Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Avatar

evalphobia

View GitHub Profile
@evalphobia
evalphobia / resize_jpg.go
Created Mar 19, 2020
Resizing Image (Jpeg) for golang
View resize_jpg.go
package library
import (
"bytes"
"image"
"image/jpeg"
"io"
"github.com/disintegration/imaging"
)
View app.js
(() => {
// initialize app
function init() {
_firebaseInit()
_firebaseAuthInit()
}
function _(el) {
return document.getElementById(el);
@evalphobia
evalphobia / benchmark_test.go
Last active Dec 26, 2019
Golang Benchmark for Slice Map Decoder of DynamoDB result on github.com/evalphobia/aws-sdk-go-wrapper
View benchmark_test.go
package dynamodb
import (
"fmt"
"testing"
"github.com/aws/aws-sdk-go/service/dynamodb/dynamodbattribute"
)
func BenchmarkToSliceMap_old(b *testing.B) {
@evalphobia
evalphobia / example.go
Last active Dec 23, 2019
How to use context.Cancel: Execute multiple process and gets the single fastest result.
View example.go
package example
import (
"context"
)
// Executor is example process.
// This might be, downloading data via http / reading data from local big file / waiting data from client etc...
type Executor interface {
Exec() (data interface{}, err error) // this might take a long time.
@evalphobia
evalphobia / benchmark.csv
Created Sep 5, 2019
Benchmark DeepLearning performance of GPU on GCP AI Platform (Cloud ML Engine)
View benchmark.csv
We can make this file beautiful and searchable if this error is corrected: No commas found in this CSV file in line 0.
(wip)
View The_Site_Reliability_Workbook.ch19.md

SRE: Reaching Beyond Your Walls

  • GoogleでSREの実践を始めて14年経過
  • 最初のSRE本を出してからのこの2年間は興味深かった
    • SREを実践する人や企業が想像以上に増えた
    • Google以外のエコシステムの拡大とSREの将来の予測の難しさ
      • いくつかのトレンドあり
  • この章ではこれまでに見てきたことと結論づけたことを記載
View The_Site_Reliability_Workbook.ch11.md

負荷の管理

  • 100%の時間 利用可能なサービスはない
    • 配慮のないクライアント
    • 50倍の要求
      • (訳注: 上記2つはPokemon Goのことでもある)
    • スラフィックのスパイク
    • 海底ケーブルの切断
  • 私達のサービスに依存するユーザーがいる
View The_Site_Reliability_Workbook.ch08a.md

オンコール

  • オンコール

    • 緊急対応とその準備
    • SREはよくオンコール対応要員として必要になる
    • SREは必要に応じてインシデントの診断・緩和・修正・エスカレーションをする
    • さらに加えて、緊急でないものについても見ている
  • GoogleのSRE

    • オンコール対応
@evalphobia
evalphobia / The_Site_Reliability_Workbook.ch06a.md
Last active Jan 26, 2019
The Site Reliability Workbook: Chapter 6 (part A)
View The_Site_Reliability_Workbook.ch06a.md

Chapter.6 トイルの排除 (Eliminating Toil)

  • GoogleのSRE: 最適化に時間を使う
    • コンピューティングリソースだけでなく、時間の使い方も最適化する
    • トイルに時間を使いたくない
    • トイルに関する包括的な話はSRE本の5章参照
    • この章でのトイルの定義:
      • サービス維持に関するもので、繰り返され、予測可能な一連のタスク
  • 本番運用にトイルは避けられない
@evalphobia
evalphobia / The_Site_Reliability_Workbook.ch01.md
Last active Aug 6, 2020
The Site Reliability Workbook: Chapter 1
View The_Site_Reliability_Workbook.ch01.md

Ch.1の前に、この本の簡単な説明。

SRE本が教科書/参考書とするとワークブックは問題集。 SRE本は主に原則や哲学を説明していたが、ワークブックはその原則をどのように適用していくかについて説明。 SRE本はGoogle内でのSREの実践例の話だったが、ワークブックはその他の企業(GCPユーザー)での話もあり。

  • Evernote, Home Depot, NY Times, Spotify

1. SREはDevOpsにどのように関わっていくのか

You can’t perform that action at this time.