Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?

電源を入れたときにtty1を自動ログインする設定あれこれ集.md

CentOS

CentOS7 (systemd)

次のコマンドを実行

$ sudo systemctl edit getty@tty1

エディタが起動するので、次の内容を設定する。

[Service]
ExecStart=
ExecStart=-/usr/sbin/agetty --autologin 自動ログインするユーザ名 --noclear %I 38400 linux

この操作を行うと以下のファイルが作成される。

  • /etc/systemd/system/getty@tty1.service.d/override.conf

設定後はリブートして動作確認すること。

Debian

Debian 8以降(systemd)

参考

getty@tty1.service.dというディレクトリを作成し、その中にautologin.confファイルを作成。

$ sudo mkdir /etc/systemd/system/getty@tty1.service.d
$ sudo vi /etc/systemd/system/getty@tty1.service.d/autologin.conf

以下の内容を記述

[Service]
ExecStart=
ExecStart=-/sbin/agetty --autologin 自動ログインするユーザ名 --noclear %I 38400 linux

設定後はリブートして動作確認すること。

Debian 7以前 (inittab)

まずmingettyをインストール

$ sudo apt-get install mingetty

次に、mingettyを使ってautologinを有効にする

$ sudo vi /etc/inittab

1:2345:respawn:/sbin/getty 38400 tty1

            ↓次のように変更

1:2345:respawn:/sbin/mingetty --autologin 自動ログインするユーザ名 --noclear tty1

設定後はリブートして動作確認すること。

Ubuntu

Ubuntu 15.04以降 (systemd)

参考

$ sudo systemctl edit getty@tty1

次の内容を記述

[Service]
ExecStart=
ExecStart=-/sbin/agetty --autologin 自動ログインするユーザ名 --noclear %I 38400 linux

これを設定すると、 /etc/systemd/system/getty@tty1.service.d/override.conf に設定ファイルが作成される。

Ubuntu 14.10まで(upstart)

まずmingettyをインストール $ sudo apt-get install migetty

/etc/init/tty1.confを編集する。

$ sudo vi /etc/init/tty1.conf

exec /sbin/getty -8 38400 tty1

exec /sbin/mingetty --autologin root --noclear tty1

に書き換え。設定後はリブートして動作確認すること。

FreeBSD

参考

(1) /etc/gettytabに次の2行を追加する

# for autologin
autologin:\
    :al=root:tc=Pc:
  • :alの前はtabなので注意
  • al=rootの設定は、自動ログインするユーザを指定する部分。root以外にすると任意のユーザに変更可能

(2) /etc/ttysのttyv2の設定を次のように変更する

ttyv2   "/usr/libexec/getty autologin"  xterm   on  secure

Raspberry Pi

JESSIE以降 (systemd)

tty1~6の場合

$ sudo mkdir -p /etc/systemd/system/getty@tty1.service.d/
$ sudo vi /etc/systemd/system/getty@tty1.service.d/autologin.conf

※以下の内容を記述
[Service]
ExecStart=
ExecStart=-/sbin/agetty --autologin pi --noclear %I 38400 linux

ttyAMA0の場合

$ sudo mkdir -p /etc/systemd/system/serial-getty@ttyAMA0.service.d/
$ sudo vi /etc/systemd/system/serial-getty@ttyAMA0.service.d/autologin.conf
[Service]
ExecStart=
ExecStart=-/sbin/agetty --autologin pi --noclear %I 115200,38400,9600 vt102

Raspberry Pi3でttyAMA0を使うときに設定する必要がある項目

Raspberry Pi3の場合、Bluetoothが搭載されている関係で従来のserial0ピンがデフォルトでは使えない。ttyAMA0のシリアルコンソールを使うためには以下の設定が必要なので注意。

$ sudo vi /boot/config.txt

※以下の行を設定ファイルの末尾に追加する
dtoverlay=pi3-miniuart-bt

参考

JESSIE以前

tty1~6の場合

設定方法はDebian 7以前 (inittab)と同じ。

$ sudo apt-get install mingetty
$ sudo vi /etc/inittab

1:2345:respawn:/sbin/getty 38400 tty1

            ↓次のように変更

1:2345:respawn:/sbin/mingetty -autologin 自動ログインするユーザ名 --noclear tty1

ttyAMA0の場合

/dev/ttyAMA0はP1 Headerから出ているUART。

$ sudo vi /etc/inittab
T0:23:respawn:/sbin/getty -L ttyAMA0 115200 vt100

            ↓次のように変更

T0:23:respawn:/sbin/agetty --autologin 自動ログインするユーザ名 -s ttyAMA0 115200,9600 vt100

P1 HeaderのTX,RX,GNDなどのピン位置は、以下サイト参照。

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment