Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

What would you like to do?
Ruby Twitter Gem cheat sheet (ja) v2.1.0
Ruby Twitter Gemの簡易リファレンス(というかメモ)です。内容はバージョン2.1.0に準拠しています。
{{toc_here}}
! インストール
$ gem install twitter -v=2.1.0
(環境によっては sudo gem ~)
! 概要
* 公式サイト:https://github.com/jnunemaker/twitter
* ドキュメント:http://rubydoc.info/gems/twitter/2.1.0/frames
使い方はこんな感じ。
<<<
require 'rubygems' # ←Ruby 1.9では不要
require 'twitter'
require 'pp'
pp Twitter.user("shuzo_matsuoka")
>>>
:ちなみに:RailsでTwitterアプリを作る場合は、これじゃなくて、twitter-authというプラグインを使うのがお手軽です。
* http://github.com/mbleigh/twitter-auth
* http://kray.jp/blog/twitter_service_in_1hours/
あとはOmniAuth + Twitterとか?
! ログインが要らない操作
public_timelineの取得
Twitter.public_timeline
あるユーザの情報を取得
Twitter.user("yhara")
あるユーザのフォロワーを取得
Twitter.follower_ids("yhara")
あるユーザのフォローを取得
Twitter.friend_ids("yhara")
あるユーザのタイムラインを取得 (※発言が非公開のときは要ログイン)
Twitter.user_timeline("yhara")
あるリストのタイムラインを取得
Twitter.list_timeline("リストの作者名", "リスト名")
などなど…
! ログインが必要な操作
プログラムからTwitterにログインするには、アプリ登録が必要です。
!! ステップ1:アプリをTwitterに登録する
# 公式サイトを用意する{{fn "無理なら、自分のTwitterページなど、最低限作者と連絡が取れるもの"}}
# http://dev.twitter.com/apps/new を開く
## アプリ名を入力
## 概要を10文字以上入力
## サイトのURLを入力
# 登録後、「Consumer key」と「Consumer secret」をメモる (他人に見せないように) {{fn "他人に知られると、あなたのアプリ名で迷惑行為を行われる恐れがある。万一漏れてしまった場合は、この画面からkey/secretをリセットすることができる"}}
# 必要であれば、Settingsタブから権限を変更する
## デフォルトは「Read only」(投稿不可)
## 「Read and Write」なら投稿も可能 (DMの読み書きは不可)
## 「Read, Write and Access direct messages」ならDMへのアクセスも可能
ここまでで、アプリの登録は終了です。お疲れさまでした。
!! ステップ2:access tokenを取得する
アプリが登録できたら、次はaccess tokenの取得です。access tokenは、「このアプリ専用のログインパスワード」みたいなものです。アプリごとにパスワードが違うので、セキュリティ的により安心というわけです{{fn "ユーザの判断でアプリ連携を削除できたり。"}}。
Twitterクライアントを作る場合は、プログラムを書いてaccess tokenを取得するわけですけど、botとか作る場合はログインするのは自分だけですし、
何回もやるのは面倒なので、https://github.com/jugyo/get-twitter-oauth-token みたいにコマンド一発でできるやつとか、簡略化してる人がいます。
筆者も[[atoken4me|https://github.com/yhara/atoken4me]]というWebベースのを作って使っています。使い方は以下のような感じです。
# http://atoken4me.heroku.com/ を開きます
# ステップ1で手に入れたConsumer keyとConsumer secretを入力します
# 表示されたURLを新しいウィンドウで開きます
# 「承認しますか?」というおなじみの画面が出るので、OKするとPINナンバーがもらえます
# 元の画面に戻って、PINナンバーを入力すると、access tokenが表示されます。
!! ステップ3:atokenを使ってログインする
<<<
require 'twitter'
require 'pp'
# ログイン
Twitter.configure do |config|
config.consumer_key = 'アプリのatoken'
config.consumer_secret = 'アプリのsecret'
config.oauth_token = 'ユーザのatoken'
config.oauth_token_secret = 'ユーザのsecret'
end
#自分のタイムラインの取得
pp Twitter.home_timeline
#自分宛てのReplyの取得
# pp Twitter.mentions
#自分宛てのDMの取得
# pp Twitter.direct_messages
#発言する
# Twitter.update("テストです。")
>>>
! メソッド一覧
以下、間違ってるかも知れないのでうまく動かなかったら http://rdoc.info/gems/twitter/2.1.0/Twitter/Client を参照してください。
!! 基本
!!! ユーザ
Twitter::Client::Usersモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.user(user, options={}) あるユーザを返す
** userを省略すると「自分自身」を指定したことになります(以下、userを引数にとるメソッドはいずれも同じ)
* Twitter.user?(user, options={}) ユーザが存在するかどうかを返す
** user: 文字列または数値(ID)
* Twitter.user_search(query, options={}) ユーザを検索
** query: 文字列
* Twitter.profile_image() 自分のプロファイル画像
* Twitter.profile_image(screen_name, options={}) プロファイル画像
* Twitter.users(*users, options={}) 複数のユーザを一括で取得
* Twitter.contributors コントリビューター{{fn "1アカウントに複数ユーザで投稿できるビジネス向け機能"}}
* Twitter.contributees
* Twitter.recommendations おすすめユーザー
!!! ツイート・リツイート
Twitter::Client::Tweetsモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.status(id, options={}) あるツイートの情報を取得
* Twitter.status_destroy(id, options={}) 発言を削除
* Twitter.update(status, options={}) 発言する
** status: 文字列
* Twitter.update_with_media(status, media, options={}) 画像付きで発言する
** status: 文字列
** media: Fileクラスのオブジェクト(例:File.open("a.jpg"))
* Twitter.retweet(id, options={}) RTする
* Twitter.retweets(id, options={}) あるツイートへのリツイートを取得
* Twitter.retweeters_of(id, options={}) あるツイートをRTした人たち
* Twitter.oembed
!!! タイムライン(ツイートやリツイートの一覧取得)
Twitter::Client::Timelinesモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.home_timeline(options={}) 自分のタイムラインを取得
* Twitter.user_timeline(user, options={}) あるユーザの最近のツイートを取得
* Twitter.media_timeline(user, options={}) あるユーザの最近の画像つきツイートを取得
* Twitter.public_timeline(options={}) 全世界の最近のツイートを取得
* Twitter.network_timeline ?
* Twitter.mentions(options={}) メンション(@xxx)を取得
* Twitter.retweeted_by(user, options={}) あるユーザの最近のリツイートを取得
* Twitter.retweeted_to(user, options={}) あるユーザへの最近のリツイートを取得
* Twitter.retweets_of_me(options={}) 最近リツイートされた自分の発言を取得
!!! フォロー・フォロワー
Twitter::Client::FriendsAndFollowersモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.follow(user, options={}) ユーザuserをフォローする
* Twitter.unfollow(user, options={}) ユーザuserをリムーブする
* Twitter.follower_ids(user, options={}) あるユーザをフォローしているユーザ一覧
* Twitter.friend_ids(user, options={}) あるユーザのフォローしているユーザ一覧
* Twitter.friendship(source, target, options={}) ユーザsourceとユーザtargetの間の関係(DMを送れるかなど)
* Twitter.friendships(*users, options={})
* Twitter.friendship?(user_a, user_b, options={}) ユーザAがユーザBをフォローしているか
* Twitter.friendship_update(user, options={}) ユーザuserからのRTの表示設定等を切り替える
* Twitter.no_retweet_ids(options={}) 自分がRTを表示しない設定にしているユーザの一覧
鍵つきユーザのフォローリクエスト関連
* Twitter.accept
* Twitter.deny
* Twitter.friendships_incoming
* Twitter.friendships_outgoing
!!! お気に入り(fav)
Twitter::Client::Favoritesモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.favorites(user, options={}) あるユーザのfav一覧
* Twitter.favorite(id, options={}) favる
* Twitter.unfavorite(id, options={}) favを取り消す
!! ダイレクトメッセージ(DM)
ダイレクトメッセージは安全のため、アプリ登録のSettingsで
Application Typeを「Read, Write and Access direct messages」にしないと
アクセスできないようになっています。
Twitter::Client::DirectMessagesモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.direct_messages(options={}) 受信したDM
* Twitter.direct_messages_sent(options={}) 送信したDM
* Twitter.direct_message_create(user, text, options={}) DMを送信
* Twitter.direct_message_destroy(id, options={}) DMを削除
* Twitter.direct_message(id, options={}) あるDMの情報
!! 応用
!!! リスト
Twitter::Client::Listsモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.list
* Twitter.list_add_member
* Twitter.list_add_members
* Twitter.list_create
* Twitter.list_destroy
* Twitter.list_member?
* Twitter.list_members
* Twitter.list_remove_member
* Twitter.list_subscribe
* Twitter.list_subscriber?
* Twitter.list_subscribers
* Twitter.list_timeline
* Twitter.list_unsubscribe
* Twitter.list_update
* Twitter.lists
* Twitter.lists_subscribed_to
* Twitter.memberships
* Twitter.subscriptions
!!! ブロック
Twitter::Client::Blockモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.block
* Twitter.block?
* Twitter.blocked_ids
* Twitter.blocking
* Twitter.unblock
!!! アクティビティ
Twitter::Client::Activityモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.activity_about_me
* Twitter.activity_by_friends
!!! アカウント
Twitter::Client::Accountsモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.end_session
* Twitter.rate_limit_status
* Twitter.settings
* Twitter.update_delivery_device
* Twitter.update_profile
* Twitter.update_profile_background_image
* Twitter.update_profile_colors
* Twitter.update_profile_image
* Twitter.verify_credentials
!!! 検索、検索メモ
Twitter::Client::Searchモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.images
* Twitter.phoenix_search
* Twitter.search
* Twitter.videos
Twitter::Client::SavedSearchesモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.saved_search
* Twitter.saved_search_create
* Twitter.saved_search_destroy
* Twitter.saved_searches
!!! おすすめユーザ
Twitter::Client::SuggestedUsersモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.suggest_users
* Twitter.suggestions
!!! トレンド
Twitter::Client::Trendsモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.trends_daily
* Twitter.trends_weekly
Twitter::Client::LocalTrendsモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.local_trends
* Twitter.trend_locations
!! その他
Twitter::Client::SpamReportingモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.report_spam
Twitter::Client::PlacesAndGeoモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.place
* Twitter.place_create
* Twitter.places_nearby
* Twitter.places_similar
* Twitter.reverse_geocode
Twitter::Client::Notificationモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.disable_notifications
* Twitter.enable_notifications
Twitter::Client::Requestモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.delete
* Twitter.get
* Twitter.post
Twitter::Client::Authenticatableモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.credentials
* Twitter.credentials?
Twitter::Client::Urlsモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.resolve
Twitter::Client::Legalモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.privacy
* Twitter.tos
Twitter::Client::Helpモジュールで定義されているメソッド
* Twitter.configuration
* Twitter.languages
!! 備考
!!! 「ユーザ」について
Twitter gemのAPIには、ユーザを引数にとるものが多くあります。例えば:
* Twitter.retweeted_by(user, options={}) あるユーザの最近のリツイートを取得
(1) このとき、userにはユーザ名(文字列)かユーザID(数値)が指定できます。
(2) 対象ユーザが鍵付きアカウントだった場合は、アプリ登録+ログインしていないとエラーになります。
(3) userを省略すると「自分自身」が指定されたものと見なされます(ログイン時)
* Twitter.retweeted_by #=> 自分が最近したリツイートを取得
!!! オプションについて
Twitter gemのAPIには、オプションを引数にとるものが多くあります。例えば:
* Twitter.retweeted_by(user, options={}) あるユーザの最近のリツイートを取得
(1) optionsは単に省略できます。省略すると{}が指定されたことになります。
(2) optionsを与えることで、取得最大件数などが指定できます。
* Twitter.retweeted_by(:count => 5) # 最近のRTを5件取得
(3) 指定できるオプションはメソッドごとに違うので、[[公式リファレンス|http://rubydoc.info/gems/twitter/2.1.0/frames]]を参照してください。
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment