Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
Simpleは結果である

Simpleは結果である

オープンドルフィン・ラボ 皆川 和史

表題はAppleのデザイナー、ジョナサンアイブの言葉である。

OpenDolphinはよくSimpleだと評価される。これは機能が少ないことの裏返しと言う人がいる。このことは真でもあり偽でもある。

一般に電子カルテに対する要望は、

  • 病院の数 x 診療科の数 x 医師の数

だけあるとされる。これを業務型のインターフェイス(ボタン、コンボボックス、テキストボックス、メニュー...等々の組み合わせ)で実装するのは極めて難しい。

これに対しOpenDolphinは、

  • 知的作業者に優しいインターフェイスはどうあるべきか

を考察した論文1)を基に開発した。それによると、

  • キャンバスやノートのような白い紙のイメージがよい。
  • 作成手順がないこと(自分の好きな方法で作成できる)。
  • いつでも止められること。
  • いつでも再開できること。

が必要とあった。そこで、

  • ノートのインターフェイスを持ち
  • それにどのような情報でも入るコンテナの機能を加えた2)

もちろん他の要件も充している。 ジョナサンアイブはこうも言っている。

最初からSimpleな物を作ろうとしたら、それはただ単に機能が少なく、飾りの少ない物になってしまう。

OpenDolphinがAppleの製品と肩を並べることは無い。しかし最初からSimpleな物をねらったのではなく、知的作業者に優しいインターフェイスを考えて開発した。そこそこ使われているのはその結果かも知れない。

OpenDolphinは2001年から開発している。偉大なデザイナーの言葉に感動し、当時の設計方針をふり返った。

  1. 紛失し失念しました。現在探しています。
  2. 実際コンテナであり、カスタマイズはしていますが、癌治療に特化した病院で多種多様な情報が記録されています。つまりSimple=機能が少ない、ではありません。
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment