Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

What would you like to do?
translate to Japanese to VSTS release notes from https://www.visualstudio.com/en-us/articles/news/2017/apr-19-team-services

Deliveryタイムラインマーカー、gitグラフ、ビルドとリリースの強化 4/19

Last Update: 4/21/2017 注意事項:以下に紹介する新機能は今後三週間にわたって順次展開されます。

この展開ではgitグラフの紹介のほか、Marketplaceの改善と同様に、多くのビルドとリリースのタスクと拡張機能の更新を行いました。

Deliveryタイムラインマーカー

あなたのDelivery Planの重要な日付を強調する方法がないかと思っていませんでしたか? プランマーカーを使用して、印をつけられます。 プランマーカーを使用すると、チームの主要な日付をDelivery Planに直接視覚化できます。 マーカーには、関連する色とラベルがあります。 マーカーの点をクリックするとラベルが表示されます。

delivery timeline

gitリポジトリを視覚化

Team Servicesは、リポジトリまたはファイルのコミット履歴を表示しながらグラフを表示できるようになりました。 これでgitのグラフを使って、すべてのブランチのメンタルモデルを簡単に作成し、gitリポジトリにコミットできます。 グラフには、すべてのコミットがトポロジカルな順序で表示されます。

git graph

gitグラフに含まれる重要なポイントです。

  1. gitグラフは右揃えになっているので、デフォルトのブランチまたは選択したブランチに関連付けられたコミットが右側に表示され、残りのグラフは左側に表示されます。
  2. マージコミットは、最初の親と2番目の親に接続された灰色の点で表されます。
  3. 通常のコミットは青い点で表示されます。
  4. 次のコミット時にコミットの親コミットがビューポートに表示されない場合、コミット接続を排除します。 矢印をクリックすると、コミットはその親コミットに接続されます。

git graph elements

Gitコミットコメントで新しいディスカッションコントロールを使用する

前回のスプリントでTFVCに追加したように、gitコミットに残っている短いコメントは、新しいディスカッションコントロールを使うように更新されました。これらのコメントではMarkdownのサポートがもたらされ、gitとTFVCの両方が最新のエクスペリエンスを使用するためのコードコメント機能がすべて網羅されています。

パッケージリストの強化

更新されたPackage Management Webエクスペリエンスを既定のプレビューに移行する一環として、いくつかの最終調整を行いました。 最も目立つように、メタデータ(ソースとリリースのビュー)をパッケージリストに追加し、列をサイズ変更可能にしました。

package

ビルドツールインストーラー

Preview feature

この機能を使うには、あなたのVSTSサイトのメニューにあるpreview featureからTask tool installersを有効にしてください。

あなたのCIビルドに合わせてツールやランタイムを(ホストされたエージェント上であっても)すぐにインストールできらいいなと思っていませんでしたか? Node.jsなど、複数のバージョンの依存関係に対してアプリやライブラリを検証する必要がありますか? 今日、私たちはあなたがツールセットの1つ以上のバージョンをすぐにインストールできるツールインストーラを発表します。

たとえば、複数のバージョンのNode.jsについてアプリを実行して検証するように、ビルドプロセスを設定できます。 最初に、キュー時に変更可能な変数にカンマ区切りのバージョンリストを指定します。

NodeVersionSpec process variable

次に、multi-configurationを有効にします。 十分なエージェントと同時パイプラインがある場合は、ビルドを並行して実行することもできます。

build definition options tab

ビルド定義のoptionsタブでmuti configurationを有効にします。

And last, add the Node.js tool installer task.

build definition tasks tab

ビルド定義のSave and queueをクリックすれば、複数バージョンのNode.jsでアプリケーションの検証が実施されます。

multiple builds of node js running in parallel

現時点ではNode Tool Installer taskのみ提供されています。Javaのような実行ランタイム環境もしくはNuGet, cURLといったツールはまだありません。

Want to try it? See Tool installers. 試したいですか?なら、Tool installersを見てください。

SSHデプロイの強化

Copy Files Over SSHビルド/リリースタスクは、リモートユーザのホームディレクトリへのファイルのコピーを簡略化するために、コピー先パスのホームディレクトリを表す(~)をサポートしました。 また、新しいオプションを使用すると、コピーするファイルが見つからない場合にビルド/リリースを失敗させることができます。

SSHビルド/リリースタスクは、リモートLinuxまたはmacOSマシン上のWindowsの改行コード(訳注:CRLFのこと)スクリプトの実行をサポートするようになりました。

Azure Goverment Cloudへのデプロイ

政府のAzureクラウドサブスクリプションを持つ顧客は、現在、Azure Resource Managerサービスのエンドポイントを設定して、Government クラウドをターゲットにできます(訳注:もちろん日本国籍の日本居住者には関係ありません)。

Release Management機能を使って、政府クラウドでホストされているAzureリソースにアプリケーションを展開することもできます。

government cloud

手動介入タスクのタイムアウト設定強化

手動介入タスク(訳注:Add a server phaseで追加できるManual Interventionタスクのこと)、指定されたタイムアウトまたは60日のうちのいずれか早い方のいずれか早い時点で保留中になると、自動的に拒否または再開されるようになりました。 タイムアウト値は、タスクの制御オプションセクションで指定できます

Release Logsページの強化

この展開では、ログに関して以下のエクスペリエンス強化を実施しました。

  • ログビューアのURLを直接クリックできるようになりました。
  • ログからキーワード検索できるようになりました。
  • 巨大なログをダウンロードすることなく閲覧可能になりました。

Azure Appサービス向けPythonとPHPアプリケーションテンプレートの強化

Python(Bottle、Django、Flask)とPHPアプリケーションをデプロイするための新しいAzure Appサービス定義テンプレートが追加されました。 新しいテンプレートには、更新されたApp Service Deployタスクが含まれています。

Pythonリリース定義テンプレートを使用すると、App Service Deployタスクには、アプリケーション依存関係をpip(dependency manager)にインストールするインライン展開スクリプトがあらかじめ用意されています。 正しいweb.configは、使用されるPythonフレームワークに基づいて生成されます。

PHPリリース定義テンプレートを使用すると、App Service Deployタスクにはデプロイメントスクリプトが事前設定され、Composer(依存関係マネージャ)はアプリケーションの依存関係をインストールします。

JavaアプリケーションをAzure Web Appsへのデプロイ

Azure App Service Deployビルド/リリースタスクは、Java WARファイルのAzure Web Appへの展開をサポートするようになりました。 新しいビルド定義を作成するときは、新しいビルドテンプレートであるJava Deploy to Azure Web Appから開始できます。 これにより、Ant、Gradle、Mavenでプロジェクトを構築し、その結果をAzureにデプロイすることで簡単にJavaアプリが開始されます。 Azure Web Appスロットを指定して、ステージングスロットへのアップロードを可能にしてから、その配置を本物のスロットと交換できます。

Javaコードカバレッジの強化

Publish Code Coverage Resultsビルドタスクはビルドの一部としてCoberturaまたはJaCoCoコードカバレッジの結果を表示します。これは、SummaryのFileフィールドとReport Directoryフィールドでワイルドカードとmin-matchパターンのを指定をサポートし、ビルド間で変更されるパスのビルドごとにファイルとディレクトリを解決できるようにします。

MavenとSonarQubeの強化

Mavenビルドタスクで、SonarQubeの解析結果とMavenのpom.xmlファイルで指定されているプロジェクトと異なる場合、SonarQubeのプロジェクト名を指定できるようになりました。

Jenkins統合の強化

Jenkins Queueジョブのビルド/リリースタスクでは、Jenkinsコンソール出力のTeam Servicesへの表示中に、Jenkinsマルチブランチパイプラインジョブの実行がサポートされるようになりました。 パイプラインの結果は、Team Servicesのビルド概要ページに公開されます。

jenkins

Google Play拡張機能の強化

Google Play拡張機能は、一度で複数のAPKバージョンコードのリリースと置き換え実施サポートし、登録されたスクリーンショットを新しいセットに置き換えて蓄積を回避し、変更ログのロケールを明示的に指定できるようになりました。

iOS DevOps強化

Apple App Storeの拡張機能では、2段階認証(two-factor authentication)をサポートし、ビルドを外部テスターに解放できるようになりました。

app store

Install Apple Certificate (Preview)は、エージェントに対してXcodeまたはXamarin.iOSビルドタスクで使用するP12署名証明書をインストールする新しいビルドタスクです。

Install Apple Profile (Preview) は、エージェントに対して後続のXcodeまたはXamarin.iOSビルドで使用するためのプロビジョニングプロファイルをインストールするための新しいビルドタスクです。

MSBuild、Xamarin.Android、およびXamarin.iOSビルドタスクは、Visual Studio for Macツールセットを使用したビルドをサポートするようになりました。

Marketplaceパブリッシャー向けExtensionハブ

私たちはMarketplaceの提供者のために、拡張機能の実行方法の追跡と分析を支援し、新しいextensionハブから必要なアクションを実行するための新機能を導入しています。 拡張機能のハブを表示するには、publisherページにアクセスして拡張機能を選択します。

アンインストール

拡張機能をアンインストールしたユーザーの数、共有しているフィードバック、アンインストールの主な理由、およびアンインストールを行った人々の日々の傾向にアクセスできます。 テキストと日付の検索を使用して詳細なフィードバックを分析し、より多くの洞察を引き出すことができます。 拡張機能内の課金機能を使って支払われている場合、連絡先機能を使用して、課金処理のためにユーザーに連絡することもできます。 当社のプライバシーポリシーではお客様の電子メールアドレスの直接的な共有を許可していないため、マーケットプレイスでユーザーとの最初の連絡を仲介します。 顧客とのコミュニケーションに関するガイダンスについては、Marketplace Publisher Agreementを参照してください。

uninstall stats

Ratings and Review

このタブには、選択した期間の平均評価、レビュー担当者の平均評価、平均評価のデイリートレンドの情報が表示されます。 詳細セクションでは、すべてのレビューと回答をトランザクションビューで表示します。 以前の返信の返信や編集を行い、拡張ユーザーとの関係をよりよく管理できます。 報告された問題がマーケットプレイスまたはプラットフォームに起因するものである場合は、このタブからレビューを無効にすることもできます。 問題が有効な場合、我々は評価を無効にします。

ratings report

Excelへの出力

Uninstall、Rating and Review、およびAcquisitionのデータをXLS形式でダウンロードして、カスタムレポートの作成ができます。 ユーザーエクスペリエンスの取得データはまもなく利用可能になります。

拡張機能の顧客へのコンタクト

有償の拡張機能のサイト運営者は、課金処理のために顧客に連絡できます。 これは、新しいPublisher 統計レポートページのcontact actionから可能です。

extension customers

Marketplaceフィードバックの評価からの除外申請

報告された問題がマーケットプレイスまたはプラットフォームに起因するものである場合、Publisherのハブからの評価を無効にするように我々にアピールできます。 拡張機能レポートのRating and Reviewタブにアクセスして、Appealアクションを選択し、Marketplace管理チームにレビューを依頼します。 問題が有効であれば、我々は評価を無効化します。

marketplace ratings

これらの機能はフィードバックを取りながらワークフローを改善するのに役立つと考えていますが、あなたの意見を聞くことが大好きです。 WebポータルでSmileアイコンや嫌な顔アイコンを選択したり、Team Services Developer Communityから他のコメントを送ることを躊躇しないでください。 いつものように、あなたが私たちに見せたいものについてのアイデアを持っているなら、UserVoiceであなたのアイデアを追加したり、既存のものに投票してください。

ありがとうございました。

Jamie Cool

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment