Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Avatar

KAMEGAWA Kazushi kkamegawa

View GitHub Profile
View 2021-Sep-8-Azure-DevOps-jajp.md

YAML パイプラインでワイルドカードと条件式のサポートを追加しました - Sprint 192

今回のスプリントでは、YAMLパイプラインファイルへのワイルドカードや条件式のサポートを追加しました。また、Azure PipelinesのMicrosoft hostedイメージに対して複数の更新を行いました。

詳細は、以下の機能説明をご覧ください。

Azure Pipelines

View 2021-Aug-19-Azure-DevOps-jajp.md

Linux用スケールセットエージェントで環境変数のサポートを開始しました - Sprint 191

今回のスプリントでは、Linuxスケールセットエージェントでの環境変数のサポートを追加しました。これにより、Linuxエージェントの作業ディレクトリを、OSドライブよりも高速なドライブを使用するように変更できるようになりました。また、エージェントが使用するプロキシを設定することもできます。

詳細については、以下の機能説明をご覧ください。

General

@kkamegawa
kkamegawa / winget-install.txt
Created Aug 16, 2021
my development machine auto-installation.
View winget-install.txt
winget install azure-cli
winget install cmake
winget install gh
winget install GoLang.Go
winget install microsoftazurestorageexplorer
winget install OpenJS.NodeJSLTS
winget install powershell-core
winget install winmerge
winget install zoom
winget install obs-studio
View 2021-Aug-4-Azure-DevOps-jajp.md

排他的ロックチェック使用時、シーケンシャルデプロイをサポートしました - Sprint 190

今回のスプリントでは、Azure Pipelinesの排他的ロックチェックの機能を拡張し、シーケンシャルなデプロイメントをサポートしました。1つのenvironmentに対して複数のパイプライン実行をキューに投入すると、そのうちの1つだけが同時に実行されるようになりました。

詳細については、以下の機能説明をご覧ください。

Azure Boards

@kkamegawa
kkamegawa / Azurefunctions_Python.bicep
Last active Jun 21, 2021
Azure Functions Python Runtime stack sample for bicep
View Azurefunctions_Python.bicep
// The following will create an Azure Function app on
// a consumption plan, along with a storage account
param location string = resourceGroup().location
param appNamePrefix string = uniqueString(resourceGroup().id)
var functionAppName = '${appNamePrefix}-functionapp'
var appServiceName = '${appNamePrefix}-appservice'
View 2021-Jun-17-Azure-DevOps-jajp.md

パーソナルアクセストークンの新しいポリシー - Sprint 188

このスプリントでは、パーソナルアクセストークン(PAT)の範囲と寿命を制限する新しいポリシーを追加しました。また、Team Foundation Version Control(TFVC)のWindows Shell拡張機能を更新し、Visual Studio 2019をサポートしました。

詳細については、以下の機能説明を確認してください。

General

View 2021-May-26-Azure-DevOps-jajp.md

Delivery Plans 2.0の一般提供を開始しました - Sprint 187

この度、Delivery Plans 2.0が一般提供されることになりました。Delivery Plans 2.0は、計画のタイムライン表示、作業の進捗状況、依存関係の追跡という3つの重要なシナリオを実現しています。

詳細は、以下の機能説明をご覧ください。

Azure Boards

View 2021-May-04-Azure-DevOps-jap.md

YAMLパイプラインにおいて、Azure Gitレポジトリーを保護されたリソースとして扱えるようになりました - Sprint 186

サービス接続やエージェントプールのように、Azure GitリポジトリをYAMLパイプラインで保護されたリソースとして扱うことができるようになりました。レポジトリーのコントリビューターとして、チェックやパイプラインの権限を追加して、リポジトリの管理に役立てることができます。

詳細については、以下の機能説明を確認してください。

General

View 2021-Apr-13-azure-devops-jajp.md

Azure Board Delivery Plans 2.0の変更点 - Sprint 185

このスプリントでは、Azure Board Delivery Plans 2.0の依存関係の追跡に関するいくつかの問題を解決しました。依存関係パネルでは、長いワークアイテムのタイトルが省略されなくなり、タイトルにカーソルを合わせるとツールチップが表示されるようになりました。

詳細については、以下の機能説明を確認してください。

Azure Boards

@kkamegawa
kkamegawa / install-files.txt
Last active Aug 16, 2021
install softwares via choco
View install-files.txt
ARMClient
docfx
hugo
packer
sysinternals
poshgit
maven