Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

What would you like to do?
Building QHull with Visual Studio

Building QHull 2012.1 with Visual Studio

Download

  1. QHull 2012.1 for Windows(qhull-2012.1.zip)をダウンロードしてファイルを解凍する。(C:\qhull-2012.1)
    http://www.qhull.org/download/

CMake

  1. 既存のbuildフォルダ(C:\qhull-2012.1\build)を削除する。

  2. ソースコードの入力先とソリューションファイルの出力先を指定する。

    • Where is the source code: C:\qhull-2012.1
    • Where is build the binaries: C:\qhull-2012.1\build
  3. [Configure]を押してターゲットとなるVisual Studioを選択する。

  4. 各種設定を行う。

    • CMAKE_CONFIGURATION_TYPES Debug;Release
    • CMAKE_INSTALL_PREFIX C:\Program Files\qhull (or C:\Program Files (x86)\qhull)
  5. [Add Entry]を押して以下の設定を追加する。

    Name: CMAKE_DEBUG_POSTFIX
    Type: STRING
    Value: _d
    Description:
    * Debugビルドの生成ファイルのファイル名(最後尾)に付加する文字列。
  6. [Generate]を押してソリューションファイルを出力する。

Build

  1. Visual Studioを管理者権限で起動してQHullのソリューションファイル(C:\qhull-2012.1\build\qhull.sln)を開く。
    (Visual Studioを管理者権限で起動しないとINSTALLが失敗する。)

  2. プロジェクトの設定を修正する。(libqhull, user_eg2)

    1. libqhullプロジェクト, user_eg2プロジェクトのプロパティを開く。
    2. 構成のプルダウンメニューを「すべての構成」に変更する。
    3. [構成プロパティ]>[C/C++]>[詳細設定]のコンパイル言語の選択を「C++コードとしてコンパイル(/TP)」に設定する。
    4. [適用]を押してプロジェクトの設定に変更を反映する。
  3. QHullをビルドする。(ALL_BUILD)

    1. ソリューションの構成(Debug, Release)を設定する。
    2. ソリューションエクスプローラーからALL_BUILDプロジェクトを選択する。
    3. [ビルド]>[ソリューションのビルド]を押してQHullをビルドする。
  4. QHullをインストールする。(INSTALL)

    1. ソリューションエクスプローラーからINSTALLプロジェクトを選択する。
    2. [ビルド]>[プロジェクトのみ]>[INSTALLのみをビルド]を押してQHullをインストールする。
      CMAKE_INSTALL_PREFIXで指定した出力先へ必要なファイルがコピーされる。

Environment Variable

  1. 環境変数QHULL_ROOTを作成してQHullのパス(C:\Program Files\qhull)を設定する。

Building QHull 2015.2 with Visual Studio

Download

  1. QHull 2015.2 for Windows(qhull-2015.2.zip)をダウンロードしてファイルを解凍する。(C:\qhull-2015.2)
    http://www.qhull.org/download/

CMake

  1. 既存のbuildフォルダ(C:\qhull-2015.2\build)を削除する。

  2. ソースコードの入力先とソリューションファイルの出力先を指定する。

    • Where is the source code: C:\qhull-2015.2
    • Where is build the binaries: C:\qhull-2015.2\build
  3. [Configure]を押してターゲットとなるVisual Studioを選択する。

  4. 各種設定を行う。

    • CMAKE_CONFIGURATION_TYPES Debug;Release
    • CMAKE_INSTALL_PREFIX C:\Program Files\qhull (or C:\Program Files (x86)\qhull)
  5. [Add Entry]を押して以下の設定を追加する。

    Name: CMAKE_DEBUG_POSTFIX
    Type: STRING
    Value: _d
    Description:
    * Debugビルドの生成ファイルのファイル名(最後尾)に付加する文字列。
  6. [Generate]を押してソリューションファイルを出力する。

Build

  1. Visual Studioを管理者権限で起動してQHullのソリューションファイル(C:\qhull-2015.2\build\qhull.sln)を開く。
    (Visual Studioを管理者権限で起動しないとINSTALLが失敗する。)

  2. QHullをビルドする。(ALL_BUILD)

    1. ソリューションの構成(Debug, Release)を設定する。
    2. ソリューションエクスプローラーからALL_BUILDプロジェクトを選択する。
    3. [ビルド]>[ソリューションのビルド]を押してQHullをビルドする。
  3. QHullをインストールする。(INSTALL)

    1. ソリューションエクスプローラーからINSTALLプロジェクトを選択する。
    2. [ビルド]>[プロジェクトのみ]>[INSTALLのみをビルド]を押してQHullをインストールする。
      CMAKE_INSTALL_PREFIXで指定した出力先へ必要なファイルがコピーされる。

Environment Variable

  1. 環境変数QHULL_ROOTを作成してQHullのパス(C:\Program Files\qhull)を設定する。
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment