Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
◆ II 型
・ keves「当然の」
・ vomac「いつもの」, qodfol「いつもと違う」
・ padit「あり得る」
・ nalef「自然な」
・ yâl「問題ない」
・ yát「真実の」
・ rafef「簡単な」, dozeg「難しい」
・ vip「もう」
・ vop「再び」
・ mez「まだ」
* nis+ と合成されたもの
・ niszaz「驚くべき」
* 文頭副詞のようなもの
・ téc「まず」
・ tiqol「さて」
・ zedek「とにかく」
・ cavas「さらに」
* 頻度を表すもの
・ vák
・ lof
・ têl
・ depeq
・ dum
* 確率を表すもの
・ kôk
・ sol
・ cêl
・ docit
・ dûg
◆ II+ 型
・ sas「良い」, bûd「悪い」
・ tufil「珍しい」
◆ III 型
・ zèt「強く」, fisif「弱く」
・ tîv「素早く」, lôm「遅く」
・ vit「速く」, mêl「遅く」
・ gicaz「激しく」, fimer「穏やかに」
・ yesac「上手に」, sibut「下手に」
・ lov「ずっと」
・ lôx「永遠に」
・ tudkol「突然」, bâl「突然」, bazis「突然」
・ これは II 型とすることもできるが「突然の雨」などと言えるように III 型にしておくのが良さそう
・ tudcat「予期せず」, cafêd「偶然」
・ これも II 型とすることもできるが上と同様の理由で III 型に
◆ III+ 型
・ kòq「安定した」
◆ IV 型
・ cazec「真剣に」
・ càszocèt「自慢げに」
* 性格と密接に関わるもの (性格を表現する場合は別の単語を形容詞として使う)
・ siref「おとなしく」
・ dalaz「元気に」
・ femis「素直に」
・ fistir「頼りなげに」, kelzef「頼もしそうに」
kezel は形容詞として「(ie 句のものが) 上手な」を意味し、副詞としては「上手に」を意味していた。
今回の改定に伴い、この副詞の意味は別の単語の yesac が担うことにし、 kezel は形容詞として「上手な」という人の特徴を表すのみにした。
もともとは yesac は形容詞として作品を修飾して「上手に作られた」という意味だったが、この形容詞の意味は yesac が III 型だとすれば矛盾しない。
◆ V 型
・ haves「自由に」
・ halfet「はためかせる, ヒラヒラと」
* 性格と密接に関わるもの (こっちにもいくつかありそう)
・ kebiq「落ち着いて」
* 感情動詞
・ rahas「楽しい, 楽しげに」
・ dod「悲しい, 悲しげに」
・ それ以外にもいろいろ
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment