Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

yamacraft yamacraft

Block or report user

Report or block yamacraft

Hide content and notifications from this user.

Learn more about blocking users

Contact Support about this user’s behavior.

Learn more about reporting abuse

Report abuse
View GitHub Profile
@yamacraft
yamacraft / .firebaserc
Last active Nov 7, 2017
FirebaseプロジェクトのDeployをDockerにさせるための備忘録
View .firebaserc
{
"projects": {
"release": "releaseプロジェクトID",
"develop": "developプロジェクトID"
}
}
@yamacraft
yamacraft / README.md
Last active Nov 7, 2017
OpenSSLの暗号化と復号化をDockerで行う
View README.md

OpenSSLの暗号化と復号化をDockerで行う

Shibuya.apk #19にてOpenSSLのバージョン違いによる復号化の失敗談を共有しました。

そのときにふと「暗号化、復号化もDockerでやればよいのでは?」と思ったので、試しに作ってみました。

解説

ファイル 内容
@yamacraft
yamacraft / Otemachi-Firebase-memo.md
Created Jun 28, 2017
Firebase Realtime Databaseでいろいろやろうとしたときの悩みどころ
View Otemachi-Firebase-memo.md

Otemachi Firebase #2 - connpass

先日の6/23に開催されたOtemachi Firebase #2での懇親会で話した内容を、自分なりにまとめた内容になります。

背景

現在、プライベートで「YoroOne - 商業マンガ作品宣伝ツイートまとめ」というWebサービスの企画・開発・運営を行っています。こちらはTwitter上のマンガ家さんの宣伝ツイートをまとめて見るというキュレーション系のサービスで、現在はサイトをHostingで公開し、データはRealtime Databaseを使っています。将来的にはCloud Function、Authenticationの利用も考えているのでFirebaseにどっぷり浸かった構成になっています。ある程度開発が安定してきたら次のFirebase勉強会のネタにもする予定です。 (アプリ、というかAndroid版の開発はWebの開発が落ち着くまで待機)

悩みどころ

@yamacraft
yamacraft / Authentication.md
Last active Jun 22, 2017
2017-06-23 Otemachi Firebase #2 サンプルコード集
View Authentication.md

現在はFirebaseのサンプルをそのまま使っているので特に解説できることはない…。 https://github.com/firebase/quickstart-android/blob/master/auth/app/src/main/java/com/google/firebase/quickstart/auth/GoogleSignInActivity.java

Authenticationはあくまでも「認証後のtokenなどの情報を代わりに保管してくれる」機能の提供。認証そのものは自前で用意する必要がある(もしくはFirebase-UIを使うという手もある)。 今回は簡易的なUIで認証処理を用意したかったこともあり、Firebase-UIでは実装していない。

認証後はインスタンスを生成した時点で認証情報が取得できている。

mAuth = FirebaseAuth.getInstance();
@yamacraft
yamacraft / GoogleIO2017-Day1-GoogleKeynote-memo.md
Last active May 18, 2017
Google I/O 2017 Day1 個人的メモ
View GoogleIO2017-Day1-GoogleKeynote-memo.md

Google Keynote

まとめ

  • Kotlinが正式サポートされたので、そろそろ業務で使いはじめて良いタイミングになったと思った
    • とはいえ、全てをKotlin化するのはちょっと怖いなあという印象、あくまで個人的印象
  • Google Homeがようやう日本発売するので嬉しい
  • AI周り(特に今回は画像認識系)の進化は未来感がある
  • Youtubeが怖いぐらいに現実的な機能拡張の話しかなかった印象がある
  • Android O周りの細かい話はDeveloper Keynote待ちかなあ
@yamacraft
yamacraft / 2017-03-09-droidkaigi2017.md
Created Mar 13, 2017
DroidKaigi 2017 参加メモ
View 2017-03-09-droidkaigi2017.md

DroidKaigi 2017 参加メモ

カンファレンス情報

  • 開催日時:2017年3月9日〜10日
  • 開催場所:ベルサール新宿グランド5F コンファレンスセンター
  • URL:DroidKaigi 2017

当日のメモ

@yamacraft
yamacraft / genkey.md
Created Feb 10, 2017
Androidとかで使う証明書鍵をコマンドラインで生成する
View genkey.md

作成

$ keytool -genkey -v -keystore keystorename -alias io.github.yamacraft.key.sample -validity 36500
キーストアのパスワードを入力してください:
新規パスワードを再入力してください:
姓名は何ですか。
  [Unknown]:  Wataru Yamada
組織単位名は何ですか。
  [Unknown]:  app team
組織名は何ですか。
@yamacraft
yamacraft / update.md
Created Feb 1, 2017
怪文書(macの各種の定期アップデート)
View update.md

nvm、node.js、npm関連

$ nvm --version

$ cd ~/.nvm
$ git pull origin master
$ source ~/.nvm/nvm.sh
$ nvm --version
@yamacraft
yamacraft / Firebase-Admin-NodeJs.md
Last active Feb 5, 2019
node.jsからサービスアカウント使ってFirebaseへ接続する時のメモ
View Firebase-Admin-NodeJs.md

検索ワード:Firebase Auth サービスアカウント nodejs

(注意)日本語版の情報は既に少し古い

下準備

サービスアカウントの作成

  1. Firebaseコンソールサイト>歯車>権限 でGoogle APIコンソールっぽい管理画面へ。
  2. サービスアカウント>サービスアカウントを作成をクリックしてアカウントを作成
@yamacraft
yamacraft / firebase-analytics-memo.md
Last active Mar 2, 2018
Firebase Analyticsの調査メモ
View firebase-analytics-memo.md

Firebase Analytics調査メモ

Firebase Analyticsの動作をいろいろ調べてわかったことなどをメモしていく。 特に注釈が無いものはAndroid上で動作確認したもの。

言葉の定義

  • デフォルトイベント(デフォルトパラメータ)
    • Firebase Analyticsが用意してくれているイベントやパラメータのこと。 FirebaseAnalytics.Event.*FirebaseAnalytics.Param.* のこと。
  • カスタムイベント(カスタムパラメータ)
You can’t perform that action at this time.