View ei.erl
%%% module の前のコメントは % は 3 つ
%%% インデントはスペース 4
-module(ei).
%% 同じ関数名でアリティが違うだけの場合は改行なしで、アリティの数値でソートして欲しい
-export([egg/0, egg/1, egg/2]).
%% export の中身でで改行してたりしなかったりは書かれているのを尊重してほしい
%% export と export の間で改行があった場合はそのままにしてほしい
%% export と export で改行がなかった場合はそのままにしてほしい
View edge_webrtc.rst

Edge と WebRTC について

更新:2017-04-12
作者:@voluntas
バージョン:0.1.1
URL:https://voluntas.github.io/

この記事は突然消えるかもしれません

View golang_webapp.rst

Golang でウェブアプリコトハジメ

方針

  • echo をベースに作っていく
View naze_erlang.rst
View erlang_udp_ipv6
# Erlang/OTP の UDP で IPv6 を扱う
## 結論
inet6 で open した SOcket で IPv4 に対して送信したいときは IPv4-mapped-address に変換してから送らないと行けない
- send の時は IPv4/IPv6 判断できないから IPv4-mapped-address を利用し IPv6 に統一する
- recv の時はなぜか IPv4/IPv6 判断できるので IPv4 は 4 tuple で IPv6 は 8 tuple でくる
## 検証
View letsencrypt_2016.md

How to setup Let's Encrypt for Nginx on Ubuntu 16.04 (including IPv6, HTTP/2 and A+ SLL rating)

There are two modes when you don't want Certbot to edit your configuration:

  • Standalone: replaces the webserver to respond to ACME challenges
  • Webroot: needs your webserver to serve challenges from a known folder.

Webroot is better because it doesn't need to replace Nginx (to bind to port 80) to renew certificates.

In the following, we're setting up mydomain.com to be served from /var/www/mydomain, and challenges will be served from /var/www/letsencrypt.

View arm_server.md

ARM64 サーバで Erlang/OTP を動かしてみた

Packet.co.jp

root@shiguredo:~# uname -a
Linux shiguredo.local.lan 4.4.0-38-generic #57-Ubuntu SMP Wed Sep 7 10:19:14 UTC 2016 aarch64 aarch64 aarch64 GNU/Linux
View edge sdp
v=0
o=- 7781792572508607224 0 IN IP4 127.0.0.1
s=-
t=0 0
a=msid-semantic: WMS 7C3211BA-F208-4ED6-AB73-54EC12C9675D
a=group:BUNDLE video_63652799694_eNGguFYp
m=video 9 UDP/TLS/RTP/SAVPF 120
c=IN IP4 0.0.0.0
a=rtpmap:120 VP8/90000
a=fmtp:120 packetization-mode=1;mst-mode=NI-TC
View sora.rst
View cowboy.md