Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?

Linux用スケールセットエージェントで環境変数のサポートを開始しました - Sprint 191

今回のスプリントでは、Linuxスケールセットエージェントでの環境変数のサポートを追加しました。これにより、Linuxエージェントの作業ディレクトリを、OSドライブよりも高速なドライブを使用するように変更できるようになりました。また、エージェントが使用するプロキシを設定することもできます。

詳細については、以下の機能説明をご覧ください。

General

Azure Boards

Azure Pipelines

General

再認証要求時のエクスペリエンスの取り扱いを改善しました

認証トークンの有効期限が切れているとき、Unexpected token < in JSON at position 4というエラーメッセージが表示されます。これは、保留中のワークアイテムを保存しようとしたときや、Identity Pickerから同僚を選択しようとしたときによく発生します。

今回の更新では、再認証の操作性を向上させるための修正を行いました。これにより、データを失うことなく、サインインプロセスを正常に完了できるようになります。

Azure Boards

Delivery Plansを改善しました

今回の更新では、Delivery Plansに以下のような改善を実施しました。

  • 作業項目のタイトルが画面から消えることなく、画面上に"sticky"な状態で表示されるようになりました。
  • カードのスタイリングとフィールドの条件設定で、boolean値を持つフィールドをサポートします。

Azure Pipelines

Linuxスケールセットエージェントで環境変数の設定をサポートします

スケールセットエージェントは、エージェントインフラを自動でスケールアップする便利なソリューションです。スケールセットエージェントはセルフホスト型エージェントをベースにしているため、セルフホスト型エージェントで可能なカスタマイズの多くがスケールセットエージェントでも利用できます。これらのカスタマイズは、エージェントイメージに含まれているenvironment variablesの使用に依存しています。

これまで、Windowsのスケールセットエージェントではこれらの変数がうまく機能していましたが、LinuxのスケールセットエージェントではAzure Pipelinesの自動スケーリングスクリプトに問題があったため、うまく機能しませんでした。この問題は現在、解決されています。その結果、たとえば、Linuxエージェントの作業ディレクトリを、OSドライブよりも高速なドライブに指定できます。また、エージェントが使用するプロキシの設定もできます。

Next steps

注意事項

ここで議論されている機能は今後二~三週にわたって順次展開されます。

これらの新機能を読んだ後、次のリンクからぜひご自身でAzure DevOpsサービスを体験してみてください。

Go to Azure DevOps Services

How to provide feedback

これらの機能についてどう思っているかお聞きしたいと思います。 フィードバックメニューを使用して問題を報告するか、提案を提出してください。

Make a suggestion

アドバイスや回答を必要とする質問がある場合、Stack Overflowコミュニティで聞いてください。

ありがとうございました。

Vijay Machiraju

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment