Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

What would you like to do?
コンストラクタを API として考えると辛い例
# REMOTE_ADDR でアクセス制限を行う Rack Middleware
# IP リストがベタ書きになっていて差し替えが難しい
class AuthenticationMiddleware
def initialize(app)
@app = app
end
def call(env)
if (env['REMOTE_ADDR'].include? ['127.0.0.1'])
@app.call(env)
else
# なんかエラー返す
end
end
end
# REMOTE_ADDR でアクセス制限を行う Rack Middleware
# 許可 IP は何かしらの方法で外から取ってくる
# acl_fetcher の差し替えができないのでスタブを使ったテストができない
class AuthenticationMiddleware
def initialize(app)
@app = app
end
def call(env)
acl_fetcher = AclFetcher.new
acl = acl_fatcher.fetch
if (env['REMOTE_ADDR'].include? acl)
@app.call(env)
else
# なんかエラー返す
end
end
end
# Rack Middleware が例えばこんな API だったら...
# ミドルウェアとして Builder とかに渡すのはオブジェクトということにしてしまえば
# コンストラクタ引数は好きに変えられるので、依存オブジェクトが増えても対応できる
class AuthenticationMiddleware
# コンストラクタには依存オブジェクトを渡す
def initialize(acl_fetcher)
@acl_fetcher = acl_fetcher
end
# 今までコンストラクタでやってきたことをこっちでやるようにする
# こちらは変わりようの無い API という扱い
def wrap(app)
@app = app
end
def call(env)
acl_fetcher = AclFetcher.new
acl = acl_fatcher.fetch
if (env['REMOTE_ADDR'].include? acl)
@app.call(env)
else
# なんかエラー返す
end
end
end
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment