Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

@wakita
Created Apr 28, 2015
Embed
What would you like to do?
Windows+MinGW+CMakeでの開発に必須
"c:\Program Files (x86)\CMake\bin\cmake.exe" -G"MinGW Makefiles" -H. -B%builddir%
set MINGW=c:\mingw\mingw64\bin
set CC=%MINGW%\gcc
set CXX=%MINGW%\g++
:: set CMAKE_CXX_COMPILER=%CXX%
set srcdir=%CD%
set builddir=%HOME%\build\%srcdir:*Dropbox (smartnova)\=%
PATH %builddir%;%PATH%
mingw32-make -C %builddir%
@wakita

This comment has been minimized.

Copy link
Owner Author

@wakita wakita commented Apr 28, 2015

これらのファイルを %DROPBOX%\win\bin あたりに保存し,もちろんこのフォルダに PATH を通しておけば,CMake を使った開発が簡単になります.

cmake.bat と make.bat はそれぞれ本物の cmake と mingw32-make のラッパです.%DROPBOX%\win\bin は PATH の先頭の方に配置しておかないと正しく動作しません.

  1. 開発用のソースのディレクトリに移動して,まずは confdir コマンドを実行.これでさまざまな環境変数が設定されます.
  2. CMake の設定ができたら,cmake コマンドを実行.%HOME%\build 以下に適宜,ビルド用のディレクトリを作成します.
  3. make コマンドを実行してビルド.
  4. ビルドに成功したら,生成した実行ファイル名で実行できます.ビルドディレクトリを PATH に通してありますので.
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment