Skip to content

Embed URL

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with
or
.
Download ZIP
%!TEX TS-program = xelatex
\documentclass[24pt]{letter}
\usepackage{xeCJK}
\usepackage{ruby}
\setCJKmainfont{Hiragino Kaku Gothic ProN}
\usepackage{setspace}
%\doublespace
%
\usepackage[margin=0.2in]{geometry}
%%
\makeatletter
\newcommand{\defaultrubysep}{0.25ex}
\renewcommand{\rubysep}{\defaultrubysep}
\newcommand{\english}{}
\renewcommand{\english}{-3.2ex}
\newcommand{\eruby}[3]{%
\ruby{#1}{#2}\renewcommand{\rubysep}{\english}%
\hspace*{-\@tempdimb}%
\ruby{\phantom{#1}}{#3}\renewcommand{\rubysep}{\defaultrubysep}%
}
\makeatother
%%
\pagestyle{empty}
\begin{document}
たんぼの \eruby{畦道}{あぜみち}{footpath}に、\eruby{タンポポ}{tanpopo}{dandelion}が さいて いました。
あまい においの する まっきいろな 花です。
そこへ ひらひらと 白い \eruby{チョウチョ}{chocho}{butterfly}が あそびに きて、「タンポポさん、あなたは はろの ブローチね。」 と いいました。
白い チョウに そう いわれると、 「ほんとうに そう 見えて。」 と、 タンポポも うれしく なりました。
今度は、ヒバリが あそびに きて、「タンポポさん、 あなたは のはらの おほしさまみたい。」 といいました。
ヒバリに こう いわれると、 「まあ、 おほしさまだなんで。」 と うれしく なりました。
\end{document}
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
Something went wrong with that request. Please try again.