Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
TFS 2015 Update2 RC2 update description in Japanese.

チームプロジェクトの作成と削除の操作性向上

REST APIを使用したチームプロジェクトの作成と削除機能を提供します。Team Foundation Server と Visual Studio Team Services の両方で使用可能です。詳細はcreating a team projectを参照してください。

Release Managementの新規提供と強化

VSTSでは既に使用可能なRelease ManagtementがTFSでも使用可能になりました。TFS WebアクセスのRELEASEハブから使用可能です。新しいバージョンのRelease Managementでは新しいビルドシステムと統合されています。

  • オンプレミスのSCVMMもしくはVMware、もしくはAzureを制御できます。
  • デプロイを制御して、commit、ビルド作業項目を追跡することができます。

新しいRelease Managementに関してはドキュメントブログを参照してください。

  • VMware用の新しい拡張機能。
  • SCVMM(System Center Virtual Machine Manager)拡張機能により、スナップショットや仮想環境の作成、削除を行うことができます。拡張機能
  • ビルド概要にデプロイセクションを追加
  • スケジュールリリースを追加。指定した時間にリリースが実行されます。

作業項目の削除

作業項目をごみ箱に入れることにより削除することができるようになりました。

ショートカットキー

作業ハブとコードハブにキーボードショートカットが使えるようになりました。

ダッシュボードのエディットモード

編集モードと呼んでいるモードをすべてのダッシュボードに追加しました。

ダッシュボードの自動更新

ダッシュボードを最短5分間隔で自動更新できるようになりました。テレビなどの大型のモニターに出すと便利です。

ダッシュボードカタログにビルドウィジェットを追加

ビルドウィジェットを付けることができます。ダッシュボードブログを読んでください。

ダッシュボードのカタログに作業項目のクエリチャートを追加

ダッシュボードウィジェットに作業項目をチャートで表示できるようになりました。

pull request ウィジェット追加

ダッシュボードにpull requestのウィジェットを追加できるようになりました。

Markdownウィジェットで、リポジトリの特定のmarkdownファイルを表示する

コードエクスプローラーからリポジトリ内の特定のmarkdownファイルを選択すると、ウィジェット内に表示します。

共通のユーザーIDピッカーを提供

ユーザーもしくはグループを検索することができるようになります。

Team Foundation Version Controlのゲートチェックイン復活

TFVCの新しいビルドにゲートチェックインが追加されました。

Webでのバージョン管理

CODEハブに新しい機能がたくさん追加されました。コードエクスプローラーは選択したブランチの最新のビルド状態を表示します。

プルリクエストハブが改善され、作成されたもののうち、自分の該当するものがハイライトされます。

Team Foundation Server拡張機能のサポート

Team Foundation Serverでも新しい統合された拡張機能をサポートします。オンプレミスの拡張機能をアップロードすればプロジェクトコレクション単位で有効になります。

オンプレミスでもマーケットプレース拡張機能サポート

Team Foundation ServerでもMarketplaceのサポートを始めました。インストールするとプロジェクトコレクション単位で有効になります。

カンバンでのキーボードショートカットのサポート

  • 作業項目の追加
  • 列とスイムレーンをまたぐ作業項目の移動
  • 作業項目の展開と折り畳み

作業項目とコードを関連付ける機能強化

カンバンの作業項目からコミットやタスクを関連付けることができるようになりました。Gitのブランチやコミットを指定することもできます。

テスト関係機能強化

ビルド時のテスト結果

  • ビルド時に実行されたテスト結果の概要を集計して表示する
  • テストが失敗すると、faiureフラグがつきます。

手動テストの機能強化

  • テスト計画のフィルタリング
  • 子スィートからテストを表示する
  • テスト計画を削除する

Webでの探索テスト改良

Marketplaceに探索テストを支援するChromeの拡張機能を提供しました。

  • 簡単なキャプチャと注釈を追記
  • バグを登録
  • 既存のバグを検索および、更新可能
  • 作業項目の作成
  • 作業項目の探索

Javaのテスト

  • JUnitのサポート
  • JUnitの結果をテスト結果を発行
  • コードカバレッジサポート
  • JacocoとCoberturaのコードカバレッジ結果を発行可能

そのほかの修正

Description of Team Foundation Server 2015 Update 2 RC 2をみてください

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.