Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

@Hamayama Hamayama/SDL2_Install.md
Last active Nov 22, 2018

Embed
What would you like to do?
MinGW 用の SDL2 インストール手順 メモ

MinGW 用の SDL2 インストール手順 メモ

  • 自分がインストールしたとき(2016年12月~2018年7月)の参考用のメモです。
    (情報が古くなっている可能性があります)
  1. MinGW のインストール
    事前に MinGW がインストールされている必要があります。
    以下のページを参考に、インストールを実施ください。
    <開発環境に MinGW (32bit) を使う場合>
    https://gist.github.com/Hamayama/362f2eb14ae26d971ca4
    <開発環境に MSYS2/MinGW-w64 (64bit/32bit) を使う場合>
    https://gist.github.com/Hamayama/eb4b4824ada3ac71beee0c9bb5fa546d
    (すでにインストール済みであれば本手順は不要です)

  2. SDL2のダウンロード
    http://www.libsdl.org/
    から SDL 2.0 のダウンロードページへ行き、Development Libraries の MinGW 用のファイル
    SDL2-devel-2.0.8-mingw.tar.gz
    をダウンロードします。
    (もし 旧バージョンが必要であれば、https://www.libsdl.org/release/ にあります)
    そして、このファイルの中身を作業用フォルダに展開します。
    <MinGW (32bit) 環境の場合>
    コマンドプロンプトを開いて、bash を起動した後、以下のコマンドを実行してください。
    <MSYS2/MinGW-w64 (64bit) 環境の場合>
    プログラムメニューから MSYS2 の MinGW 64bit Shell を起動して、以下のコマンドを実行してください。
    <MSYS2/MinGW-w64 (32bit) 環境の場合>
    プログラムメニューから MSYS2 の MinGW 32bit Shell を起動して、以下のコマンドを実行してください。

      cd /c/work
      tar zxvf SDL2-devel-2.0.8-mingw.tar.gz
    

    (上記は、作業用フォルダを c:\work とした場合です)
    (注意) 作業用フォルダのパスには、空白を入れないようにしてください。
    (注意) ここで Lhaplus 等を使って展開すると、ファイルに読み取り専用属性が付いたままになって、
    3. のインストールに失敗します。この場合には、展開したフォルダのプロパティで、
    読み取り専用属性をすべて外してからインストールするようにしてください(変更をサブフォルダーにも適用する)。
    もし、読み取り専用属性が付いたままインストールしてしまった場合には、
    Permission Denied と表示されるインストール先のファイルをすべて削除してから、
    再度インストールを行ってください。

  3. SDL2のインストール
    MinGW のフォルダにインストールします。
    <MinGW (32bit) 環境の場合>
    コマンドプロンプトを開いて、bash を起動した後、以下のコマンドを実行してください。

      cd /c/work/SDL2-2.0.8
      make install-package arch=i686-w64-mingw32 prefix=/mingw
    

    <MSYS2/MinGW-w64 (64bit) 環境の場合>
    プログラムメニューから MSYS2 の MinGW 64bit Shell を起動して、以下のコマンドを実行してください。

      cd /c/work/SDL2-2.0.8
      make install-package arch=x86_64-w64-mingw32 prefix=/mingw64
    

    <MSYS2/MinGW-w64 (32bit) 環境の場合>
    プログラムメニューから MSYS2 の MinGW 32bit Shell を起動して、以下のコマンドを実行してください。

      cd /c/work/SDL2-2.0.8
      make install-package arch=i686-w64-mingw32 prefix=/mingw32
    

  4. SDL2_mixerのダウンロード
    http://www.libsdl.org/projects/SDL_mixer/
    のページから、Development Libraries の MinGW 用のファイル
    SDL2_mixer-devel-2.0.1-mingw.tar.gz
    をダウンロードします。
    (もし 旧バージョンが必要であれば、https://www.libsdl.org/projects/SDL_mixer/release/ にあります)
    そして、このファイルの中身を作業用フォルダに展開します。
    <MinGW (32bit) 環境の場合>
    コマンドプロンプトを開いて、bash を起動した後、以下のコマンドを実行してください。
    <MSYS2/MinGW-w64 (64bit) 環境の場合>
    プログラムメニューから MSYS2 の MinGW 64bit Shell を起動して、以下のコマンドを実行してください。
    <MSYS2/MinGW-w64 (32bit) 環境の場合>
    プログラムメニューから MSYS2 の MinGW 32bit Shell を起動して、以下のコマンドを実行してください。

      cd /c/work
      tar zxvf SDL2_mixer-devel-2.0.1-mingw.tar.gz
    

    (上記は、作業用フォルダを c:\work とした場合です)
    (注意) 作業用フォルダのパスには、空白を入れないようにしてください。
    (注意) ここで Lhaplus 等を使って展開すると、ファイルに読み取り専用属性が付いたままになって、
    5. のインストールに失敗します。この場合には、展開したフォルダのプロパティで、
    読み取り専用属性をすべて外してからインストールするようにしてください(変更をサブフォルダーにも適用する)。
    もし、読み取り専用属性が付いたままインストールしてしまった場合には、
    Permission Denied と表示されるインストール先のファイルをすべて削除してから、
    再度インストールを行ってください。

  5. SDL2_mixerのインストール
    MinGW のフォルダにインストールします。
    <MinGW (32bit) 環境の場合>
    コマンドプロンプトを開いて、bash を起動した後、以下のコマンドを実行してください。

      cd /c/work/SDL2_mixer-2.0.1
      make install-package arch=i686-w64-mingw32 prefix=/mingw
    

    <MSYS2/MinGW-w64 (64bit) 環境の場合>
    プログラムメニューから MSYS2 の MinGW 64bit Shell を起動して、以下のコマンドを実行してください。

      cd /c/work/SDL2_mixer-2.0.1
      make install-package arch=x86_64-w64-mingw32 prefix=/mingw64
    

    <MSYS2/MinGW-w64 (32bit) 環境の場合>
    プログラムメニューから MSYS2 の MinGW 32bit Shell を起動して、以下のコマンドを実行してください。

      cd /c/work/SDL2_mixer-2.0.1
      make install-package arch=i686-w64-mingw32 prefix=/mingw32
    

  6. SDL2_ttfのダウンロード
    https://www.libsdl.org/projects/SDL_ttf/
    のページから、Development Libraries の MinGW 用のファイル
    SDL2_ttf-devel-2.0.14-mingw.tar.gz
    をダウンロードします。
    (もし 旧バージョンが必要であれば、https://www.libsdl.org/projects/SDL_ttf/release/ にあります)
    そして、このファイルの中身を作業用フォルダに展開します。
    <MinGW (32bit) 環境の場合>
    コマンドプロンプトを開いて、bash を起動した後、以下のコマンドを実行してください。
    <MSYS2/MinGW-w64 (64bit) 環境の場合>
    プログラムメニューから MSYS2 の MinGW 64bit Shell を起動して、以下のコマンドを実行してください。
    <MSYS2/MinGW-w64 (32bit) 環境の場合>
    プログラムメニューから MSYS2 の MinGW 32bit Shell を起動して、以下のコマンドを実行してください。

      cd /c/work
      tar zxvf SDL2_ttf-devel-2.0.14-mingw.tar.gz
    

    (上記は、作業用フォルダを c:\work とした場合です)
    (注意) 作業用フォルダのパスには、空白を入れないようにしてください。
    (注意) ここで Lhaplus 等を使って展開すると、ファイルに読み取り専用属性が付いたままになって、
    7. のインストールに失敗します。この場合には、展開したフォルダのプロパティで、
    読み取り専用属性をすべて外してからインストールするようにしてください(変更をサブフォルダーにも適用する)。
    もし、読み取り専用属性が付いたままインストールしてしまった場合には、
    Permission Denied と表示されるインストール先のファイルをすべて削除してから、
    再度インストールを行ってください。

  7. SDL2_ttfのインストール
    MinGW のフォルダにインストールします。
    <MinGW (32bit) 環境の場合>
    コマンドプロンプトを開いて、bash を起動した後、以下のコマンドを実行してください。

      cd /c/work/SDL2_ttf-2.0.14
      make install-package arch=i686-w64-mingw32 prefix=/mingw
    

    <MSYS2/MinGW-w64 (64bit) 環境の場合>
    プログラムメニューから MSYS2 の MinGW 64bit Shell を起動して、以下のコマンドを実行してください。

      cd /c/work/SDL2_ttf-2.0.14
      make install-package arch=x86_64-w64-mingw32 prefix=/mingw64
    

    <MSYS2/MinGW-w64 (32bit) 環境の場合>
    プログラムメニューから MSYS2 の MinGW 32bit Shell を起動して、以下のコマンドを実行してください。

      cd /c/work/SDL2_ttf-2.0.14
      make install-package arch=i686-w64-mingw32 prefix=/mingw32
    

(2014-11-28)(2015-5-13)(2015-12-24)(2016-4-17)(2016-12-6)
(2018-2-4)(2018-7-8)

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.