Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

KAMEGAWA Kazushi kkamegawa

Block or report user

Report or block kkamegawa

Hide content and notifications from this user.

Learn more about blocking users

Contact Support about this user’s behavior.

Learn more about reporting abuse

Report abuse
View GitHub Profile
View 2019-Aug-12-Azure-DevOps-jajp.md

Azure Boardsの改善 - Sprint 156 Update

Azure DevOpsのSprint 156 Updateでは、Azure Boardの改善を続け、ユーザーエクスペリエンスの向上に役立つアイテムを追加しています。たとえば、重大度、アクティビティ、優先度などのシステム選択リストの値がカスタマイズできるようになりました。さらに、グループメンバーシップに基づいてフィールドを読み取り専用または必須に設定するルールサポートを追加しました。最後に、作業項目フォームにカスケード選択リストを作成できる新しい拡張機能を作成しました。

詳細については、以下の機能リストをご覧ください。

Features

General:

View 2019-Jul-21-Azure-Devops-jajp.md

新しいAnalyticsレポートとSlack用Azure Boardsアプリ - Sprint 155 Update

Azure DevOpsのSprint 155 Updateでは、重要なチームメトリクスを追跡しやすくするために新しいAzure Boards Reportを導入しています。ボード、バックログ、およびスプリントの各ハブのAnalyticsタブに新しいレポートが表示されます。これらのレポートは完全にインタラクティブであり、あなたがあなたのニーズを満たすための調整が可能になっています。

さらに、Slack用の新しいAzure Boardsアプリの発表ができてとてもうれしいです。アプリでは、作業項目のアクティビティを監視し、Slackチャンネルから作業項目を作成できます。

詳細については、以下の機能リストをご覧ください。

Features

View 2019-Jul-81Azure-DevOps-jajp.md

ReleaseとJira issueでの双方向のトレーサビリティ- Sprint 154 Update

Azure DevOpsのSprint 154 Updateでは、AtlassianマーケットプレイスにAzure Pipelines for Jiraアプリをリリースします。この統合により、リリースと共にデプロイされた作業項目としてJiraのissueへのリンクが追加でき、デプロイメントの詳細でJiraのissueを直接表示できます。

また、作業項目の検索と追跡が簡単になるように改善しました。検索ボックスは、作業項目のインスタント検索と最近の作業項目のリストをサポートするようになりました。また、Wikiでは、Wikiコンテンツで作業項目を作成および追跡することで、ライブドキュメントを作成できます。

詳細については、以下の機能リストをご覧ください。

Features

View 2019-Jun-10-AzureDevOps-jajp.md

カンバンボードからのGitHubにリンクされたアクティビティを見る - Sprint 153アップデート

Azure DevOpsのSprint 153 Updateでは、引き続きAzure BoardsとGitHubの統合を強化しています。今回の強化でリンクされたGitHubコミットに関する情報を入手したり、カンバンボードから要求や問題を引き出したりできます。この関連付けによりアイテムがどこにあるか、素早く判断できるようになり、直接GitHubコミット、プルリクエスト、またはissueへの遷移が可能になります。

詳細については、以下の機能リストをご覧ください。

Features

General:

View 2019-May-20-AzureDevOps-jajp.md

pull requestでのターゲットブランチのフィルター - Sprint 152の更新

Azure DevOpsのSprint 152 Updateに、pull requestでのターゲットブランチのフィルタリング、いくつかの新しいコマンドラインコマンド、および拡張機能からファイルエクスプローラーとプルリクエストビューにオートコンプリートを追加できるようにする拡張ポイントでpull requestをフィルター処理するためのオプションが追加されました。

詳細については、以下の機能リストをご覧ください。

Features

General:

View 2019-May-13-AzureDevOps-jajp.md

Azure PipelinesとKubernetesの統合 - Microsoft Build Announcements

Microsoft Buildカンファレンスは5月6日から8日までシアトルで開催されました。期間中に我々はいくつかのエキサイティングな新機能を発表いたしました。

たとえば、GitHubのIDを使用してAzure DevOpsポータルにログインできます。さらに、YAMLベースのマルチステージパイプラインがGitHubレポジトリからKubernetesにデプロイするまでの工程で使えるようになりました。

詳細については、以下の機能リストをご覧ください。

Features

View 2019-Apl-30-Azure-DevOps-jajp.md

新しいTeams用Azure Pipelinesアプリ、GitHubとAzure Boardsとの統合を改善 - Sprint 151 update

Azure DevOpsのSprint 151 Updateでは、GitHubとAzure Boardsの統合を改善するために、GitHubリポジトリでの取得と構成をおこなう、GitHub Marketplaceアプリを追加しました。さらに、Azure Boardsの作業項目をGitHubのissueとリンクできるようになりました。たとえば、チームの作業をAzure Boardsで整理しながら、GitHubでユーザーからのバグレポートを受け取れます。さらに、Microsoft Teamsからパイプラインを簡単に監視、管理できる新しいAzure Pipelinesアプリケーションを追加しました。

詳細については、以下の機能リストをご覧ください。

Features

Azure Boards:

View 2019-Apl-8-Azure-DevOps-jajp.md

Azure DevOpsでの組織ごとの請求の管理が可能に - Sprint 150 Update

Azure DevOpsのSprint 150 Updateに、ポータル内で組織の請求を管理する機能が追加されました。

新しいbillingタブから、請求に使用するAzureサブスクリプションを選択し、ユーザーを追加するタイミングで支払います。請求を管理するために、もうVisual Studio MarketplaceまたはAzureポータルへアクセスする必要はありません。

詳細については、以下の機能リストをご覧ください。

Features

View 2019-Mar-4-Azure-DevOps-jajp.md

Azure BoardsとAzure PipelinesとGitHub統合の強化 - Sprint 149 Update

Azure DevOpsのSprint 149 Updateでは、GitHubコメントの記載から直接Azure Boardsに移動する機能と、GitHub EnterpriseでのAzure Boardsのサポートを追加しました。

Azure Pipelinesでは、コメントに /azp を付けてオプションチェックを実行できるようにするGitHubプルリクエストの新機能を有効にしました。 パイプラインが実行される前に、リポジトリコントリビュータからのpull requestについてコメントの要求ができます。それにより、ビルドする前に未知のユーザからのコードをレビューができます。

詳細については、以下の機能リストをご覧ください。

Features

View 2019-Feb-25-Azure-DevOps-jajp.md

新しいAzure DevOps CLIプレビューとPipelinesでの新機能アップデート - Sprint 148 Updae

Azure DevOpsのSprint 148 Updateでは、コマンドラインを使用してAzure DevOpsサービスと対話できる新しいAzure DevOpsコマンドラインインターフェイス(CLI)拡張機能を追加しました。

さらに、Windows、Linux、およびコンテナー用のWebアプリケーションをAzureに簡単にデプロイできるようにするため、Azure Deployment Centerに新しいオプションを追加しました。Azure Pipelinesを使用して、これらのリソースをローカルのGitリポジトリからAzureにデプロイできます。Kubernetesの認証プロセスを容易にするため、サービス接続で新しいAzureサブスクリプションオプションもリリースしています。

詳細については、以下の機能リストをご覧ください。

Features

You can’t perform that action at this time.