Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Avatar

Katsumata Ryo katsumata-ryo

View GitHub Profile
@shyouhei
shyouhei / gist:22254d2cc60cef9016140cab0cdb50a2
Created Jun 5, 2020
会社に所属する理由は放置しておくとゴリゴリ削れていくぞ、という話
View gist:22254d2cc60cef9016140cab0cdb50a2

おことわり

  • 既に他媒体のインタビューなどで発表済みの内容をモンタージュしたものであり、卜部のことを詳細にストーキングしている読者がいるとすれば新規のコンテンツを含まない。
  • 卜部の人生は卜部の人生なのであっておまえらの人生ではない。「所謂普通の人生」を送ってきたという認識は寸毫もない。性急な一般化は危険と言わざるを得ない。

何個か前の受託開発の会社をやめたきっかけの話

当時、その案件にはひとりアサインで、客先常駐であった。幸いにして常駐先の皆さんには本当に良くしていただいて、困りごともなく、業務も適量で、掛け値なしによい客先だなと思っていた。

しかしそうなってくると、所属先に所属している意味ってなんだっけという疑問がむくむくと頭をもたげてくるのである。客先常駐ひとりアサインというのは客先常駐ひとりアサインであるがゆえに、会社がこんだけ抜いてるぞというのが隠しようがないわけ。客先に請求書持っていくのも自分なんだから単価も分かるし、振り込まれてる給料も分かる(明細見れば社保の会社負担分とかも分かる)。俺が所属先に投げてるバックオフィス業務は、この抜かれてる金額に見合っているか?

ところが。ところがなのである。やめるぞと宣言して常駐が解除になり、所属先に残りのしばらく通っていると、いろいろなことが見えてくるのだ。たとえば所属先の同僚と何気なく会話する。たとえばバックオフィスの人達と(やめるから)書類のやりとりをする。たとえば所属先の営業が電話をかけている。そういうごく些細なことの積み重ねがあるのだ。会社は、中抜きするだけの謎の組織ではなかった。もっとディティールがある。そこを無視して、というか、そこが不可視化されて、金のやりとりだけ見えてしまうから、不要という話に傾いてしまったんだと気づいた。まあ言った以上はそのままやめたし次も良かったから後悔もないけど、不幸な、というか、回避策は何かあったんではないか。

@gushernobindsme
gushernobindsme / 内部統制の仕組みと実務がわかる本_読書メモ.md
Last active Apr 9, 2020
内部統制の仕組みと実務がわかる本_読書メモ
View 内部統制の仕組みと実務がわかる本_読書メモ.md

なぜ内部統制対応が行き詰まるのか

なぜ内部統制対応が行き詰まるのか

内部統制対応が行き詰まる要素には共通項が多く、大きく 5 つのタイプに分けられる。

  • プロジェクトが全く進まないタイプ
  • 過剰なまでの内部統制対応により疲弊するタイプ
  • いつまで経っても内部統制の構築が終わらないタイプ
  • 期限までに内部統制評価が終わらないタイプ
  • 不備が期限内に改善されないタイプ