Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
Lem エディタの Windows Terminal 上での実行方法

Lem エディタの Windows Terminal 上での実行方法

  • Windows 環境において、Lem エディタを Windows Terminal 上で実行する方法をまとめたものです。
    (Windows Terminal の実行には、Windows 10 が必要です)

事前準備

  • 事前に、Lem エディタ および Windows Terminal が、適切にインストールされている必要があります。

  • Lem エディタの Windows 上でのインストール手順については、以下のページを参照ください。
    https://gist.github.com/Hamayama/deba598ab70f5d5d6952b51f82793473
    (現状、MSYS2/MinGW-w64 の開発環境が必要です)
    (PDCurses は、改造版 (PDCurses-win10-jp) のインストールが必要です)

  • Windows Terminal については、MS Store からインストールするか、
    https://github.com/microsoft/terminal/releases からインストーラをダウンロードして、
    インストールしてください。

設定

  1. pdcurses.dll に PATH が通っている必要があります。
    (例えば、MSYS2 の c:/msys64/mingw64/bin フォルダにある pdcurses.dll を、
    Roswell のフォルダにコピーする等)

実行

  • Windows Terminal を起動して、以下のように実行します。

    ros -Q -s lem-pdcurses -L sbcl-bin -- %USERPROFILE%\.roswell\bin\lem-ncurses
    

    (※) PowerShell の場合は、先頭に cmd.exe /c を追加してください。

  • または、lem.bat を以下の内容で作成して、Roswell のフォルダ等に入れておけば、lem のみで起動できます。

    ros -Q -s lem-pdcurses -L sbcl-bin -- %USERPROFILE%\.roswell\bin\lem-ncurses %*
    
  • もしくは、lem_winterm.bat を、以下の内容で作成して実行すると、
    Windows Terminal の画面を新しく表示して Lem を起動できます。

    cd %USERPROFILE%
    start wt.exe ros -Q -s lem-pdcurses -L sbcl-bin -- %USERPROFILE%\.roswell\bin\lem-ncurses %*
    

制限事項等

  1. キー入力で、C-v がペーストになってしまうので、スクロールするには、
    PageDown (機種によっては Fn + Down) を使う必要がある。
    → Windows Terminal の設定ファイル (settings.json) 内の
    キーバインドの設定箇所に以下を追加すると、C-v でスクロール可能になる。

         { "command": "unbound", "keys": [ "ctrl+v" ] },
    

    (ペーストは、C-shift-v (または、shift + マウス右クリック) で実行可能)

  2. キー入力で、Alt + 矢印キー が入力できない
    → Windows Terminal で、Pane 機能 (画面分割) 関連の操作キーとなっているため。
    https://github.com/microsoft/terminal/issues/3729
    Windows Terminal の設定ファイル (settings.json) 内の
    キーバインドの設定箇所に以下を追加すると、入力可能になる。

        { "command": "unbound", "keys": [ "alt+down" ] },
        { "command": "unbound", "keys": [ "alt+left" ] },
        { "command": "unbound", "keys": [ "alt+right" ] },
        { "command": "unbound", "keys": [ "alt+up" ] },
        { "command": "unbound", "keys": [ "alt+shift+down" ] },
        { "command": "unbound", "keys": [ "alt+shift+left" ] },
        { "command": "unbound", "keys": [ "alt+shift+right" ] },
        { "command": "unbound", "keys": [ "alt+shift+up" ] },
    
  3. 日本語入力 (IME) の未確定文字列が、画面上に重なって表示される。
    → Windows Terminal の不具合。
    https://github.com/microsoft/terminal/issues/6192

  4. 色が微妙におかしい (水色が黄色になる等)
    → Lem の設定ファイル ( ~/.lem/init.lisp ) に、
    以下のページの color setting の部分をコピーしてください。
    https://gist.github.com/Hamayama/12d5e637fc684e1d7e58e96aad5d0728#file-init-lisp

  5. リサイズしてから、Lem を終了すると、ゴミが表示される。
    その状態で、再度、Lem を起動すると、表示が崩れる。
    (古い画面サイズが、アプリに通知されているもよう)
    → Windows Terminal の不具合。
    https://github.com/microsoft/terminal/issues/7466
    https://github.com/microsoft/terminal/issues/3088

  6. 全角文字の行の折り返し表示がある状態にして、
    画面幅を変更すると、異常終了する。
    → Windows Terminal の不具合。
    https://github.com/microsoft/terminal/issues/9547
    https://github.com/microsoft/terminal/issues/4907

    → これは修正されました。

その他 情報等

(2020-11-3)(2020-11-19)(2021-1-18)(2021-1-22)(2021-4-4)
(2021-4-25)

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment