限付き)
外部CSS NG OK (制限付き)
PNG NG (i-mode 1.0要因) OK
JPEG OK OK
GIF OK OK
アニメGIF NG OK
Flash Lite 1.1 2.0 or 3.0
カーソルキー NG OK
LoadMovie(swf) NG OK
ページ容量 100KB 300〜500KB
JavaScript NG OK (制限付き)
  • UTF-8 が利用可能

    • au の一部端末(Browser 6.2)では利用できないので、サーバ側で UTF-8 ▶ Shift_JIS に変換して出力して対応する対応が必要
  • Flash Lite 2.0 または 3.0 で作成可能に

    • Flash 7 相当の機能が利用可能に
      • Action Script 2.0, SharedObject, XML, 上下左右キー
    • Load movie で外部の swf をロード可能に
      • サーバ上での画像の差し替えや数値の埋め込み処理が一部不要になる
    • 結局 Flash Lite 4.0 を搭載したガラケーは現れず

どうやら、FPの世界は Shift_JIS, Flash Lite 1.1, 100KB 以内, CSS なし ではなくなっているようです。

ネット上のノウハウもぼちぼちページが消え始めています。
そろそろ「ガラケーコーディング大全」といった一冊の本にまとめて後世に残す時期なのかもしれませんね。

資料

FlashLite Authoring Tools

  • FlashLite 3.1 -> Flash CS4
  • FlashLite 3.0 -> Flash CS3
  • FlashLite 2.0 -> Flash Professional 8
  • FlashLite 1.1 -> Flash MX Professional 2004

Link

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.